医療安全推進室

特徴・特色

医療安全推進室は、平成16年3月に設置されました。当室では、日々のインシデント・アクシデント報告を収集し、個々の事例を正確に把握するように努力しています。そして、毎日、室長と専従の医療安全管理者(看護師長)とで重大事例を中心に意見交換の場を設けています。その上で週に1回の室員による定例会議、月に1回の医療安全推進委員会を開催し、そこで話し合われた結果を毎月の管理・業務連絡会議で報告しています。これらの定期的に開催される会議とは別に、必要に応じて事例の要因分析と対策を目的とした臨時検討会議も随時開催しています。また、医療安全文化の定着を目的に、全職員を対象に年2回の医療安全推進・院内感染対策連絡会を開催しています。このような多面的な活動を通じて、全ての患者さんに安全で安心な医療を提供できる体制づくりに努めています。

 

主な業務

医療安全の感性を高め、安全・安心の医療を提供できるように活動しています。

  1. インシデント・アクシデント事例の収集・分析・対策・情報管理を行っています。
    1. 定例会の開催:週1回
    2. 委員会の開催:月1回
    3. 看護師長会の報告:月1回
    4. 管理・業務連絡会での報告:月1回
  2. 院内で発生しているアクシデントを全職員に発信しています。
    1. 電子カルテを使用して全職員で情報を共有しています。
    2. 医療安全ニュースを配信しています。
  3. 職員に対する教育・研修
    1. 医療安全推進・院内感染対策連絡会の開催:年2回
    2. BLS(一次救命処置)・AEDの講習会:年3回
    3. 安全セミナー:全体数として多くを占める看護師を対象に『安全対策』に関連したセミナーを企画しています。
  4. 各部署の安全対策推進活動への支援をしています。
    1. 各部署へラウンドを行っています。
    2. 各部署の安全対策に関するカンファレンスに参加しています。
    3. 各部署に安全リーダーナースが1名います。その部署ならではの問題を中心に患者さんへ安心なケア提供に向けて業務改善・環境整備などを医師・薬剤師・栄養士などと協働し日々取り組んでいる活動を支援しています。
  5. 自己研鑽(学会・研修の参加)をつみながら、全職員に安全・安心な医療を提供するために活動をしています。
年2回行われる連絡会イメージ
年2回行われる連絡会
BLS研修イメージ01BLS研修イメージ02BLS研修イメージ03
BLS研修

ページトップへ