外来診療に関するお知らせ

初診の患者さんは、かかりつけ医からの紹介状をお持ちください。
産科、小児科につきましては紹介状をお持ちでなくても受診できます。
ただし、産科は完全予約制ですので、電話でご予約をお願いします。
【電話】03-3400-1311(代表)

新型コロナウイルスの感染が心配な場合は、病院に直接来院せず、まずは最寄りの保健所の相談センターへ連絡し、その指示に従ってください。

受診されるすべての方へ

1階外来シャッターの開扉時間について

1階外来シャッターは、午前7時30分に開きます。
開扉されてから、番号札を受け取りお待ちください。
7時50分になりましたら、医事スタッフが番号順に再来受付機に誘導いたします。
※感染防止の観点から、午前7時30分より前に入館し、建物内で開扉を待つことはお控えください。
※外来シャッター開扉後、自動再来受付機や各科外来、中央採血室まで急いで移動される方がおられます。非常に危険ですので、絶対におやめください。

次に該当する方は、受付をお断りしておりますので、ご了承ください

・当センターを初めて受診される紹介状のない方
・過去に当センターのご受診歴があるが、現在どの診療科にもご予約のない方
・感染症科を初めて受診される方(紹介状があっても受付けておりません)

予約のある方へ

既に予約されている診察や検査(内視鏡検査を除く)等については、予約内容のとおり実施しております。
※予約内容の変更をお願いする場合は、当センターからご連絡いたします。
  患者さんからの、電話やホームページ内の「お問い合わせフォーム」によるお問い合わせは、お控えください。

受診時の注意

・「発熱」や「呼吸器症状(息苦しさや咳)」のある方は、必ず看護師にお声がけください。看護師が検温と問診を行います。
・検温や問診の結果、発熱や呼吸器症状が認められる方は、別の診察エリアへ移動していただき、詳細な問診や診察を実施いたします。

Q1 外来予約日が来る前に具合が悪くなりました。どうすればよいですか?
・当センターへご連絡のうえ、主治医にご相談下さい。

Q2 診察の予約をしていますが、近くの病院を受診したいです。
・紹介状を作成しますので、受診される医療機関が決まりましたら、当センターの診察予約がある診療科窓口へご連絡ください。
・ご連絡をいただいた際に、必要事項を確認し、作成します。(作成の目安 約2週間)
・料金は、紹介状作成料(有料 ~1,350円)+郵送料(370円)です。

電話診察による処方せんの発行について

厚生労働省の通知により、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から慢性疾患等を有する定期受診患者について、
臨時的な対応として電話診察による医薬品の処方が認められました。
当センターでは、事前に診察予約があり、かつ、医師が必要と判断した患者さんに限り、電話診察による処方せん発行を行っております。
​なお、電話診察は、厚生労働省の特別措置であり、この措置終了後は従来どおりの対面診察のみとなります。

電話診察の留意事項

ご注意ください

・当センターでは、初診の方を対象とした電話診察は行っておりません。
・お薬を受け取るまでに診察日から数日間を要します。 残薬が7日以内の場合は、ご来院のうえ処方せんの受け取りをお願いいたします。
・医師の判断で対面診察が必要となる場合がありますので、ご了承ください。
・複数の診療科を受診されている場合、電話診察が可能な診療科と、対面診察が必要な診療科(電話診察不可)が混在することがあります。
・普段、当センター近隣薬局をかかりつけ薬局としてる方で、今回、お住まい近くの薬局を初めて利用される場合、お薬の種類によっては取扱いがないこともあります。事前に、候補の薬局にお薬手帳等を提示して、お薬の受け取りが可能であることを確認してください。

院外処方せん等の発送日について

・電話診察を行った日の翌平日に院外処方せん等を発送いたします。(電話診察を行った日の翌日が土日祝日の場合は、翌平日発送となるため時間を要します。)
・電話診察を行った日から処方せんがお手元に届くまで、東京都内は早くても2日、 東京都外は早くても3日の時間を要することをあらかじめご了承ください。

