臨床指標

日赤医療センタ 病院指標

平成27年度 日本赤十字社医療センター 病院指標

はじめに

 当該指標は、DPCデータから全国統一(厚生労働省指定)の定義と形式に基づいて作成した指標のことで、病院の実績を表す診療実績とは異なるものです。
 当該指標を公開する目的は、地域の皆様に当センターの特徴や急性期医療の現状を理解していただくことであり、当センターでは、このようなデータをもとに更なる医療の質向上に向け取り組みを行っています。


集計条件(詳細はこちら

  1. ・集計対象は、平成27年度(平成27年4月1日~平成28年3月31日)の退院した患者のうち、一般病棟に1回以上入院した患者
  2. ・患者数が10人未満の場合は「 - 」(ハイフン)を表示
  3. ・入院後24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植に関する患者は集計対象外

DPCデータによる病院指標(平成27年度)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

【項目の説明】
  一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)の患者数を示しています。

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2327 223 578 1669 1492 1691 2818 3215 2027 286

年齢階級別退院患者数のグラフ


 当センターは地域の中核病院として幅広い年齢層の方々が受診されます。当センターは中核とする診療機能を「がん診療」、「小児・周産期医療」、「救急医療」、「災害救護」と定めています。平成27年度の総退院患者数は16,326件です。当センターは地域がん診療連携拠点病院であることもあり、60歳代~80歳代の患者さんが多い傾向にあります。また、「周産母子・小児センター」という妊娠・出産・育児の過程において母子の健康を総合的に支援する体制を整えているため、0歳~9歳が3,327件、30歳代が1,669件と多い傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

【項目の説明】
 各診療科における症例数の多い診断群分類(DPCコード)※1について、患者数、当センター及び全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。なお、患者用パスについては任意の掲載となっており、当センターでは現在検討中です。
 ※1 診断群分類(DPCコード)の構成

DPCの構成



診療科名 診療科名 診療科名
化学療法科 皮膚科 消化器内科
小児科 泌尿器科 胃・食道外科
整形外科 産科 肝胆膵・移植外科
脳神経外科 婦人科 糖尿病内分泌科
呼吸器外科 呼吸器内科 大腸肛門外科
小児外科 循環器内科 アレルギー・リウマチ科
眼科 腎臓内科 乳腺外科
耳鼻咽喉科 救急科 新生児科
神経内科 血液内科 緩和ケア科


化学療法科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 39 9.46 13.38 0.00% 68.64
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2:ベクティビックス等(5) 副傷病なし 19 7.26 4.53 0.00% 50.63
040040xx9907xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:アリムタ(7) 18 7.72 12.92 0.00% 68.11
 肺がん、消化器がん、婦人科腫瘍などにおける化学療法や分子標的治療、また症例数の少ない精巣腫瘍・原発不明がん・頭頸部腫瘍に対する治療も積極的に実施しています。
 わが国における死亡原因の第1位は悪性新生物(がん)であり、日本人の2人に1人ががんに罹り、3人に1人ががんで亡くなる時代になりました。特に、他の臓器に転移のある場合や、手術後に再発した場合の多くは完治が難しい状態にあります。化学療法科は分子標的薬剤、免疫療法剤を含めた抗がん剤治療を中心に内科的に様々な側面からがん患者さんを診察します。
 入院治療を行う人の大多数は、初回入院で副作用を確認し、やり方を理解してもらった上で、その後外来での治療に移行します。したがって平均在院日数は短く、また転院率はごく低めです。結腸がんで在院日数が長い理由としては、初回治療目的での入院時にポート埋め込みを先に行うことを一緒にやってしまう、という理由によります。
 緩和治療メインに移行する場合も、在宅医療と協力しつつ、当センターの緩和ケア科とともに患者さんをフォローしていきますので、よほど遠方の人でない限りは、「当センターでの診療を打ち切る」ということはほとんどありません。

トップに戻る

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 15歳未満 処置2なし 215 6.84 5.72 0.00% 2.03
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 副傷病なし 121 7.99 6.31 0.00% 3.36
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く) 1歳以上 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 51 4.08 4.52 0.00% 2.86
 小児科の疾患は多岐にわたり、幅広い領域において的確な診断、治療、管理能力が求められます。当センターの小児科は臨床最前線の病院として夜間休日救急からの入院が3分の1、他院からの紹介・当日外来からの緊急入院が3分の1、検査・処置目的の予定入院が3分の1となっております。肺炎、気管支炎、細気管支炎などの呼吸器感染症が多く、季節によって消化器系感染症、喘息発作が増える傾向にあります。心臓カテーテル検査は年間120件を超え行っておりますが、1歳未満の検査が半数を超えます。また川崎病に関しては日本(世界)でも有数の診療実績があります。

トップに戻る

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) 前方椎体固定等 処置2なし 130 19.45 23.32 14.62% 70.00
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術 処置2なし 107 12.76 18.44 4.67% 72.44
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 副傷病なし 78 20.99 24.95 12.82% 70.10
 当センターの整形外科は、骨・関節整形外科と脊椎整形外科に分かれており、骨関節疾患、脊椎疾患、運動器外傷の3分野が治療の対象となっています。
 当センターで多い症例として、腰椎疾患に対して脊椎固定術の実施した症例(130人)、椎弓形成術などのその他の手術を実施した症例(107人)、股関節疾患に対して人工関節置換術を実施した症例(78人)が挙げられます。
 いずれの手術でも、低侵襲化、早期離床を図り、連携するリハビリテーション病院への転院サポートもしっかりしているため、平均在院日数は短い傾向となっています。

トップに戻る

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 副傷病なし 49 5.06 7.52 8.16% 49.49
010060x099030x 脳梗塞 JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(3) 副傷病なし 40 14.03 18.08 27.50% 72.08
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外) JCS10未満 手術なし 処置2なし 副傷病なし 35 20.26 19.32 57.14% 62.37
 脳神経外科では、救急医療、がん診療、小児脳神経外科を中心に診療しています。
 救急医療では、急性期脳血管障害と重症頭部外傷の外科治療(血管内治療も含む)、がん治療では脳腫瘍や肺がん・肝がん・前立腺がんなどに対して、サイバーナイフ治療を含む集学的治療、小児脳神経外科は周産期センターと協力しての急性期医療を行っています。ここに公表されているデータ(患者数・平均在院日数・転院率・平均年齢等)はあくまでもDPC上のもので、医療機関の地域性・患者の疾病重症度・社会的背景等を度外視したもので、医療機関間で比較検討することは困難と考えています。

トップに戻る

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 処置2なし 58 11.02 13.03 0.00% 67.60
040200xx01x01x 気胸 肺切除術等 処置2なし 副傷病あり 10 11.80 15.77 0.00% 35.00
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり - - 9.46 - -
 1番目の症例で対象となる疾患は、原発性肺がん、転移性肺腫瘍、その他の肺悪性腫瘍となります。入院手術のみで、化学療法や放射線療法を行っていない方が対象となります。
 胸腔鏡下あるいは開胸下に、悪性腫瘍の根治手術として、肺全摘、肺葉切除、区域切除、部分切除で腫瘍を摘出しています。原発性肺がんに対しては、肺門部縦隔リンパ節郭清を追加します。
 平成27年度は、原発性肺がん44例、転移性肺腫瘍22例の手術がありました。
 入院中は肺葉切除術クリティカルパスを適用しています。クリティカルパスでは、前日に入院、翌日手術、術後10日目の退院を予定しています。平均在院日数が11.02日ですので、ほぼクリティカルパスを達成できています。
 2番目の症例の対象となる疾患は、肺気腫などの肺に基礎疾患のある自然気胸や続発性気胸となります。胸腔鏡下に気漏がみられる肺のう胞切除を切除します。肺気腫が強い肺では、切除縫合部から気漏が遷延して入院期間が長くなる傾向にあります。気胸の責任病巣を確実に切除後に、気漏遷延を防ぐため、吸収性の医療用被覆物でカバーするなどの工夫をしています。(肺気腫を併発していない若年者にみられる自然気胸は、このDPCコードには含まれません。)
 3番目の症例の対象となる疾患は、縦隔の良性腫瘍(胸腺腫は含みません)、胸腺の過形成遺残、先天性縦隔嚢胞等となります。
 平成27年度は、気管支嚢胞4例、縦隔奇形腫1例の手術がありました。平均年齢は43.2歳でした。
 気管支嚢胞4例は、いずれも胸腔鏡下に摘出をしました。縦隔奇形腫の方は、胸骨正中切開下に摘出をしました。平均在院日数は7.4日でした。
 いずれの手術にも、術式に応じて手術患者クリティカルパスを適応しています。全ての方が、家庭への退院をしております。

