呼吸器内科

呼吸器内科 News & Topics​

2020年はスタッフ医師5名+後期研修医4名+初期研修医1~2名の人員でチーム医療を行います。外来は月曜日から金曜日の毎日午前および午後に行い、連日午前のみならず午後も紹介を受け付けております。外来ではできる限りお待たせしないように予約制としておりますが、当日の予約外診療も受け付けています(待ち時間が長くなります)。
当科は内科学会、呼吸器学会、呼吸器内視鏡学会、アレルギー学会、がん治療認定医機構などの認定施設であり、専門医・指導医も複数在籍しており高度な診療が受けられます。
原則紹介制ですが、紹介のない患者さんで呼吸器内科の診療を希望の方は水曜日午前の内科初診外来(担当:出雲呼吸器内科部長)を受診してください。間質性肺炎に対しては、専門外来(水曜日午後、金曜日午後)を開設し、高度な診断と治療を行っています。今後はさらに難治性喘息や肺がん、長引く咳などに対する専門外来を開設していく予定です。
国内外の学会への積極的な参加および発表、臨床研究論文の執筆・投稿や、医師の国内有名施設派遣・研修を行い、最新の知見を得るよう努力しております。
また、症状などが安定した患者さんには積極的に逆紹介を行うことで地域の医療機関との連携を推進しています。入院加療や救急診療が必要になった場合は拝見しますので、安心して逆紹介・地域連携をお受けください。

特色

胸部異常影(健診異常など)

・健康診断などで胸に影があると言われると大変心配になります。当科ではできる限り受診していただいたその日に高精度のCTを撮影し、結果を説明することとしております(場合によっては当日CTを撮影していただき、血液検査の結果などと合わせて後日結果を説明する場合もあります)。
・肺がんが疑われる場合など精密検査が必要と言われた場合は、呼吸器内科外来を受診してください(月曜日から金曜日までのすべての曜日で対応可能です)。
・手術が最も望ましい患者さんには呼吸器外科に紹介し万全の体制で手術に臨みます(当院呼吸器外科でロボット(ダ・ヴィンチ)手術を行っています)。
・放射線治療が望ましい患者さんには放射線腫瘍科とのスムーズな連携により最新鋭の放射線機器による治療を行います。
・呼吸器内科が窓口となり関連各科に適切に診断・治療を依頼していきます。

間質性肺炎

・間質性肺炎は難治性の病気であり、適切な診断と治療が重要です。高度で専門的な知識を必要とする病気です。
・間質性肺炎専門外来を設けています(水曜日午後の猪俣副部長外来および金曜日午後の久世医師外来)。治療などご相談ください。
・間質性肺炎の中でも最も難しい病気である特発性肺線維症(IPF)の治療に対して、当科主導の多施設共同前向き研究(J-AVENGERS, UMIN000039027)を行っています。
・当科では抗線維化薬(ピルフェニドン、ニンデタニブ)による治療を積極的に行っています。
・最先端の検査である「クライオバイオプシー」を導入しています。この検査により、間質性肺炎の診断能は飛躍的に向上しています。国内でも現在数少ない施設でしか行うことができない検査であり、多くの施設から依頼を受けています。
・クライオバイオプシーに関して2018年7月より当センターが主施設として多施設共同前向き研究(気管支鏡下クライオバイオプシーの安全性、有用性に関する多施設共同研究、UMIN000033284)を行っており、現在得られた結果を解析中です。
・特発性間質性肺炎に対する全国調査である多施設共同前向き観察研究(NEJ030)に参加し、積極的に臨床研究を行っています。

