アレルギー・リウマチ科

当科のご紹介

アレルギー・リウマチ科では関節リウマチなどの関節炎疾患、全身性エリテマトーデスなどの膠原病やANCA関連血管炎などの血管炎症候群を対象として、検査・診断と主に薬剤による治療を行っています。
病状が強い時や状態の悪い時には入院での診療を行います。外来では、専門性が要求される疾患の継続治療や、しっかりした管理を必要とする薬剤による治療を行っています。
アレルギー疾患の診療も担当しております。

特色

関節リウマチの寛解導入・寛解維持をめざして最適な治療を行っていきます。メトトレキサート(MTX)や生物学的製剤(バイオ製剤)などの有効性の高い薬剤を適切に使用することを心がけています。
関節リウマチの診療に非常に有用な関節エコー検査を積極的に活用しています。診断にも治療効果の確認にも役立てています。
膠原病、血管炎症候群などの精密検査においては院内各科と連携します。正確な診断に基づいて、ガイドラインなどを参考にした標準的な薬剤治療を行います。

扱う疾患

リウマチ・膠原病疾患

関節リウマチ、リウマチ性多発筋痛症、全身性エリテマトーデス(SLE)、全身性強皮症、多発性筋炎、皮膚筋炎、混合性結合組織病(MCTD)、シェーグレン症候群、抗リン脂質抗体症候群、ベーチェット病、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症(ウェゲナー肉芽腫症)、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(チャーグ・ストラウス症候群)、結節性多発動脈炎、側頭動脈炎、高安動脈炎(大動脈炎症候群)、成人スティル病、再発性多発軟骨炎、乾癬性関節炎、脊椎関節炎など

アレルギー疾患

気管支喘息、アナフィラキシー、好酸球増多症候群 など

このような症状の方を診察いたします

全身性の関節痛・関節の腫れ、持続する手のこわばり、持続する発熱を伴う紅斑や神経障害、筋障害

主な検査

血液検査、X線検査、関節エコー検査

主な実績

診療実績(2018年度)

入院
延患者数 新患者数 1日平均患者数
1,078 59 3.0
外来
延患者数 新患者数 1日平均患者数
9,494 685 38.9

ページトップへ