トップに戻る

小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
03001xxx99x2xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法なしかつ放射線療法あり(2) 57 6.61 34.32 8.77% 67.23
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 41 2.54 3.32 0.00% 1.73
11022xxx02xx0x 男性生殖器疾患 陰嚢水腫手術等 副傷病なし 31 2.00 4.80 0.00% 3.90
 1番目に脳神経外科に含まれるはずのサイバーナイフ治療を行った疾患があがっているのは、サイバーナイフ治療を始めた当初診療科コードを誤って小児外科に含まれる設定にしてしまった経緯があり、現在、平成28年度データより脳神経外科に含まれるよう修正済みです。
 実際には最も多いのは鼠径ヘルニア(精索水瘤を含む)であり、昨年の患者数は96例となります。次に多いのは停留精巣・移動性精巣で40例、3位は急性虫垂炎で20例となります。もともと小児外科疾患は多岐にわたっており、扱う疾患の種類は60以上にのぼりますが、それぞれの疾患の発生頻度自体が低いため、新生児外科疾患(食道閉鎖症、消化管閉鎖症、鎖肛、ヒルシュスプルング病など)や肺切除術、胆道閉鎖・拡張症などに対する高難度手術を要する疾患は、DPCのランキングには上がってきません。陰のう水腫(精索水瘤)や停留精巣の手術後は患者さんが1歳未満の場合で1泊、1歳を超えている場合は、当日退院でお帰しできているため、全国の平均在院日数よりかなり短縮できています。停留精巣の中に移動性精巣の患者さんが含まれているため、平均年齢が1.73歳と高めになっていますが、停留精巣のお子さんには原則として1歳±2ヶ月での手術をお勧めしています。

トップに戻る

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 56 5.30 9.57 0.00% 58.71
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 処置1:水晶体再建術 処置2なし 15 3.07 7.99 0.00% 69.80
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 - - 11.08 - -
 眼科では、白内障術を含め、眼科手術は可能な限り、日帰り、または短期入院での治療に取り組んでおります。
 緑内障手術は入院手術の中では白内障手術に次いで多く、平均在院日数は5.30日と全国平均より短くなっています。術後経過の良好な症例についてはプロトコルに従った処置を行い、その後は速やかに外来での経過観察を行っていることが理由として考えられます。
 網膜硝子体手術は手技の低侵襲化に伴い、症例によっては日帰り手術での対応も可能となり平均在院日数が全国平均より短くなっています。

トップに戻る

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 43 5.12 7.76 0.00% 56.19
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 41 6.68 8.20 0.00% 12.37
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 26 2.62 3.28 0.00% 8.08
 平成27年度は鼻内内視鏡手術44例、内視鏡下上顎洞含歯性嚢胞(EMMM)5例、内視鏡下前頭洞手術(DrafⅡbまたはⅢ)5例、涙嚢鼻腔吻合術5例、外鼻形成2例、後鼻神経切断22例を内視鏡下副鼻腔手術として施行しました。平均在院日数は全国平均よりも短期になっています。これは鼻中隔矯正術を施行した場合は鼻内パッキングを術後2日間で抜去し、3日目に退院(入院日数5日)し、鼻中隔矯正術を施行せず、鼻内パッキング抜去が不要な症例ではこれより早く退院となります。
 扁桃摘出(+アデノイド切除)は低年齢での睡眠時無呼吸と慢性扁桃炎(扁桃炎で発熱を反復する場合)に施行しています。約1週間程度の入院となります。
 小児で滲出性中耳炎または反復性中耳炎にて鼓膜チューブ留置が必要な場合(かつ外来でのチューブ留置が困難な症例)は全身麻酔下に鼓膜チューブ留置を施行しています。術前日入院、全身麻酔下チューブ留置し、その日に退院するため入院期間は2日程度となります。

トップに戻る

神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし 21 13.38 21.69 19.05% 84.43
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 処置2なし 副傷病なし 13 15.85 19.00 15.38% 80.69
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし - - 18.08 - -
 神経内科で診療にあたる主な疾患は、脳血管障害、認知症、パーキンソン病などの神経変性疾患、多発性硬化症や重症筋無力症といった神経免疫疾患など慢性疾患の方が多く、診療は外来が中心となっています。これらの患者さんが入院のきっかけとなる疾患としては誤嚥性肺炎などの合併症が多く、DPCコードによる入院病名の統計では上位となっています。また急性期脳卒中などはDPCコードに影響する処置などにより細分化されているため、統計の上位には表れにくいものと思われます。
 下記に神経疾患という観点で仕分けした入院実績(平成27年度)を記載しております。
 脳血管障害35名(発症7日以内30人)、神経変性疾患47人(パーキンソン病29人、他のパーキンソニズム(進行性核上性麻痺など)7人、その他11人)、認知症疾患32人(アルツハイマー型認知症13人、その他疾患(レビー小体型認知症など)19人)、免疫性中枢神経疾患(多発性硬化症、脊髄炎など)11人、末梢神経疾患(ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱随性多発神経炎(CIDP)など)10人、筋疾患(筋炎、重症筋無力症など)12人、神経感染症(脳炎、髄膜炎)および脳症14人、てんかん15人、その他32人。
 当科では、外来は神経変性疾患や認知症疾患、入院に関してはてんかん、脳炎、髄膜炎といった神経救急疾患の診療に力を入れています。

トップに戻る

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 17 5.94 8.97 0.00% 73.29
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし 11 3.18 4.38 0.00% 45.00
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 10 9.20 11.97 0.00% 67.40
 皮膚科では、帯状疱疹やイボなどのウイルス性疾患、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性皮膚疾患、ホクロや皮膚がんなどの皮膚腫瘍、水虫やトビヒなどの真菌・細菌疾患及び遺伝性難病など多彩な疾患を取り扱っています。それに加え、毎週火曜日午後に皮膚潰瘍の治療を目的とした「創傷センター」の外来診療も行っており、重症例は入院加療します。
 DPCの公表データの中で、帯状疱疹の平均在院日数が全国平均より短くなっていますが、平均年齢は73.29歳で高齢者の入院が多いです。高齢者は合併症も多く、帯状疱疹に対する治療の副作用も出やすく注意が必要ですが、早期から神経痛への十分な対応を行い、副作用も未然に防いでいることが早期退院、外来フォローに繋がっていると解釈しています。皮膚の良性新生物摘出術11症例の内容は、巨大な脂肪腫で局所麻酔では摘出困難な症例、足底部の病変で術後の安静が望ましかった症例、乳幼児の手術で麻酔科医管理が安全と判断された症例などがあります。急性膿皮症の中には、糖尿病や血液疾患合併症例や血液透析症例が含まれていますが、早期にデブリードメントや排膿処置を実施することで重症化を防いだ結果、平均在院日数が全国平均より短くなっています。
 DPCで公表されているものを含めて平成27年度は、100名近くの患者さんが入院治療を受けました。その中には重症の皮膚潰瘍・糖尿病性壊疽14名、皮膚悪性腫瘍11名、中等度~重症の薬疹4名などが含まれますが、いずれも治療経過は良好で退院・社会復帰されています。