肺がん

・院内にPET-CT、放射線治療のリニアック治療装置および定位放射線治療装置であるサイバーナイフがあるため、院内で肺がんに対するトータルな診断・治療が行えます。2019年10月より最新の機器(トモセラピー(Radixact・ラディザクト))が導入されました。これらにより強度変調放射線治療(IMRT)といった高精度放射線治療が行えます。
・国際多施設共同試験(治験)に参加し、よりよい治療法の開発に貢献しています。
・進行非小細胞肺がんに対しては、最新の免疫チェックポイント阻害薬(ICI)と化学療法(抗がん剤)を併用した「ICIコンビネーション治療」を積極的に行っています。
・局所進行非小細胞肺がんに対しては、化学療法(抗がん剤)と根治的胸部放射線治療の併用療法を行った後の免疫チェックポイント阻害薬(デュルバルマブ)による維持療法を積極的に行っています。
・進行非小細胞肺がんに対する免疫チェックポイント阻害薬を用いた前向き臨床研究(抗PD-1抗体既治療進行非小細胞肺がんに対する抗PD-L1抗体治療の前向き研究、UMIN000033288、および抗PD-L1抗体既治療進行非小細胞肺がんに対する抗PD-1抗体治療の前向き研究、UMIN000033657)を当センターで行っています。
・がん専門病院とは違い、循環器内科・腎臓内科・糖尿病内分泌科などが院内に充実しているため、様々な合併症のある患者さんの治療も可能です(病状によります)。
・分子標的治療薬(オシメルチニブ、ゲフィチニブ、エルロチニブ、アファチニブ、クリゾチニブ、アレクチニブ、ダブラフェニブ、トラメチニブ)や免疫チェックポイント阻害薬(ニボルマブ、ペムブロリズマブ、アテゾリズマブ、デュルバルマブ)を積極的に使用しています。
・呼吸器内科外来を受診ください(月曜日から金曜日までのすべての曜日で対応可能です)。セカンドオピニオンも多数受けております。

気管支喘息

・積極的に治験を受託し、よりよい治療法の開発に貢献しています。
・症状の強い難治性喘息や咳喘息、長引く咳でお悩みの方は呼吸器内科外来(出雲部長 月曜日午前・午後、火曜日午後・水曜日午前)までご相談ください。水曜日午前が初診の外来です。
・難治性の気管支喘息に対しては抗IgE抗体治療(オマリズマブ)、抗IL-5抗体治療(メポリズマブ)、抗IL-5受容体α抗体治療(ベンラリズマブ)、IL-4/13受容体モノクローナル抗体治療(デュピルマブ)および気管支鏡を用いた治療である気管支サーモプラスティといった難治性喘息に対するすべての治療が可能です。
・IL-4/13受容体モノクローナル抗体治療(デュピルマブ)に関しては、当センターで前向き臨床研究(J-DREAM, UMIN000036337)を行っています。
・抗IL-5受容体α抗体治療(ベンラリズマブ)に関しては、当センターで前向き臨床研究(J-BEST, UMIN000031951)を行っています。
・気管支サーモプラスティに関しては、当センターが主施設として多施設共同研究(UMIN000025244)を行っています。

COPD(性閉塞性肺疾患)

・COPDは主にタバコによっておこる病気で、咳・痰・息切れなどがおこります。そのような症状のある場合は呼吸器内科外来へご相談ください。
・新たな薬物療法や内視鏡治療などを積極的に取り入れています。
・COPDに対する実地臨床における3成分配合1⽇2回吸⼊剤の効果予測因⼦同定および有効性・安全性に関する前向き研究(J-BRAVE, UMIN000038169)を行っています。
・COPD患者に対する実地臨床における3成分配合1⽇1回吸⼊剤の効果予測因⼦同定および有効性・安全性に関する前向き研究(J-TREND, UMIN 000038167)を行っています。
・渋谷区医師会および渋谷区の基幹病院と連携して「COPD連携システム」を運用し、かかりつけ医院や病院と病診連携を積極的に行っています。

重症花粉症(重症季節性アレルギー鼻炎)

・重症の花粉症の患者さんに対して抗IgE抗体療法であるオマリズマブ(ゾレア)による治療を耳鼻咽喉科と共同で行っております。オマリズマブ(ゾレア)は季節性アレルギー性鼻炎に対する世界初の抗体製剤です。
・抗ヒスタミン薬などの既存の薬物治療によって症状が十分に管理できず、症状が非常に強く、QOLや労働生産性の低下が見られる重症又は最重症患者さんが対象となります。
・当科では「実地臨床における季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)に対するオマリズマブの効果予測因子同定に関する前向き研究(J-Oasis, UMIN000039245)を2020年1月より行っています。
・症状の強い花粉症でお悩みの方は呼吸器内科外来(出雲部長 月曜日午前・午後、火曜日午後、水曜日午前)までご相談ください。水曜日午前が初診の外来です。

