サイバーナイフセンター

当科のご紹介

日本赤十字社医療センターでは、平成20年4月に定位放射線治療装置「サイバーナイフ」を導入し、脳腫瘍(原発性脳腫瘍・転移性脳腫瘍)ならびに頭頸部がんなどの治療を積極的に行ってきました。平成24年からは体幹部がん(肺がん・肝臓がんなど)に対しても治療を行っています。ナイフと言っても、手術のように切るわけではなく、治療に痛みを伴うこともありません。サイバーナイフは、「切らずに治す」ことを目的とした最先端放射線治療器です。

特色

平成20年4月の開設以来、頭蓋内外問わず多くの疾患に対する治療を行っています。症例数は年間700例を超え、日本でも有数の症例数を誇ります。「できるだけお待たせしない」をモットーに、質の高い治療を目指しています。

扱う疾患

転移性脳腫瘍
悪性脳腫瘍(神経膠腫など)
良性脳腫瘍(髄膜腫 下垂体腺腫 頭蓋咽頭腫 聴神経腫瘍 神経鞘腫など)
脳動静脈奇形 脊髄動静脈奇形
頭頸部がん(咽頭がん 喉頭がん 副鼻腔がん 頸部リンパ節転移)
体幹部がん(肺がん(原発性・転移性) 肝臓がん(原発性・転移性) 転移性骨腫瘍 リンパ節転移)

主な検査

CT MRI PET-CT 血管撮影検査 など

ページトップへ