教育研修推進室

特徴・特色

教育研修推進室は、医師、看護師、コメディカル、事務の多職種で構成されています。
主な業務は、医師の臨床研修に関することと多職種合同の院内研修の開催ですが、他施設からの見学や実習についても当室で担当しております(見学・実習については、こちらをご覧ください)。
室員も業務内容も多岐にわたっているところが当室の特徴です。そのため、幅広い職種の方と交わることができ、院内外での人の輪が広がっていきます。
室長である増田亮副院長を中心に和気あいあいと新しい取り組みにチャレンジしています。

主な業務

・医師の臨床研修に関すること
初期研修については、臨床研修運営委員会で主な方針が決定し、決定事項に基づき採用や研修を実施します。
・多職種合同研修会の開催
全ての職種を対象としている研修会の開催を担当しています。研修計画は当室の定例会議で決めています。
また、管理者を目指す人を対象としたマネージメントスクール、管理者を対象とした階層別研修・管理学習会を開催しています。
・見学および実習に関すること
見学および実習の受付窓口となり、受け入れ準備や、当日の案内などを行います。
・オリエンテーションに関すること
入職者を対象にしたオリエンテーションの調整や案内などを行います。
・看護師特定行為研修に関すること
特定行為研修協力施設として、研修を実施します。

医師の臨床研修について

実習について

当センターでは、教育研修施設として医療人の生涯育成に寄与することを基本方針として、臨床実習の受け入れを積極的に行っています。
医学生を除く医療従事者の実習・研修については、受け入れの可否を実習希望の部署に直接お問い合わせください。
実習・研修の受け入れを許可された方は、当センターの「受託研修生・実習生受入規程(PDF)」に従い、手続きを行ってください。
また、所属施設と当センターにおいて「病院実習(研修)の協力に関する協定書(Word)様式1様式2抗体価検査項目の基準(当センター感染管理室が定めるもの)」の締結が必要となります。
すでに締結している場合もありますので、所属施設にご確認ください。
申告書(様式2)は実習等開始日に記載のうえ、実習生がお持ちください。
なお、必要書類のうち「4 CATO の結果もしくは実習参加許可証」については、医学生・薬学生に限り提出をお願いいたします。
手続き上のご不明点については教育研修推進室あてご連絡をお願いいたします。

※協定書および様式2は2022年3月23日15時に差し替えを行っておりますが、すでにご対応いただいている場合は旧式での対応も可能です。

医学生向け病院実習の申し込みについて

「病院実習」に関するご案内については、こちらをご覧ください。

    お問い合わせ先

    日本赤十字社医療センター 教育研修推進室
    【電話】03-3400-1311(代表)
    【E-mail】rinsyokensyu@med.jrc.or.jp