気管支鏡検査

・苦痛の多い咽頭麻酔は行わず、静脈麻酔を使用することで検査に伴う苦痛の軽減につとめています。
・超音波気管支鏡やクライオバイオプシーといった最先端の検査装置を使用しています。
・国内だけではなく国外からも多くの研修や見学希望があり、わが国の先端教育施設の1つです。研修や見学に関してのお問い合わせは部長の出雲までご連絡ください。
・確実な診断を第一に考え、気管支鏡検査のみにこだわらず、CTガイド下経皮生検や外科生検、リキッドバイオプシーなど患者さんの状態や状況に応じたベストな方法を提案します。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

・当センターではこれまで脳神経外科で診療を行っていましたが、2019年5月より呼吸器内科で診療を行うことになりました。最新の診断機器を新たに導入し、診療を行っています。
・SAS外来を設けております(木曜日午後の佐竹医師外来および石川医師外来)。

呼吸器内科スタッフよりメッセージ

呼吸器にはいろいろな病気があり、難しいものや長引くものもあります。日赤医療センター呼吸器内科では、ご相談に来ていただければできることをご提案し、患者さんと話をしながら治療を進め、持てる力を尽くしてできるだけのことをしていきたいと思っています。医師・看護師をはじめすべての職種のスタッフが力を合わせて患者さんとご家族を全力で支えたいと思います。

扱う疾患

このような症状の方を診察いたします

せき、たん、息切れ、呼吸困難感、血痰、胸痛、胸部異常陰影

主な検査・手技

呼吸機能検査、気管支鏡検査局所麻酔下胸腔鏡検査CTガイド下肺生検ポリソムノグラフィー6分間歩行試験呼気一酸化窒素(FeNO)検査気管支サーモプラスティ気管ステント留置・高周波装置

主な実績

診療実績(2019年度)

入院   
延患者数 新患者数 1日平均患者数
7,897 777 21.6
外来   
延患者数 新患者数 1日平均患者数
19,672 1,849 81.6
入院患者内訳(主な疾患)   (※以下、各年1月~12月)   
2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
肺がん 201件 273件 331件 267件 293件 242件 244件 262件
肺炎 67件 102件 61件 97件 130件 118件 162件 151件
間質性肺炎 44件 38件 29件 37件 23件 40件 69件 60件
肺気腫・COPD 20件 28件 23件 29件 16件 18件 8件 17件
喘息 15件 25件 16件 17件 27件 44件 30件 26件
慢性呼吸不全 9件 19件 17件 15件 12件 20件 16件 6件
気胸 12件 16件 11件 10件 8件 14件 26件 18件
肺非結核性抗酸菌症 15件 12件 14件 8件 6件 12件 9件 2件
悪性胸膜中皮腫 21件 4件 2件 2件 2件 1件 0件 4件
サルコイドーシス 8件 9件 6件 10件 4件 1件 10件 10件
肺結核 8件 8件 14件 13件 3件 11件 8件 4件
転移性肺がん 10件 7件 8件 6件 3件 6件 0件 1件
肺アスペルギルス症 6件 6件 5件 2件 6件 4件 7件 3件
肺高血圧症 2件 0件 1件 3件 2件 1件 0件 0件
過敏性肺臓炎 5件 4件 2件 3件 1件 3件 7件 2件
肺動脈血栓塞栓症 1件 1件 0件 1件 0件 2件 3件 0件
気管支拡張症 1件 2件 3件 2件 5件 5件 8件 2件
アレルギー性気管支肺真菌症 1件 2件 0件 2件 0件 0件 0件 0件
膿胸 0件 2件 2件 4件 4件 5件 4件 10件
   
気管支鏡
2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
255件 229件 246件 208件 248件 254件 312件 279件 233件
クライバイオプシー
2018年 2019年
87件 110件
CTガイド下経皮肺生検
2018年 2019年
22件 35件
局所麻酔下胸腔鏡
2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
15件 7件 6件 1件 11件 6件 5件 2件 4件
気管ステント・EWS(気管支瘻孔閉鎖術)
2017年 2018年 2019年
7件 10件 13件
これから専門研修(専攻医・後期研修)をされる初期研修医の皆さんへ

