リハビリテーション科の特色

理学療法

理学療法では、主に座位、立位、歩行などの起居移動動作の障害に対して訓練を行います。日常生活における自立動作を増やし、活動範囲の拡大を目指します。
関節可動域訓練:関節を動かして拘縮を予防し、四肢の動きを円滑にする訓練です。
筋力増強訓練:病気や怪我で弱くなった筋力を回復、増強する訓練です。
基本動作訓練:寝返り、起き上がり、座位保持、起立、立位保持などの一連の動作が出来るよう訓練します。
歩行訓練:歩行が不安定な時期には平行棒内で訓練を行います。これが安定した後は運動機能に合わせて補助具(歩行器、四点杖、T字杖、松葉杖など)を使用して訓練を行います。更に独歩の訓練や屋外歩行、階段昇降などの応用歩行訓練も行います。

作業療法

作業療法では、日常生活動作が円滑に行えるよう援助を行います。「つかむ、つまむ、手を伸ばす」など基礎的な動作や手工芸などあらゆる作業活動を通じて上肢の機能回復を図ります。また「座る、立つ」などの姿勢バランスを練習しながら日常生活動作(食事、整容、更衣、排泄、入浴など)や家事動作(調理、洗濯、掃除など)を実際に行うとともに、適切な方法の助言を行います。
何らかの原因で運動や精神面に発達障害を持つ子供さんに対して、遊びを通じて発達を促進するよう援助を行います。

言語聴覚療法

言語聴覚療法では、言語障害(失語、構音障害)や嚥下障害に対する検査、評価を行い、効果的な訓練方法を助言して、円滑なコミュニケーションが取れるよう、また安全に食事が出来るよう支援をしています。
脳血管障害や脳外傷など脳の損傷によって生じる注意障害、記憶障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの高次脳機能障害に対して検査や評価を行い、症状に応じた訓練を行ったり、家族をはじめとする周囲の方々に対して高次脳機能障害への対処法を助言したりしています。

ページトップへ