院外処方せん等の配送料について

・当センターから患者さんのご自宅への院外処方せん等の配送料は、患者さん負担となります。
・院外処方せん等の配送手段は、原則、レターパックライト(370円)を使用いたします。
・患者さんと郵便局員さんとの接触を減らすため、レターパックプラスは使用いたしません。
・レターパックライトに収まらない医療材料や衛生材料等の配送手段は、ヤマト運輸の宅急便(着払い)を使用いたします。

診療科別対応状況(6月1日現在)

以下に記載のない診療科については、お問い合わせください。

電話診察に対応する診療科

・糖尿病内分泌科
・アレルギー・リウマチ科
・神経内科
・腎臓内科
・感染症科
・消化器内科
・緩和ケア科
・呼吸器外科
・大腸肛門外科
・放射線血管内治療科
・放射線腫瘍科

※主治医の判断で対面診察が必要となる場合があります。

対面診察が必要な診療科(電話診察不可)

・呼吸器内科
・心臓血管外科
・胃・食道外科
・乳腺外科
・骨・関節整形外科
・脊椎整形外科
・眼科
・皮膚科

上記診療科については、対面診察が必要なため、電話診療は行うことはできません。

電話診察の流れ

  1. お問い合わせ

    ① 次回の予約票、もしくは診察券、保険証等をお手元にご用意ください。
    ② 病院へお電話いただき、「〇〇科の電話診察の件」とお伝えください。
      【受付時間】 平日 9:00~16:00
    ③ 以下の必要事項を確認いたしますので、お答えください。
        ・氏名 ・患者ID ・予約診療日 ・主治医氏名 ・電話番号 ・配送先住所
        ・保険証および公費医療証等の情報
        ・残薬日数・・・1番残りが少ないお薬について
      ※残薬が7日以内の場合は、ご来院のうえ処方せんの受け取りをお願いいたします。
    ④ 必要事項の確認が終わりましたら、一度電話を切らせていただきます。

       
  2. 電話診察の実施可否ついて

    ⑤ 主治医に電話診察を実施できるかを確認いたします。
      ※電話診察について問い合わせた日より、3日間(土日祝日除く)を過ぎても回答がない場合、恐れ入りますが、下記受付時間内に当センターへご連絡ください。
      【受付時間】 平日 9:00~16:00
     ⑥ 担当看護師から患者さんへ電話連絡し、電話診察の実施可否をお伝えします。
      ※電話診察が可能な場合、医師が電話する日時をお伝えします。
      ※他医療機関への紹介状(有料)をご希望の方は、この時にご相談ください。

  3. 電話診察当日

    ⑦ 主治医から患者さんへ電話いたします。
     ※事前にお伝えした電話診察日の時間帯前後は、電話に出られる状態としてください。
     ※電話に出られなかった場合、原則として再連絡はお約束できかねます。
    ⑧ 次回の再診日(電話診察日)をお伝えします。ご自身で予約日時を記録してください。

  4. 処方せん等の発送・お支払いについて

    ⑨ 電話診察の翌平日後、請求書、院外処方せん等をレターパックライトに封入し、
           郵送いたします。
       医療材料や衛生材料等の場合は、宅急便で発送します。
    ⑩ 支払方法は銀行振込でご案内しております。期限内にお振込みください。

       

紹介状をお持ちの方へ

1階「初診受付」へお越しください。
受付開始時間は、8時30分です。

受付方法

・診療申込用紙・保険証・紹介状等を「初診受付」へご提出ください。
・紹介状や各種検査データをご持参の方は、初診受付となりの「紹介状受付」へご提出ください。

受診時の注意

・初めて受診される全ての方に、看護師が検温と問診を実施しております。初診受付にてお手続きをする前に、必ず看護師の検温と問診を受けるよう、ご協力お願いいたします。
・検温や問診の結果、発熱や呼吸器症状が認められる方は、別の診察エリアへ移動していただき、詳細な問診や診察を実施いたします。