・初期研修を終えた後の専門研修(専攻医・後期研修)は医師人生を決める上で非常に重要な時期です。
・当センターの呼吸器内科では、2020年度は4名の後期研修医がお互いに切磋琢磨しながら研修しています。
・呼吸器内科の専門研修は新専門医制度で当センターが基幹病院となる内科専門研修プログラム内でのsubspecialtyとして実施します。
・当センターの内科専門研修プログラムはsubspecialty重点コースが充実していることが特徴です。
・呼吸器内科の専攻医募集人数は当センター内科全体の募集8名(1名は地域連携枠)の内の若干名(1~3名)です。
・呼吸器内科では呼吸器学会が示す呼吸器専門研修概念図の内の「呼吸器重点研修タイプ(2年型)」を想定しています。3年間の内科専門研修の内の2年(地域連携枠は1年半)は当センター呼吸器内科での研修+1年(地域連携枠は1年半)は連携施設での呼吸器内科(一般内科など含む)研修の予定です。
・連携施設や問い合わせ先など詳細については「呼吸器内科の専門研修の詳細」をご覧ください。
・呼吸器学会の連携施設は、国内の複数の大学病院、ナショナルセンター、呼吸器専門病院、都内を含めた市中基幹病院など32の施設と連携しています。
・後期研修中に病棟での診療はもとより、呼吸器内科外来診療、ICUでの集中治療管理、気管支鏡や局所麻酔下胸腔鏡、クライオバイオプシー、EWS、ステントなどの手技も積極的に行っています。
・2019年度はスタッフおよび後期研修医で呼吸器関連学会での国内学会発表約15件、国際学会3~5件、海外を含む複数の招請講演、英語論文11件であり、 学術活動を積極的に行っています。
・後期研修医の先生方も国内外の学会発表はもとよりスタッフの指導のもと臨床研究での英語論文も複数投稿しています(ただし当センターは基礎研究施設ではありませんので基礎研究は行えません)。
・スタッフおよび初期研修医とのチームで診療しているため、当直明けは半日休としています(場合によっては当直明けの代休を他の日に振り替えることもあります)。 週末は当番制とし、できる限りオンオフのメリハリがつけられるようにしています。
・皆さんのこれからの医師人生の一助となるよう呼吸器内科スタッフも全力で取り組みたいと思っています。日本国内での呼吸器内科専門研修をお考えの皆さんは是非一度見学に来てください。

医学生の皆さんへ
日赤医療センター 初期研修プログラムでの呼吸器内科研修について

・内科の中でも特に重要と言える呼吸管理が学べます。
・ジュニアレジデント(初期研修医)の担当患者数は10人程度です。
・感染症、肺がん、アレルギーなど多彩な疾患が経験できます。
・大学病院やNational centerなどの呼吸器内科では入院患者さんの多く(80%以上)が悪性腫瘍ということがありますが、当科は悪性腫瘍と非悪性腫瘍の割合が約50%であり、また救急からの入院も多く、初期研修ローテートでバランスよく経験ができます。
・詳細は「医学生の皆さんへ 初期研修プログラム内での呼吸器内科研修について」をご覧ください。

当科の紹介記事

クライオバイオプシー
当科の気管支鏡検査~超音波気管支鏡とクライオバイオプシー~

施設紹介 日本呼吸器内視鏡学会雑誌 40巻2号
Tea Time65号
 呼吸器内科が目指す新治療への挑戦

 HOT(在宅酸素雑誌)

当科の出版書籍

・呼吸器内科医が解説!新型コロナウイルス感染症COVID-19
 粟野暢康、出雲雄大 監修・編集 2020年3月発刊 医療科学社

・健康な100歳をめざして(当センターの書籍です)
 出雲雄大、猪俣稔 共著 2019年7月発刊 桜の花出版

・仮想気管支鏡作成マニュアル~迅速な診断とVAL-MAPのために~
 出雲雄大、佐藤雅昭 編著 2017年6月発刊 医学書院

・必携!呼吸器専門医試験のための実践問題と解説
 粟野暢康、出雲雄大 編著 2018年2月発刊 医療科学社

当科の受賞

・優秀賞 吉田 澪奈(初期研修医) 指導医:粟野 暢康
  【早期肺病変を有し、経気管支クライオ生検で診断されたリンパ脈管筋腫症の2例】

 日本呼吸器学会関東支部会・日本結核病学会関東支部会
 第238回日本呼吸器学会関東地方会・第177回日本結核・非結核性抗酸菌症学会関東支部学会 合同学会 2020年2月15日
   

