患者さんへのお知らせ

2021年3月4日

日本財団 助成事業による資機材の整備について ②

当センターは日本財団「新型コロナウイルス感染症と複合災害に備えた救急医療施設への緊急支援プログラム」の助成事業により以下の資機材を整備いたしました。




1.ネットワークカメラ・モニタリングシステム 1式
発熱外来の診察・処置室、重症患者対応の初療室等に映像モニタリング用のカメラを設置しモニタリングできるようになりました。
   



2.医療関係者間コミュニケージョンアプリJOINシステム 1式
新型コロナウイルス感染症疑い患者さんの画像診断を迅速に行えるようになりました。



3.安全キャビネット 2式
新型コロナウイルス感染症の検査を安全に行えるようになりました。