トップに戻る

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 58 6.34 7.59 0.00% 72.55
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 処置2なし 29 11.83 14.03 0.00% 68.21
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 処置1なし 副傷病なし 26 5.00 5.91 0.00% 59.46
 泌尿器科は、腎、尿管、膀胱、前立腺、精巣などの悪性疾患や、前立腺肥大症、尿路結石、排尿障害などに対する診断と治療にあたっています。
 社会の高齢化と相まって前立腺がんが増加傾向にありますが、当センターでは、前立腺がんに限局したがんについて、積極的に手術治療を行っています。当センターは、ロボット支援前立腺摘除術、腹腔鏡下小切開前立腺摘除術、どちらもお選びいただけます。患者さんの平均在院日数は、全国平均値より短くなっております。
 表在性膀胱腫瘍に対して内視鏡切除、転移がない筋層浸潤がんに対して根治を目指した膀胱全摘+尿路変更手術を行っています。患者さんの平均在院日数は、全国平均値より短くなっております。
 腎がん・腎盂がんでは、早期がんに対して積極的に腹腔鏡手術を行っています。小径(4cm以下)の腎がんに対しては、腎機能温存のため、腎部分切除術(腫瘍部分だけを切除する手術)を行っています。当センターは、ロボット支援腎部分切除術、腹腔鏡下小切開腎部分切除術、どちらもお選びいただけます。
 尿路結石では、ホルミウムレーザー砕石装置を用いた内視鏡手術を積極的に行っています。患者さんの平均在院日数は、全国平均値より短くなっております。
 当科ではDPC対象でないため上表には掲載されませんが、生体腎移植も行っており、腎臓内科と協力し、腎不全に対する根治治療法である腎移植を行っています。

トップに戻る

産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 240 8.80 9.94 0.00% 35.96
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 処置2なし 215 21.98 20.87 1.40% 33.68
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 214 8.54 9.63 0.00% 34.98
 母子の安全を前提とし、自分らしく満足のできるお産をサポートしています。「赤ちゃんにやさしい病院」として母乳育児に積極的に取り組んでいます。東京都指定総合周産期母子医療センター及び母体救命対応周産期センターとして地域の周産期救急搬送に対応しています。
 上位3コードにおける症例は切迫早産や胎児ストレスの生化学的異常を合併する分娩(いわゆる胎児機能不全)、続発性陣痛微弱により分娩管理や分娩に至る症例となります。
 平均年齢はいずれも35歳前後と高くなっていますが、当センターでの妊産婦の年齢は約半数が35歳以上となっています。
 転院率はほぼゼロで、当センターにて治療ができず転院となることはほとんどありません。切迫早産で他院から搬送され治療後に元の施設に戻る場合が転院例に含まれています。
 正常な自然分娩には健康保険が適用とならずDPC対象とならないため上表には掲載されません。ちなみに2015年における妊娠22週以降の分娩総数は3,208件となっています。

トップに戻る

婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 108 9.13 10.18 0.00% 44.31
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 82 6.34 6.50 0.00% 36.79
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 59 6.61 6.34 0.00% 38.20
 婦人科は、子宮がんや卵巣がんなどの悪性腫瘍、子宮筋腫や卵巣嚢腫などの良性腫瘍の他、性感染症などの炎症性疾患、不正出血や月経不順、月経に伴う症状、不妊、更年期症状、中高年女性のヘルスケアなど女性特有の疾患全般を対象としています。このうち、入院加療が必要である疾患として上表上位3つは手術を必要とする子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症が対象となります。
 平均在院日数は全国平均とほぼ同じあるいは1日程度短く、順調な経過で退院になっている場合がほとんどとなっています。また、転院率は0%であり自院にて診療を完結することが可能となっています。
 このほかに悪性腫瘍に対する治療として手術療法、化学療法、放射線療法などを組み合わせ、副作用が少なく効果が得られるよう工夫しています。

トップに戻る

呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 15歳以上 手術なし 処置2なし 82 13.52 14.34 3.66% 73.73
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 74 11.54 13.38 0.00% 68.54
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:気管支鏡検査、気管支カメラ等 処置2なし 副傷病なし 54 5.22 3.29 0.00% 70.35
 肺炎については感染症科と合同でカンファレンスを行い早期に的確な診断を下し適切な治療を行うよう努めています。内服薬の抗生剤の開発が進み若年者では外来で治療可能な肺炎が増えていますが、ご高齢の方は基礎疾患も多く、入院加療が必要となることも多くなります。嚥下機能の低下に伴う誤嚥性肺炎も多く嚥下機能の評価や肺炎球菌ワクチン、呼吸リハビリ等による予防にも力を入れております。
 肺がんの診断、治療は近年、目覚ましく発展しており、その予後も大きく改善しました。肺がんの治療はがんの種類や遺伝子異常により異なるため、より正確な診断が必要となります。
 当科では、気管支鏡検査、超音波内視鏡、CTガイド下肺生検などにより的確な診断に努めております。

トップに戻る

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 193 3.39 3.07 0.00% 65.77
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1なし 処置2なし 182 6.55 4.87 0.00% 68.39
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 47 17.36 18.30 0.00% 79.77
 当院での冠動脈インターベンションの入院は、各症例毎に希望に合わせ1回の入院で複数回の治療を行う事が多い為、平均在院日数はやや長めになっています。1回の治療のみの入院は3泊4日、診断検査のみでは2泊3日の入院で行っています。
 年間のカテーテル検査治療関連件数は850件。冠動脈形成術はこのうちの約300件程を施行しています。
 熟練した医師、看護師、技師が入院検査をサポートしている為、心不全入院は全国平均より在院日数が短くなっています。適切な治療で早期退院を心がけています。

トップに戻る

腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2:腹膜灌流 連続携行式腹膜灌流(2) 副傷病なし 91 4.87 9.81 0.00% 70.27
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 85 8.35 13.64 0.00% 62.45
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1:経皮的針生検法 副傷病なし 33 5.58 7.47 0.00% 49.39
 当科では、腎疾患患者さんの急性期から慢性期まで幅広く診療を行っており、院内の他診療科との連携も緊密に行い、全ての疾患に対応可能となっております。また、腎疾患は慢性疾患であることが多いことから、病院外の生活支援も重要となってきます。このため、医師のみならず、他職種協働でのチーム医療と地域医療連携を重視し、地域一体型での腎疾患ライフの支援を行っております。
 DPC上最も多い症例は末期腎不全の連続携行式腹膜潅流です。腹膜平衡試験及びそれに同期した教育入院をしており、クリティカルパス化しているため入院期間が短期となっています。
 次に、末期腎不全、IgA腎症、腎盂腎炎などの疾患に対しては地域と連携して継続治療としており、入院期間は比較的短くなっています。
 腎生検も同様にクリティカルパス化しているため短期入院となっています。
 当科の退院患者の実績は、末期腎不全195名、糸球体腎炎・ネフローゼ症候群37名、腎盂腎炎33名、IgA腎症37名、透析シャント関連27名等の入院診療実績があります。

トップに戻る

救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 処置2なし 副傷病なし 32 1.56 3.58 3.13% 34.13
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 処置2なし 22 2.09 3.71 9.09% 37.95
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 10.02 - -
 当救急科の診療は「救命救急センター」で行われる様々な救急疾患の病態を対象としているため、通常の診療科における疾患群とは異なり、それぞれの疾患が生み出す「症候・病態から診療を始めて疾患の診断をする」という特徴を有しています。それため、救急科とその病態の根源をなす臓器別疾患の専門診療科との協働診療により診断した疾患を専門診療へと連携するのが特徴となっています。また、救急科の診療の特徴は複数専門診療科の関わる複雑病態や多発外傷などの集中治療を含めた急性期診療であることも特徴となっています。
 そういった意味では当救命救急センターで行われているそれぞれの重篤疾患の総数(厚生労働省による「救命救急センター充実度評価」)が当救命救急センターならびに当科の実績として明確に提示できるものと考えています。
 総括すると、当センターの救命救急センター(救急科)は重篤な病態を呈した患者さんを受け入れて病態の改善とその原因疾患の診断に注視して集中的な治療を行い、それぞれの疾患の専門診療は診療各科の専門性に従い引き続き診療を提供することで患者さんの命を守り、社会復帰を目指しています。当センターですべての診療が完結するわけではなく、当センターならではの専門診療の提供をもとに、患者さんの居住する地域の医療機関と連携して今後の医療のあるべき姿を構築して患者さんの安全を確立できるよう努力しております。

