周術期センター

特徴

周術期とは、手術が決まってから術後回復期までのある一定の期間をいいます。周術期センターは、この間、皆さまが安全に手術を受けられるようさまざまなサポートを行います。

主な対象疾患名

手術が必要な疾患。

手術を受けるということは大変な事です。術前はもとより、術中、術後にもあらかじめ備えておくことが必要です。

当医療センターの周術期センターは、主に麻酔科管理の手術を予定された患者さんの・・・
1.術前評価(既往歴、家族歴、常用薬剤、術前検査結果、身体所見、術前の栄養状態、歯科による口腔内のチェックなど)
2.必要に応じて他科受診の調整
3.入院後の術前・術中・術後管理、術後鎮痛 など 
において多職種連携によるチーム医療の提供を目指しています。

予約方法

患者さん自身で周術期センターに直接ご予約いただく必要はありません。手術が決まった段階で麻酔科管理の手術を予定している患者さんには、必要な術前検査と麻酔科術前外来を受診していただきます。
※追加検査が必要になる場合があります。

その他

周術期管理に関する各種加算が医科、歯科で別途発生する場合があります。