放射線科

放射線科は放射線血管内治療科、放射線診断科、放射線治療科の三部門からなっています。

放射線血管内治療科

放射線血管内治療科では、IVR専門医がインターベンショナルラジオロジー(IVR:interventional radiology)といわれる低侵襲的な手技により腫瘍や血管病変を中心に全身の幅広い疾患に治療をおこなっています。特に血管内治療を専門におこなう外来として血管内治療センターを開設しています。

放射線診断科

放射線診断科では放射線専門医がCTとMRIのコンピューターを駆使した画像検査を行い、レポートを作成し報告しています。また、ガンマカメラを用いたアイソトープ検査では心臓や脳血流などの機能解析を中心とした診断を行なっています。

放射線治療科

放射線治療科では放射線治療専門医がリニアック治療装置で高エネルギーX線や電子線を用いて、悪性腫瘍に対して形態と機能を温存した高い治癒率をめざしています。

ページトップへ