トップに戻る

血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
100370xx99xxxx アミロイドーシス 手術なし 218 8.45 14.15 0.46% 65.48
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 処置2:化学療法(2) 65 33.05 43.59 1.54% 49.91
130040xx99x50x 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 処置2:ベルケイド等(5) 副傷病なし 61 21.48 24.78 3.28% 65.38
 血液内科では、常時50~60名の患者さんが入院されています。
 当センターでは、特に多発性骨髄腫とALアミロイドーシスについて全国から患者さんが訪れており、全国有数の基幹病院となっているため、それらの症例件数が多くなっているのが特徴です。
 自家末梢血幹細胞移植とは、あらかじめ自分の造血幹細胞を採取しておいた幹細胞を用いて大量の抗がん剤を投与した後に幹細胞を戻す治療を言います。平成27年度に自家末梢血幹細胞採取した件数は30例となっております。一般的には2回分の自家末梢血幹細胞移植を行えるだけの幹細胞を採取・保存できることが多く、実際には37例に移植を行いました。平成26年にも37例に自家末梢血幹細胞移植を施行しており、「日本における造血幹細胞異色 平成27年度 全国調査報告書」によると、全国で最も多くの自家末梢血幹細胞移植を行った施設となっております。特に当センターでは、同種造血幹細胞移植も必要な患者さんに対しては積極的に行っており、平成26年度は21例、平成27年度は11例に同種移植を行いました。

トップに戻る

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 処置1なし 処置2なし 86 7.36 9.02 0.00% 71.29
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 85 9.96 10.93 5.88% 75.33
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術 処置2なし 66 11.08 11.98 4.55% 72.68
 消化管領域では逆流性食道炎、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎、機能性胃腸症(FD)、過敏性腸症候群(IBS)、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)に診断・治療、悪性疾患(食道がん、胃がん、大腸がん等)の早期発見と早期がんに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、進行がんに対する抗がん剤治療を行っています。
 肝領域では、肝がん(肝細胞がん・転移性肝がん)に対する経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)、経皮的冠動脈塞栓術(TAE)、サイバーナイフ治療、動注化学療法等にて対応しています。ウイルス性肝炎(B型・C型)に対する治療法として、従来のIFNを中心とした治療法はほぼなくなり、DAA(Direct Acting Antivirals)と呼ばれるウイルスに直接作用する経口薬による副作用の少ない画期的な治療法が主流となっております。
 胆膵領域では、総胆管結石、胆管胆嚢炎、膵炎・膵がんの治療、閉塞性黄疸や悪性消化管狭窄のステント治療を行っています。研究分野では、慢性肝炎に対するインターフェロン治療(IFN治療)、肝細胞がんの治療の治験、胆膵領域の悪性腫瘍治療、消化管ポリープ、逆流性食道炎などについて、東大消化器内科各グループと共同研究をしています。
 患者数は漸増傾向、平均在院日数はクリティカルパス使用等の工夫により全国平均より短縮しています。肝領域の悪性腫瘍は終始入院外来に当院で完結することが多く、胆石、胆のう炎、肝のう瘍等一過性の治療で終結する疾患は一部転院します。年齢は年々高齢化傾向となっています。
 2015年実績といたしまして、外来患者数は約38,575人、延べ入院患者数は約14,823人でした。主な治療症例数は、消化管領域では、上部消化管内視鏡8,165例、経鼻内視鏡243例、下部消化管内視鏡4,049例、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)77例(食道5例、胃36例、大腸36例)、内視鏡的粘膜切除術(EMR)593例(上部5例、大腸588例)。肝臓領域では、ラジオ波焼灼療法(RFA)87例、経皮的肝動脈塞栓術(TAE)120例、C型肝炎に対するインターフェロンフリー治療200例、B型肝炎に対するアナログ70例。肝膵領域では、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)506例、経皮的肝胆道ドレナージ(PTBD)166例、超音波内視鏡検査(EUS)169例、消化管テスト7例、超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)63例、EUS-インターベンション13例でした。

トップに戻る

胃・食道外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む) 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 36 10.00 9.95 0.00% 67.28
060020xx99x5xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 処置2:ハーセプチン(5) 27 4.48 6.50 0.00% 67.96
060010xx01x1xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む) 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの(胸腔鏡下によるものを含む)等 処置2:人工腎臓等(1) 18 32.44 38.26 0.00% 68.94
 胃・食道外科は主に胃と食道の疾患に対し治療を行っています。
 胃、食道どちらも多くが悪性腫瘍に対する治療となっており、手術、化学療法、放射線療法を必要に応じて選択または併用し治療しております。
 表上、1番目が食道悪性腫瘍に対する化学療法となっております。2番目が胃悪性腫瘍に対する化学療法となっております。化学療法の副作用に対する対処をすることにより、全国平均在院日数よりも短い在院日数となっております。3番目は食道悪性腫瘍の手術となっております。平成27年度の食道悪性腫瘍の手術件数は21例でした。食道悪性腫瘍の手術は手術範囲が広い(頸部~腹部)ので身体的負担も大きく全国平均より在院日数が長くなっていますが、合併症の頻度を抑えることで全国平均より在院日数は短くなっております。

トップに戻る

肝胆膵・移植外科  
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術 処置2なし 111 11.58 11.98 2.70% 68.63
060060xx99x30x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(3) 副傷病なし 87 3.13 7.94 0.00% 66.64
060050xx02x1xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 肝切除術 部分切除等 処置2:人工腎臓等(1) 74 27.07 21.05 0.00% 66.50
 肝胆膵・移植外科では、主に肝臓、胆嚢・胆管、膵臓の疾患に対する診療を行っております。悪性腫瘍に対する手術治療がその中心でありますが、手術適応を判断するための精査、黄疸処置などの術前管理、術前処置としての肝動脈化学塞栓術や門脈塞栓術などの処置(手術)などを入院にて行う場合もあります。手術困難とされた場合も、化学療法や放射線療法などを行っており、治療困難となった場合も、緩和ケアを中心とした終末期医療を行っております。各検査および治療に際しては、消化器内科、放射線科、緩和ケア科など、関連する他科とも連携をとりつつ診療を行っております。また、胆嚢結石を始めとする良性疾患に対する診断・治療も行っております。
 上記の表上では、1番目と2番目は肝細胞がんに対する肝動脈化学塞栓術や転移再発症例に対する化学療法などを示しております。化学療法は短期入院での反復治療を行っている場合が多いために、平均在院日数は全国平均よりも短くなっております。悪性疾患に対して行われる手術の中では、肝部分切除を行った場合が一番多く、上記の3番目に上げられております。当センターで行われている肝部分切除は、通常よりも切除箇所が多かったり、切除方法が複雑であったりする場合が多いためか、平均在院日数は全国平均よりも長くなっております。
 また、当センターでは生体肝移植も行っておりますが、上記データには含まれておりません。

トップに戻る

糖尿病内分泌科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) 168 11.89 15.35 2.38% 64.04
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 20 8.35 6.55 0.00% 54.65
100060xxxxxxxx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) 12 12.33 14.30 0.00% 63.58
 糖尿病・内分泌疾患すべての領域を対象として専門診療を行っています。特に糖尿病は生活習慣病の代表的な疾患であるため、近隣の医療機関と連携しつつ、医師と病院内の多くの職種から構成される糖尿病ケアチームによって長期的な展望に立った診療を心がけ、かつ、急性期にも対応できるように工夫しています。
 さらに、当科は甲状腺疾患や下垂体疾患、糖尿足病変等、高度に専門性を必要とする疾患にも対応しています。
 上記の副腎皮質機能亢進症等の件に関しては、より性格で精密な診断を実施しているため在院日数が全国平均より長くなっています。
 2型糖尿病の治療に関しては、生活の質を維持して再入院を避ける目的で、医師、看護師だけでなく管理栄養士、薬剤師、運動療法士など多職種で構成するチームで患者さんをサポートする体制を整えています。そのため、当院では在院日数が全国より短くなっています。

