耳鼻咽喉科

当科のご紹介

耳鼻咽喉科は頸から上の頭蓋内を除く領域を広く対象とします。いずれの疾患においてもいわゆる標準的治療を十分に行うとともに、学会や研究会レベルの最新の知見を取り入れ、対応しています。

特色

中耳炎や副鼻腔炎などに対し、内服や外用薬を中心とした保存的治療を行うとともに、安全性を考慮した手術加療に取り組んでいます。頸部手術に関しても神経損傷を減らす工夫をしています。
全身疾患の一部が耳鼻咽喉科領域に現れる場合や複数の診療科領域にわたる疾患の場合は、関連する各科との連携を緊密に行い、比較的稀な疾患については大学病院や専門病院と連携しています。

扱う疾患

このような症状の方を診察いたします

難聴、耳だれ、めまい、顔面神経麻痺、鼻閉、鼻汁、くしゃみ、頸部腫瘍

主な検査

純音聴力検査、語音明瞭度検査、耳鳴検査、耳管機能検査、ABR(聴性脳幹反応)、OAE(耳音響反射)、ENG(電気眼振図検査)、VEMP(前庭誘発筋電位検査)、ENoG(Electroneurography)、喉頭・鼻腔ファイバースコピー、エコー、エコーガイド下穿刺吸引細胞診

主な実績

診療実績(2018年度)

入院
延患者数 新患者数 1日平均患者数
2,244 364 6.1
外来
延患者数 新患者数 1日平均患者数
15,185 2,539 62.2

ページトップへ