その他

・適切な診療科がわからない方は、総合案内の看護師にご相談ください。
・受付終了時間は、診療科によって異なります。ご来院の際は、こちら【外来受付の時間について(PDF)】をご覧のうえお越しください。
・初めて受診される方は、こちら【診療申込用紙ダウンロード(PDF)】をダウンロードし、ご自宅等で記入した用紙を提出いただくことも可能です。

セカンドオピニオンを希望する方へ

完全予約制となっております。詳細は、こちらをご覧ください。

連携医療機関の皆様へ

・診療科や症状によっては、お受けできない場合がございます。
※感染症科は、紹介患者でも受け入れを停止しております。
・日本内視鏡学会の指針に則り、内視鏡検査を制限しておりましたが、内視鏡検査を必要とする疾患の場合は、ご予約の際に医療連携課へご相談ください。
・ご不明な点がございましたら、医療連携課までご連絡ください。

産科および小児保健部を受診される方へ

感染拡大防止のため、以下の通り入室制限を行っておりますのでご協力ください。

<3階産科外来・小児保健部の待合室及び診察室>
・妊婦健診の場合、入室はご本人のみ。
・乳児健診の場合、入室はご本人(お子様)1名につき大人1名まで。

<1階から3階産科外来・小児保健部、5階周産期病棟への通路>
・周産母子センター専用エレベーター(守衛室となり)をご利用ください。
・5階周産期病棟へ御用がある方は、1階病棟案内にて面会カードの手続きを行い、病棟へお上がりください。

産科の初診について

完全予約制となっております。 詳細については、こちらをご覧ください。

産科の再診について

・診察券を再来受付機に投入し、産科受付を行ってください。
・呼出機と受診票を受け取った後、周産母子センター専用エレベーター(守衛室となり)から3階産科外来待合へ移動してください。

小児予防接種について

・6月1日(月)より年齢制限を解除し、5月から実施している完全予約制を継続します。時間は、14時~16時までです。
・完全予約制のため、当日でもよいので必ず電話で予約を取ってからお越しください。
・今までどおり、乳幼児健診と同時に予防接種を行うことも可能です。

乳幼児定期健診について

・6月1日(月)より年齢制限を解除し、通常どおり、午前中の完全予約制としております。

休日夜間・救急診療を受診される方へ

・現在、救急外来は、「当センターに継続して通院中の患者さん」の診療のみに制限しています。
 ※小児科はのぞく
・当センターを受診中の方で、具合が悪くなった方については、当センターへご連絡ください。

健康管理センターを利用される方へ

・人間ドック等の対応につきましては、こちらをご確認ください。

診断書等の時限的な郵送申込依頼について

郵送により診断書等の申込を行う方は、以下の申し込みに必要なものを全て同封し、当センター文書窓口までご郵送ください。
通常の診断書等お申込み方法は、こちらをご確認ください。
※ホーム>ご来院される方へ>ご相談・ご依頼窓口>診断書等お申込み

(1)患者ご本人からの申し込み
診断書等作成申込書(PDF)
・患者ご本人確認ができる書類(免許証、保険証等)
・レターパックプラス 1部

(2)本人以外の方からの申し込み
診断書等作成申込書(PDF)
・患者ご本人の本人確認ができる書類(免許証、保険証等)
※亡くなられた方の診断書等を申込む場合は、上記に替えて、申込者と亡くなられた患者の関係が確認できる書類(戸籍謄本等)
・申込者の本人確認ができる書類(免許証、保険証等)
・レターパックプラス 1部


※申込時に同封いただいたレターパックプラスにて、完成した診断書等を郵送いたします。
※同封するレターパックプラスの「お届け先」欄に完成した診断書等の郵送先(ご自宅住所等)を記載してください。なお、「ご依頼主」欄は、当センターとなります。
※レターパックプラスの保管用シールは、剥がしてご自身で保管ください。
※レターパックプラスの「お届け先」欄に郵送先の指定がない場合は、郵送いたしません。
※診断書等は個人情報が記載されるため、確実にご本人へお届けできるレターパックプラスにかぎり、郵送依頼を承っております。

【申込先】 〒150-8935 東京都渋谷区広尾四丁目1番22号 日本赤十字社医療センター 文書窓口 宛

ページトップへ