トップに戻る

大腸肛門外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置1なし 処置2なし 69 13.13 17.41 1.45% 67.64
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 処置2:ベクティビックス等(6) 副傷病なし 38 2.66 4.51 0.00% 57.24
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 処置2なし 副傷病なし 36 15.22 18.36 0.00% 67.83
 大腸肛門外科では、大腸がんの診断から治療までを主体に診療を行っております。大腸がんの治療に関しては、腹腔境下手術をはじめとする低侵襲治療と特に直腸がんに対する肛門温存を含めた機能温存手術を、根治性を損なうことなく安全に施行することを心がけております。また、手術単独ではなく、化学療法、放射線療法との併用を中心とした集学的治療にも注力し、治療成績の向上を目指しております。大腸がんの診断から治療そして終末期医療まで放射線科、化学療法科、緩和ケア科など関係する他科との連携を積極的にはかり、患者さん個々の病状や要望に最適な治療を行っております。再発大腸がんに関しても専門的知識のもとで積極的切除を目指し、切除不能な場合でも集学的治療での対応を行っております。大腸がん以外の疾患に関しては、内外痔核などの肛門疾患、鼠径ヘルニア、そして大腸腫瘍に対する内視鏡治療等を行っております。
 大腸がん手術に関しては、2015年度は結腸がん98例、直腸がん72例の手術を施行いたしました。特に2015年度後半より診療体制の変更により腹腔境下手術を中心に行っております。同手術は、低侵襲で合併症も少なく、術後の早期回復に貢献しており、高齢な患者さんも増加しておりますが、平均在院日数は全国平均を直腸がんで約3日、結腸がんでは4日以上下回っております。

トップに戻る

アレルギー・リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 処置2なし 52 16.15 18.15 5.77% 57.38
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし - - 20.63 - -
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 14.34 - -
 アレルギー・リウマチ科では関節リウマチなどの関節炎疾患、全身性エリテマトーデスなどの膠原病やANCA関連血管炎などの血管炎症候群を対象として、検査・診断と主に薬剤による治療を行っています。ステロイド治療の投与量や投与期間の適正化を行うことで、在院日数は全国平均より短くなっています。治療薬の副作用に留意して可能な予防策を講じることにより、肺炎などの併発症による再入院を減らしています。

トップに戻る

乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 処置2なし 45 7.29 6.79 0.00% 59.02
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 処置2なし 39 11.03 10.37 0.00% 59.69
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む))等 処置2なし 19 10.53 11.63 0.00% 64.74
 乳腺外科では乳癌の手術を主に行っています。その他に手術以外の治療(放射線療法、抗がん剤治療、ホルモン療法)となる乳がん症例や、乳房再建術を行う症例、良性腫瘍摘出術を行う症例が対象となっております。
 乳がんの手術では、乳房温存療法が主流であり、当院での乳房温存率は60%となっています。外科的治療以外の放射線療法、抗がん剤治療、ホルモン療法は一人一人患者さんの状況(病状、年齢、挙児希望の有無など)に応じて組み合わせ、治療を行っております。乳房切除術と温存療法はほぼ半数ずつとなっており、乳房同時再建、乳頭乳輪再建も行っています。
 平均在院日数はほぼ全国平均レベルと考えています。

トップに戻る

新生児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 2500g以上 手術なし 処置2なし 副傷病なし 367 4.70 6.17 4.09% 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 1500~2499g 手術なし 処置2なし 128 13.99 11.59 2.34% 0.00
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 2500g以上 手術なし 処置2:中心静脈注射等(1) 58 11.90 12.67 3.45% 0.00
 当センターでの院内出生数は3,400例あり、新生児科入院となる症例は約600例となっています。院外出生の低出生体重、呼吸障害、酸素化不良、仮死などを加えると1,000例を超える入院を扱っています。出生体重2,500g以上での入院367例の多くは高ビリルビン血症、点滴確保の症例58例の多くは呼吸障害合併時でした。極低出生体重児(出生体重1,500g未満)の入院数は83例、このうち1,000g未満の超低出生体重児は44例でした。この中には500g未満の入院例6例が含まれ全例救命できています。

トップに戻る

緩和ケア科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 16 30.31 15.00 6.25% 71.75
060040xx99x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.24 - -
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 10.55 - -
 当センターは区西南部(渋谷区、世田谷区、目黒区)を中心とした、緩和ケア病棟のあるがん診療拠点病院であり、緩和ケア科は「緩和ケアチーム」、「緩和ケア病棟」、「緩和ケア外来」を通じて緩和ケアの提供を行っています。
 緩和ケアチームでは、がん性疼痛のほか、呼吸困難、倦怠感、悪心・嘔吐、食欲不振、気持ちの落ち込みやイライラ、今後の療養についてのご相談など患者やご家族の問題に幅広く対応しています。また、緩和ケア病棟、一般病棟の入院にかかわらず必要に応じて神経ブロックなどの専門的な治療も行っています。
 緩和ケアチームの以来件数(実患者数)は307人、延べ加算算定件数は4,026件でした。
 緩和ケア病棟の患者数は219人、平均在院日数は30.6日でした。
 緩和ケア病棟では、医師や看護師、薬剤師、心理士による心身のケアに加えて、管理栄養士による患者さんの嗜好性や嚥下機能、腸内環境の改善を目指した食事についても積極的に取り入れています。
 緩和ケア病棟では、音楽療法士やハープセラピストによるスピリチャルケアやリラクゼーションのためのケアが定期的に提供されています。また、病棟の設立当初よりボランティアがラウンジでのくつろぎの時間のお手伝いや、病室でのアロママッサージなどを提供しています。
 緩和ケア外来では、院外、院内からの緩和ケア病棟への登録のための初心外来の他、緩和ケア病棟からの退院患者や緩和ケアチーム診療患者の退院後フォローアップ、外来での症状緩和依頼などに対応しています、緩和ケアの初診外来患者数は334人でした。

トップに戻る

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
【項目の説明】
  1. ・5大癌:
  2.   日本でのがんの罹患や死亡が顕著である胃がん、大腸がん(結腸、直腸)、肝がん、肺がん、乳がんを主要5大がんとしています。
  3. ・UICC病期分類(ステージ):
  4.   国際対がん連合(UICC)の定めるTNM分類(腫瘍の拡がり、リンパ節への転移、他の臓器への転移)に基づき、がんの病期(ステージ)が決定されます。
  5. ・初発:
  6.   当該腫瘍の診断、診断と初回治療、初回治療を実施した場合を指します。
  7. ・再発:
  8.   当センター・他施設を問わず、初回治療が完了した後、当センターで診療した場合や、治療寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 45 - 10 81 22 46 1 7
大腸癌 60 37 56 90 66 340 1 7
乳癌 66 24 - - - 19 1 7
肺癌 55 22 62 150 61 141 1 7
肝癌 13 19 27 31 113 256 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当センターは、地域がん診療連携拠点病院に指定されており、専門的ながん医療及び緩和ケアの提供、地域のがん診療の連携協力体制の構築、がん患者に対する相談支援及び情報提供等を行っています。
 「初発」について、全がんともにStageⅠ~Ⅲまでは手術をしている患者さんが多く(肝がんについては経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)等の根治術を含む)、StageⅣに進むにつれて、手術ではなく化学療法や放射線治療などの治療を行っている患者さんが多くなります。
 大腸がんに関しては、ごく早期のがんに関しては内視鏡下切除で対応し、それ以降の病期のものに関しては積極的に外科治療を行っております。高齢者や合併症の多い患者さんが増加しておりますが、術前の診断を的確に行い、患者さん個々の病状や要望に適切な治療を行っています。StageⅣであっても根治の望める症例には外科治療を行います。症例によっては外科治療単独ではなく化学療法や放射線治療と組み合わせた集学的治療により根治度の確保や機能温存を図っています。
 肺がんでは早期の肺がんではありながら併存症のためなどにより手術が困難な患者さんへの治療として、サイバーナイフによる治療を行っています。原発性肺がんにおいては、およそⅠ~ⅢA期を手術の対象としています。したがって、初発の方のおよそ1/3の方が根治手術の適応となります。手術の対象とならない、ⅢA期以降の方は、化学療法と放射線治療を組み合わせた治療、あるいは、それぞれを単独で行っています。
 「再発」について、胃がん、大腸がん、肺がんの3つは化学療法目的に再入院している患者さんが多く、肝がんについては「肝動脈塞栓術(TAE)」「肝動脈化学塞栓術(TACE)」「肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(RFA)」を施行している患者さんが多いです。
 StageⅢ~Ⅳや再発症例で他施設では治療が難しい症例についても、当センターでは積極的な治療に取り組んでいます。
 治療の早期から、緩和ケアを希望される方には、緩和ケアチームでの介入を実践しています。

