説明と同意の方針について

私たち日本赤十字社医療センター職員は、医療を行う上で必要な情報を患者さんと共有し、患者さんとの信頼関係が築かれることで患者さんに満足していただける医療を実現できると考えています。 この考えのもとに、診療内容とその必要性、治療方針、その結果等医療に関する事項について、患者さんが理解され、納得され、自己決定権に基づいて同意されるために必要で十分な説明を行ってまいります。

医療行為の説明

医療行為には侵襲の度合いによって、時として患者さんの健康を損なってしまう危険性があります。私たちは、手術・麻酔、輸血、その他侵襲性があると判断される検査・治療を行うにあたって、文書(診療行為等に関する同意書)を用いて以下の項目について情報を提示し、説明いたします。

・医療行為の目的、必要性、方法、結果

・医療行為によって予測される効果、危険性、偶発症発生時の対応

・代替可能な医療行為の有無とその内容

・何も治療を行わなかった場合に予想される経過など

なお、血液検査、尿検査、単純レントゲン検査、超音波検査、末梢血管確保など、侵襲性が少ないと判断される検査・治療などに関しては口頭で説明いたします。

医療を行う中で発症した突然の心停止、出血によるショック、意識障害、手術中の緊急時には、説明に優先して医療行為を直ちに開始する必要があります。このような場合には、事後に説明をいたします。ご承知おきください。

同意の手順

 患者さんに、そして必要に応じてご家族の方にご説明した後、同意書にご署名をいただいております。患者さんご本人が未成年の場合や意思決定が困難であると判断される場合などは、親権者または法定代理人などの方に同意書へのご署名をお願いしております。

 説明内容に疑問な点、不明な点、ご意見は、その場で自由にご発言ください。説明に十分納得ができない場合は、同意を拒否または保留していただくことも可能です。 一旦同意された後に取り消すことも可能です。また、他の医療機関の意見(セカンドオピニオン)を聞くことも可能ですのでお申し出ください。これらにより患者さんに不利益が及ぶことはありません。

ページトップへ