胃・食道外科

当科のご紹介

胃・食道外科は、胃癌および食道癌を主に扱います。消化器内科の消化管チーム、放射線科医、病理医と連携し、手術適応を決定します。早期癌に対しては、積極的に腹腔鏡をもちいた手術を行っています。クリティカル・パスを用いて、標準治療とミスのない医療に心がけています。
また、良性疾患では、鼠径ヘルニア、腸閉塞、急性虫垂炎などを扱っており、救急疾患にも、幅広く対応しています。

特色

センターは厚生労働省指定のがん診療連携拠点病院であり、Cancer Boardを設置して消化器内科医・放射線科医・病理医と連携をとりながら、患者さんにとって最善の治療法を提供するように努めております。
また、癌専門病院ではなく総合病院であるため、さまざまな疾患の専門医がそろっており、心不全・腎不全・糖尿病などの合併症をお持ちの患者さんに対しても、専門医と相談しながら安全に手術を行っております。
さらに、患者さんのQOL(Quality of Life)を考慮し、当科では適応ある疾患に対しては積極的に鏡視下手術を導入しております(胆石、早期胃癌、早期食道癌、鼠径ヘルニア、脾臓摘出)。

扱う疾患

胃癌食道癌などの上部消化管の悪性腫瘍、胆石・鼠径ヘルニア、瘢痕ヘルニア、血小板減少性紫斑病などの良性疾患、急性虫垂炎、腸閉塞、十二指腸潰瘍穿孔などの救急疾患。

このような症状の方を診察いたします

食欲不振、胸焼け、嚥下障害、体重減少、腹部腫瘍、他院で癌が疑われた。

主な検査

胃癌に対する開腹・腹腔鏡下手術
食道癌に対する2または3領域郭清を含む開胸・開腹手術
胆石・肝嚢胞・特発性血小板減少性紫斑病などの良性疾患に対する腹腔鏡下手術
鼠径ヘルニアの根治手術
上部・下部消化管内視鏡検査または治療

主な実績

診療実績(2018年度)

入院
延患者数 新患者数 1日平均患者数
4,733 359 13.0
外来
延患者数 新患者数 1日平均患者数
5,357 610 22.0

ページトップへ