トップに戻る

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

【項目の説明】
 成人(20歳以上)の市中肺炎につき、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示します。
 市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎をいいます(誤嚥性肺炎、ウイルス性肺炎、インフルエンザ等は除外)。
 重症度分類は、市中肺炎ガイドラインによるA-DROPスコアを用いており、重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類しています。

【定義】
  1. A-DROPスコア(身体所見・年齢による肺炎の重症度分類)
  2. ① 男性70歳以上、女性75歳以上
  3. ② BUN21mg/dl以上又は脱水あり
  4. ③ SpO2 90%以下(PaO2 60torr以下)
  5. ④ 意識障害あり
  6. ⑤ 血圧(収縮期)90mmHg以下

 ※ 5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点となります。

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 28 9.89 54.11
重症度 1 33 12.15 71.39
重症度 2 32 14.31 82.75
重症度 3 12 15.50 83.50
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -

成人市中肺炎の重症度別患者数のグラフ


 当センターの成人市中肺炎の多くは重症度0~2の患者さんとなっています。平均年齢が上がるにつれて、重症度が高くなっています。

トップに戻る

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

【項目の説明】
  最も医療資源を投入した傷病名のICD10別(G45$、G46$、I63$、I66$、I675、I679)に集計しています。
脳梗塞の発症日から「3日以内」「その他」に分けた数値、脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しました。

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 19 5.63 68.21 4.17%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 113 19.57 73.13 30.88%
その他 23 19.52 68.96 5.88%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 16 5.56 70.63 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

脳梗塞のICD10別患者数のグラフ



年齢階級別ICD10別患者数のグラフ


 当センターの脳梗塞患者さんの総数は195件、平均年齢は69.97歳で、平均在院日数は16.02日となっています。
 ICD10別の病名に分類すると、「脳動脈の血栓症による脳梗塞(I633)」が49件(25%)と最も多くなっています。
 特に重症な患者さんの治療に関しては救急科と連携し、救命救急センターおよび脳卒中集中治療室(SCU)での急性期治療を行っています。

トップに戻る

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

【項目の説明】
  診療科別に手術件数の多い順に3術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
なお、患者用パスについては任意の掲載となっており、当センターでは現在検討中です。
入院中に行った手術のうち、1番最初に施行した手術のみをカウントしています。

【定義】
  手術術式点数表コードによる集計でありますが、輸血関連(K920$)、創傷処理等の軽微な手術を除外しています。

診療科名 診療科名 診療科名
小児科 放射線科 血液内科
整形外科 泌尿器科 消化器内科
脳神経外科 産科 胃・食道外科
呼吸器外科 婦人科 肝胆膵・移植外科
心臓血管外科 呼吸器内科 大腸肛門外科
小児外科 循環器内科 乳腺外科
眼科 腎臓内科 新生児科
耳鼻咽喉科

小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K300 鼓膜切開術 18 2.28 4.83 0.00% 1.00
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) その他のもの 等 - - - - -
K5761 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの - - - - -
 小児科入院中専門他科の協力で行う手術としては、発熱の原因が急性化膿性中耳炎と診断され行う鼓膜切開術が18例と多くありました。心臓外科が行う心内修復術では病名が多岐にわたりますが単独病名としては心室中隔欠損閉鎖術が10例程度ありました。(症例数は少ないのですが、先天性心疾患中最重症である左心低形成症候群に対しては多段階手術を行い7割を超える例で最終手術に達しています。)年間120例程度行っているカテーテル検査において治療手技が含まれるものは3分の1あり、コイルなどによる血管閉塞術は10件程度行われています。

トップに戻る

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 等 162 3.15 16.78 20.99% 70.27
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 等 140 2.55 12.64 15.71% 70.77
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 等 96 2.41 17.81 13.54% 71.35
 整形外科センター(脊椎整形外科と骨・関節整形外科)において多く実施された手術の代表的疾患と術式を示します。
 脊椎の後方椎体固定術(162例):腰部脊柱管狭窄症に対する後方椎体間固定術(PLIF,TLIF)
 脊椎の椎弓形成術(142例):頚椎症性脊髄症に対する棘突起縦割式椎弓形成術、腰部脊柱管狭窄症に対する(日赤式)環納式椎弓形成術
 人工関節置換術(96例):変形性股関節症に対する人工股関節全置換術、変形性膝関節症に対する人工膝関節全置換術
 術後の回復状態や見込みに応じて、リハビリテーション継続のために転院して頂く場合もありますが、早期に自宅に帰って社会復帰されている患者さんも少なくありません。

トップに戻る

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 43 2.02 10.35 20.93% 76.98
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 等 28 6.29 26.86 21.43% 58.79
K1742 水頭症手術 シャント手術 等 23 4.04 22.13 21.74% 34.17
 手術件数はその地域の疾患罹患率によって規程されます。そのために、脳神経外科では、どこの医療機関でも慢性硬膜下血腫の手術件数が多いのが実状となっています。
 当科の特徴としては、サイバーナイフによる脳腫瘍治療に積極的に取り組んでいることを反映して、脳腫瘍患者が集まる傾向があります。そのために、脳腫瘍の開頭術が比較的多いと言えます。また、小児水頭症と脳卒中後遺症の水頭症が多いのも当科の特徴となっています。

トップに戻る

呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 等 42 1.86 10.76 0.00% 68.48
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 等 15 2.53 5.47 0.00% 64.80
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 等 14 4.57 5.21 0.00% 37.00
 1番目の手術で対象となる疾患は、原発性肺がん、転移性肺腫瘍となっています。
 原発性肺がんにおいては、主にⅠ期肺がんを胸腔鏡下手術の適応としています。転移性肺腫瘍においても、一葉内に転移が多発している場合、肺門部に近い場合などがこの手術の対象となります。
 入院中はクリティカルパスを適応しています。手術前日に入院、術後10日目の退院を計画していますので、おおよそパスが達成できています。
 術後は、病棟で呼吸器リハビリテーションを行い、全員の方が、家庭への退院を達成しています。
 2番目の手術で対象となる疾患は、主に転移性肺腫瘍となっています。全体では、転移性肺手術は22例ありました。結腸がん・直腸がんからの転移が最も多く10例でした。
 肺の切除範囲が小さいので入院日数も短くなります。入院中は患者パスを適応しています。全員の方が家庭への退院を達成しています。
 3番目の手術で対象となる疾患は、主に若年者の自然気胸となっています。突然発症し入院治療となることがほとんどとなります。
 胸腔ドレナージ等の保存的治療で治癒する方も多いですが、治療開始後数日しても治癒傾向の見られない場合に手術となります。従って、術前在院日数が長くなります。手術に際しては、胸腔鏡手術パスを適応しています。手術後は、約80%の方が6日以内に退院しています。

トップに戻る

心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6171 下肢静脈瘤手術 抜去切除術 10 1.00 1.00 0.00% 67.60
K6146 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 等 - - - - -
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの) - - - - -
 下肢静脈瘤の外科的治療は、静脈弁の逆流を起こした静脈を抜去または結紮することが基本です。近年、静脈内にカテーテルを挿入して血管内から逆流している静脈を焼灼して閉塞させる治療が普及しつつあります。カテーテル治療の利点は創が少ないこと、軽い麻酔で行うので日帰り治療が可能なことなどですが、一方で難点は複雑に蛇行した血管には対応しづらいこと、日帰り治療に特化したクリニックでは合併症に対応できない場合があることなどです。
 当センターではこうしたクリニックで対応しにくい症例の治療を中心に行いますので、手術は麻酔科の管理のもと、主に脊椎麻酔で行います。手術前日に入院、手術の翌日に創の状態などを確認した後退院となるので、2泊3日の入院期間が標準となります。

トップに戻る

小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等 49 1.00 0.51 0.00% 2.76
K836 停留精巣固定術 44 1.00 0.36 0.00% 1.91
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア 18 1.00 1.11 0.00% 2.11
 これらの数値は、あくまでもDPC分類に基づくデータであり、日本小児外科学会やNCDが採用している分類(精索水瘤に対する手術は鼠径ヘルニア手術と同項として扱うなど)とは異なるため、当センター小児外科HPで公表している数値とは差異があります。
 小児外科手術の高難度手術のほとんどは稀少例であり、上位3疾患には上がりませんが、当センターでは多岐にわたる高難度手術も安全に施行しています。陰のう水腫(精索水瘤)や停留精巣の手術後は患者さんが1歳未満の場合で1泊、1歳を超えている場合は、当日退院でお帰しできているため平均術後在院日数が短いのが特徴です。臍ヘルニアは年齢にかかわらず術後1泊での退院です。停留精巣の中に移動性精巣の患者さんが含まれているため、平均年齢が1.91歳と高めになっていますが、停留精巣のお子さんには原則として1歳±2ヶ月での手術をお勧めしています。