・APSR Asian Pacific Society of Respirology JRS Young Investigator Award 久世眞之
 24th Asian Pacific Society of Respirology (APSR) 2019 International Conference,
 Hanoi, Vietnam, 2019年11月14日~17日
    

・KATRD International Conference 2019 Young Investigator Award 粟野 暢康
 The Korean Academy of Tuberculosis and Respiratory Diseases 2019 International Conference,
 Seoul, Korea, 2019年11月7日~8日

・優秀賞 愛葉 美奈(初期研修医) 指導医:刀祢 麻里
  【原因不明の低酸素血症から診断された platypnea orthodeoxia syndrome(POS)の一例】

 日本呼吸器学会関東支部会・日本結核病学会関東支部会
 第236回日本呼吸器学会関東地方会・第176回日本結核病学会関東支部学会 合同学会 2019年9月21日
     
・優秀賞 張 かほり(初期研修医) 指導医:刀祢 麻里
 【クライオバイオプシーで診断した ANCA 関連間質性肺炎の一例】

 日本呼吸器学会関東支部会
   第235回日本呼吸器学会関東地方会 2019年7月13日
    
・奨励賞 立木 伸明(初期研修医) 指導医:猪俣 稔
 【子宮内膜症性卵巣嚢胞破裂との関連が疑われた高度複雑性肺炎随伴性胸水の一例】

 日本呼吸器学会関東支部会
   第234回日本呼吸器学会関東地方会 2019年5月25日
    
・優秀賞 赤木 雄(初期研修医) 指導医:粟野 暢康
 【Pembrolizumab投与後に血球貪食症候群を発症した関節リウマチ合併肺腺癌の一例】
 
 日本呼吸器学会関東支部会・日本結核病学会関東支部会
 第233回日本呼吸器学会関東地方会・第175回日本結核病学会関東支部学会 合同学会 2019年2月23日
    
・奨励賞 矢田部 玲子(初期研修医) 指導医:粟野 暢康
 【クライオバイオプシーが診断に有用であった特発性器質化肺炎の 一例】
 
 日本呼吸器学会関東支部会 
 第232回日本呼吸器学会関東地方会 2018年11月17日
     
・最優秀賞 郡 真裕子(初期研修医) 優秀指導医賞:粟野 暢康
 【多重癌を合併し、非対称性の間質性肺炎を呈したCADMの一例】

 日本呼吸器学会関東支部会・日本結核病学会関東支部会
 第231回日本呼吸器学会関東地方会・第174回日本結核病学会関東支部学会 合同学会 2018年9月1日
       
・奨励賞 高田 康平(初期研修医) 指導医:猪俣 稔
 【細菌性肺炎を契機に診断されたAFOP(Acute Fibrinous and Organizing Pneumonia)様の間質性肺炎の一例】
 
 日本呼吸器学会関東支部会 
 第230回日本呼吸器学会関東地方会 2018年7月21日
    
・優秀賞 下山 宜之(初期研修医) 指導医:久世 眞之
 【抗PL-7抗体、抗Ro-52抗体陽性皮膚筋炎合併間質性肺炎の一例】
 
 日本呼吸器学会関東支部会 
 第229回日本呼吸器学会関東地方会 2018年5月26日
   
・ATS (American Thoracic Society) 2018 Young Investigator Award  粟野 暢康

 American Thoracic Society 2018 International Conference, San Diego, USA, 2018年5月18日〜24日

・優秀賞 宮田 有里奈(初期研修医) 指導医:粟野 暢康
 【亜急性に進行する筋痛、呼吸困難で発症した多発性筋炎の一例】
 
 日本呼吸器学会関東支部会 
 第228回日本呼吸器学会関東地方会 2018年2月17日
     
・優秀賞 粟野 暢康
 【Immunohistochemical detection of propionibacterium acnes in bronchoalveolar lavage fluid cells from patients with and without sarcoidosis】
 
 第36回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会総会 2016年10月8日
        

ページトップへ