緩和ケア科

当科のご紹介

今までのがん治療は「癌を治す」ことだけに関心が向けられていましたが、今は「癌を治す」ことと同じように「生活の質」を保つ治療も重要だと考えられるようになっています。緩和ケアとは、命を脅かす病気による問題に直面している患者さんとそのご家族に対して、痛みや吐き気などの体の苦痛、不安などの気持ちの苦痛、スピリチュアルな問題を早期に発見し、対応することで、苦しみを軽減・予防し、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の維持・改善を目指すアプローチです。またこのケアは、早期からの開始が勧められており、告知を受けた心のつらさや不眠、治療の妨げとなる痛みや吐き気などのつらい症状を緩和し、生活の質を保ちながら治療の継続もサポートしていきます。
日本ではまだ病気が進行して亡くなる直前の医療と誤解されることも多いですが、身体・精神の苦痛を緩和しながら、自分らしく時間を過ごすことをお手伝いしていくものです。

特色

当センターではがん治療支援・緩和ケアチーム、がん治療支援・緩和ケア外来、緩和ケア病棟、緩和ケア外来と、様々な場面において切れ目のない適切な緩和ケアの提供に努めております。

「がん治療支援・緩和ケアチーム」では当センターでがんの治療を行っている患者さん・ご家族への身体的、精神的苦痛の緩和のお手伝いをしています。入院・外来と継ぎ目のない緩和ケアの提供を目指しています。治療の継続を悩まれている患者さんの気持ちのサポートや意思決定支援も行います。またお子様への対応などの相談にも対応させていただきます。
「緩和ケア病棟」は、積極的ながん治療は望まない患者さんが、日々の身体的・精神的苦痛を緩和する治療を受けながら、安楽な気持ちで自分らしく時間を過ごすための場所です。入院後は迅速な症状コントロールを行い、在宅に戻ることをお勧めしており、積極的に在宅医療導入のお手伝いもさせていただきます。自宅に戻ったのちも外来通院や、往診医や訪問看護との連携をとりながら途切れない緩和ケアの提供に努めています。地域のがん診療連携拠点病院の緩和ケア病棟として、在宅で過ごしている方の必要に応じた早期の入院を目指しています。

扱う疾患

AIDSを除くすべての悪性腫瘍

この様な症状の方を診察いたします

がんと診断されたすべての患者さんと、その家族の心とからだのつらさに対応していきます。ご家族の悩みにも対応させていただきます。

主な検査

症状コントロールに必要な一般検査

主な実績

診療実績(2014年度)

入院
延患者数 新患者数 1日平均患者数
6,206 243 17.0
外来
延患者数 新患者数 1日平均患者数
890 177 3.7

がん治療支援・緩和ケアチーム
297人

ページトップへ