放射線科

放射線科は放射線診断科、放射線血管内治療科、放射線腫瘍科の三部門からなっています。

放射線診断科

放射線診断科では、放射線専門医がCTとMRIのコンピューターを駆使した画像検査を行い、レポートを作成し報告しています。また、ガンマカメラを用いたアイソトープ検査では心臓や脳血流などの機能解析を中心とした診断を行なっています。

放射線血管内治療科

放射線血管内治療科では、IVR専門医がインターベンショナルラジオロジー(IVR:interventional radiology)といわれる低侵襲的な手技により腫瘍や血管病変を中心に全身の幅広い疾患に治療をおこなっています。特に血管内治療を専門におこなう外来として血管内治療センターを開設しています。

放射線腫瘍科

放射線腫瘍科では、放射線を用いたがん治療を担当しています。放射線治療は、がん治療における3本柱の1つで、手術と同様に局所的な治療方法ですが、治癒をめざした根治的な治療から、症状緩和を目的とした治療まで、幅広く応用することが可能です。また、がんだけではなく一部の良性疾患に対する放射線治療も行っています。

ページトップへ