トップに戻る

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 等 306 0.08 1.03 0.00% 74.56
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 等 28 0.00 2.29 0.00% 67.25
K2683 緑内障手術 濾過手術 24 0.17 4.88 0.00% 62.75
 白内障手術を含め、可能な限り日帰り、または短期入院での治療に取り組んでいます。
 「水晶体再建術」に関しては1泊2日及び2泊3日のクリニカルパスを用いており入院期間も短くなっています。
 硝子体手術においても、手技の低侵襲化に伴い、術後は1~2日の入院がほとんどで網膜剥離などの難症例において5~7日の術後入院となっています。
 緑内障手術も一般的には術後管理に時間がかかりますが、できる限り外来での管理に努めており4.88日の術後日数は以前と比べると短くなっています。

トップに戻る

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 等 54 1.04 4.80 0.00% 20.67
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型(汎副鼻腔手術) 等 30 1.07 3.10 0.00% 54.67
K319 鼓室形成手術 29 1.07 2.52 0.00% 45.28
 扁桃摘出(+アデノイド切除)は低年齢での睡眠時無呼吸と慢性扁桃炎(扁桃炎で発熱を反復する場合)に施行しています。約1週間程度の入院となります。
 平成27年度は鼻内内視鏡手術44例、内視鏡下上顎洞含歯性嚢胞(EMMM)5例、内視鏡下前頭洞手術(DrafⅡbまたはⅢ)5例、涙嚢鼻腔吻合術5例、外鼻形成2例、後鼻神経切断22例を内視鏡下副鼻腔手術として施行しました。平均在院日数は全国平均よりも短期になっています。これは鼻中隔矯正術を施行した場合は鼻内パッキングを術後2日間で抜去し、3日目に退院(入院日数5日)し、鼻中隔矯正術を施行せず、鼻内パッキング抜去が不要な症例ではこれより早く退院となります。
 平成27年度は鼓室形成術35例、乳突洞削開術8例、アブミ骨手術1例、鼓膜形成術4例、内耳窓閉鎖2例、顔面神経管減荷術4例、外耳道腫瘍(骨腫含む)手術4例行いました。アブミ骨手術以外は術前日入院、術後2日目で退院する方が多く(遠方の方は1週間程度抜糸するまで入院する場合もあります)入院期間は4日程度のことが多いです。鼓膜形成術は基本的には(成人例では)局所麻酔での日帰り手術となります。

トップに戻る

放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 等 15 1.07 4.13 0.00% 61.47
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
 放射特殊治療科では外部医療機関からの紹介に対して血管内治療外来を開設しています。
 特に治療の難しい動脈奇形(肺、顔面、四肢)、内臓および腎動脈瘤等の血管疾患は外来にてCT、MRI検査を行い、治療日を決め、血管内治療を行うため入院日数が5日と短期間で済みます。
 平成27年度の血管内治療数は327件でした。内訳は肝動脈化学塞栓術131件、血管形成術(閉塞性動脈硬化症、透析シャント不全)56件、経皮的中心静脈ポート設置術87件、動静脈奇形、内臓・腎動脈瘤、腹部大動脈瘤等の血管疾患35件、緊急血管内治療(外傷、産後出血、消化管出血等)18件、CT透視下IVR(肺・腹部の生検、ドレナージ)21件でした。

トップに戻る

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 等 58 1.47 3.98 0.00% 73.29
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 等 26 1.27 2.69 0.00% 59.12
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 25 0.80 1.92 0.00% 63.64
 表にお示ししたものも含め、2015年の当科の手術実績は、ご参考までに、以下の通りとなっています。
 根治的前立腺摘除32(うちロボット支援23)、経尿道的膀胱腫瘍切除69、膀胱全摘+尿路変向3、腎(尿管)悪性腫瘍手術22(うち腹腔鏡手術8)、経尿道的尿路結石破砕術(レーザーによるもの)28、副腎摘除5(うち腹腔鏡手術3)透析用ブラッドアクセス造設67、腹膜透析用カテーテル挿入術34、生体腎移植3、ほか365、計628件でした。

トップに戻る

産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 等 302 4.27 6.51 0.00% 35.25
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 等 288 4.26 6.25 0.00% 36.13
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 96 0.02 1.36 0.00% 36.49
 正常な自然分娩には健康保険は適応されず自費となりますので、上表には掲載されておりません。
 正常分娩のほか、多くのハイリスク妊娠・分娩に対応します。母子の安全を前提とし、自分らしく満足のできるお産をサポートしています。 
 産科における手術は帝王切開術と流産手術が上位を占めています。
 平均年齢はいずれも35歳以上となっていますが、当院での妊産婦の年齢は約半数が35歳以上となっています。
 転院が必要になる例はなく、当センターにて治療を完結し、平均術後日数も短く、ほとんどの例が順調に退院となっています。
 流産などで必ずしも順調な妊娠経過をとらない場合において精神的ケアにも配慮しています。

トップに戻る

婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K877 子宮全摘術 91 0.99 7.68 0.00% 48.32
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 等 79 1.04 4.24 0.00% 36.57
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 63 1.00 4.75 0.00% 37.73
 良性腫瘍である子宮筋腫、卵巣嚢腫等の手術として、腫瘍のみを摘出する方法と腫瘍を臓器ごと全摘する方法とがあります。年齢や再発のリスク、今後の妊娠出産について配慮しつつ患者さんと相談し治療法を決めています。このため、平均年齢は子宮全摘術の方が子宮筋腫核出術や附属器腫瘍摘出術より高くなっています。
 他に子宮頸部上皮内がん、子宮内膜異型増殖症、境界悪性卵巣腫瘍、婦人科悪性腫瘍の手術を合計104件施行しました。悪性腫瘍に対しては手術療法のみならず、必要に応じて化学療法、放射線療法などを組み合わせて治療を行っています。

トップに戻る

呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K509-3 気管支内視鏡的放射線治療用マーカー留置術 21 1.52 1.14 0.00% 73.81
K496-2 胸腔鏡下醸膿胸膜又は胸膜胼胝切除術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
 2011年より当センターのサイバーナイフでは肺を含めた体幹部に対する照射も可能となり早期の肺がんの治療にも応用できるようになりました。定位放射線療法のひとつであるサイバーナイフは、従来の放射線療法と比較し周囲の正常組織への放射線照射量を減らすことで、合併症のリスクを軽減することが期待されます。その際に治療の標的を明確にするためにマーカーを留置する処置を気管支鏡下に施行しています。

トップに戻る

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 159 3.39 3.51 0.00% 69.18
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 等 30 2.43 3.70 3.33% 67.07
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 等 17 0.00 13.82 0.00% 69.65
 経皮的冠動脈形成術は年間300件を超える件数を行っています。合併症の発症を極力抑え、入院期間も一部では全国平均より短くなっています。
 急性心筋梗塞の方の緊急冠動脈形成術も積極的に行っています。
 年間数十件を数え、早期リハビリ早期退院を目指して適切な治療を心がけています。

トップに戻る

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 等 49 8.00 15.53 2.04% 66.02
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 等 30 7.60 21.90 0.00% 69.43
K607-3 上腕動脈表在化法 15 10.20 13.73 6.67% 70.87
 腹膜透析導入の際の術前・術後在院日数が比較的長い理由としては、手術と同期した患者教育が重要と考えているからです。他科と連携した診療の効率が必要と考えられます。
 当科の術前日数が長い理由としては、他施設及び他診療科からの紹介が主であり、術前の連携が十分でないためと考えられます。連携の仕組みをより洗練させることにより短縮が図れること、術後日数に関しては腎臓内科での診療の効率化を行っていくことにより改善できると考えられます。
 上位1位および3位の手術はバスキュラーアクセス(血液透析において患者さんと透析装置との間で血液循環を可能とするために患者さん側に設けられる仕組みのこと)で、計画的にバスキュラーアクセスの作成のため手術と透析の導入を分けてより短期な入院を目指しています。
 当科の手術実績は、腎生検60件、内シャント設置術(再建含む)58件、表在化動脈手術19件となっています。

トップに戻る

血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 30 9.07 2.27 0.00% 56.50
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 等 - - - - -
K6262 リンパ節摘出術 長径3センチメートル以上 - - - - -
 自家末梢血幹細胞移植とは、あらかじめ自分の造血幹細胞を採取しておいた幹細胞を用いて大量の抗がん剤を投与した後に幹細胞を戻す治療を言います。平成27年度に自家末梢血幹細胞採取した件数は30例となっております。一般的には2回分の自家末梢血幹細胞移植を行えるだけの幹細胞を採取・保存できることが多く、実際には37例に移植を行いました。平成26年にも37例に自家末梢血幹細胞移植を施行しており、「日本における造血幹細胞異色 平成27年度 全国調査報告書」によると、全国で最も多くの自家末梢血幹細胞移植を行った施設となっております。特に当院では、同種造血幹細胞移植も必要な患者さんに対しては積極的に行っており、平成26年度は21例、平成27年度は11例に同種移植を行いました。

トップに戻る

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 2センチメートルを超えるもの その他のもの 等 88 2.03 4.28 0.00% 71.00
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 73 1.86 12.08 2.74% 73.25
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 63 1.60 1.62 0.00% 65.44
 肝がんに関しては初期の段階から進行した段階まで、病状に応じて全ての時期に最適な治療を行うことができます。ラジオ波焼灼療法では治療数で世界最多を誇る東大グループで治療を行ってきた術者がきめ細かく一例一例治療を行います。肝炎、肝硬変に対する最新の治療も行っています。
 胆道系の結石及び悪性腫瘍による閉塞性黄疸に対する内視鏡的治療を積極的に行っています。
 近年大腸ポリープ・大腸がんの頻度は増加しており、早期発見のためには大腸内視鏡検査が重要となります。通常のポリープであれば内視鏡的大腸ポリープ切除術や内視鏡的粘膜切除術(EMR)を施行し、病変の大きさ等を考慮して外来での治療もしくは2泊3日程度の入院での治療を行っています。早期の大腸がんに対しても内視鏡的に治療を行っています。
 上記疾患等予定入院となる為、術前検査はほぼ2日弱と短く、術後日数もクリティカルパスの利用で短縮が図られています。転院はほとんどありません。平均年齢は、高齢化傾向にあります。
 2015年実績といたしまして、外来患者数は約38,575人、延べ入院患者数は約14,823人でした。主な治療症例数は、消化管領域では、上部消化管内視鏡8,165例、経鼻内視鏡243例、下部消化管内視鏡4,049例、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)77例(食道5例、胃36例、大腸36例)、内視鏡的粘膜切除術(EMR)593例(上部5例、大腸588例)。肝臓領域では、ラジオ波焼灼療法(RFA)87例、経皮的肝動脈塞栓術(TAE)120例、C型肝炎に対するインターフェロンフリー治療200例、B型肝炎に対するアナログ70例。肝膵領域では、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)506例、経皮的肝胆道ドレナージ(PTBD)166例、超音波内視鏡検査(EUS)169例、消化管テスト7例、超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)63例、EUS-インターベンション13例でした。

トップに戻る

胃・食道外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等 38 1.08 2.92 0.00% 67.50
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 25 0.80 2.72 0.00% 64.40
K6552 胃切除術 悪性腫瘍手術 等 24 4.46 15.54 16.67% 72.42
 表上、1番目、2番目のヘルニア手術は、短期滞在手術基本料に該当する手術で胃・食道外科に限らず多く行われています。手術前日または手術当日入院のため、術前日数が短くなっております。胃・食道外科では約半数の鼠径ヘルニア手術を腹腔鏡手術で行います。これにより患者の身体的負担が軽減されました。
 3番目についてですが、平成27年度の開腹胃がん手術件数は49例でした。近年の内視鏡治療の進歩により減少してきています。開腹手術が行われる進行胃がん患者の中には術前から全身状態が不良な患者がいますが、その場合術後の療養目的に転院することがあります。

トップに戻る

肝胆膵・移植外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 88 1.74 4.30 1.14% 56.09
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 等 87 1.93 9.85 2.30% 71.38
K6951 肝切除術 部分切除 40 4.55 20.85 0.00% 64.78
 肝胆膵・移植外科にて行っている治療としては、肝胆膵領域の悪性疾患に対する根治手術の他に、良性疾患である胆嚢・胆管疾患に対する手術治療や、悪性疾患に対する手術以外の治療(化学療法や血管内治療、放射線療法など)があげられます。2015年度の手術件数は300例を超えており、「肝切除」は約140例、「膵頭十二指腸切除」は約30例、「膵体尾部脾切除」は約20例であり、「肝膵同時切除」は3例、「膵全摘」は5例でありました。
 胆石症などに対する腹腔鏡下胆嚢摘出術は、術前術後の入院期間が6日となっておりますが、診療パスに沿った入院の場合以外に、有症状で入院し精査の後そのまま手術を行った場合や、術後に遺残結石を内視鏡的に除去した場合を多く含んでおります。肝細胞がんに対する血管塞栓術(肝動脈化学塞栓術)や肝腫瘍に対する肝部分切除に関しては、肝機能不良な場合や高度進行例が多く含まれているため、術後の在院日数が比較的長くなっております。

トップに戻る

大腸肛門外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 74 0.76 1.66 0.00% 69.84
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等 66 1.12 3.02 0.00% 67.14
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 52 2.81 9.87 0.00% 70.06
 大腸肛門外科では、特に2015年度後半より診療体制の変更により大腸がんの手術を腹腔鏡下手術中心に行っております。腹腔鏡下手術は、根治性を担保した上で安全に低侵襲に治療を提供することを目指し、結腸がんから直腸がんまであらゆる部位の大腸がんを適応としております。高齢化の進行で手術を受ける患者の平均年齢は70歳を超えておりますが、平均術後在院日数は10日未満となっております。
 (大腸がんの早期発見のため)下部内視鏡検査も施行しておりますが、大腸ポリープが発見された場合には内視鏡下の切除も施行可能です。大きなポリープ切除に際しては安全のため入院にて施行しておりますが、1~2日で退院可能となっております。
 大腸がん以外の手術として鼡径ヘルニアの外科治療も施行しておりますが、クーゲルパッチを使用した手術や腹腔境下のヘルニア修復術を行っております。再発の少ない治療を低侵襲で提供する事を心がけております。体位にて施行されたヘルニア手術の再発にも対応しております。

トップに戻る

乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 46 1.28 5.09 0.00% 58.76
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 43 1.51 8.53 0.00% 58.77
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 等 14 1.21 9.07 0.00% 67.00
 乳腺外科では悪性疾患として乳がんが主な対象で手術が行われています。乳房切除術、温存療法はほぼ半数ずつ、乳房同時再建が例年10-15例となっています。
 脇のリンパ節は現在、転移のない人は摘出せず、CTリンパ管造影と色素法を併用したセンチネルリンパ節生検を紫億し、高いセンチネルリンパ節同定率を確保しています。
 術前化学療法ののちに、手術となっている症例もあります。

トップに戻る

新生児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 等 47 0.00 64.87 0.00% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 等 30 0.00 107.00 0.00% 0.00
K563 肺動脈絞扼術 11 14.55 97.45 9.09% 0.00
 新生児仮死蘇生術とは、生まれてきた児が産声を上げない、脈拍が弱い、筋緊張が弱く、チアノーゼがあるなど生命危急の状態に対し速やかに行う蘇生のことを言います。仮死第1度に対し47件の蘇生術が行われ、より重症度の高い仮死第2度に対し30件で蘇生術が行われました。新生児科での入院中小児外科、心臓外科、脳神経外科の協力のもと年間70例を超える手術が行われています。肺血流増多を認める先天性心疾患合併の低出生体重児11例に対し肺動脈絞扼術が行われ、動脈管開存を合併した超低出生体重児10例に対し結紮術が行われています。

トップに戻る

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

【項目の説明】
 医療の質の改善のため、臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも改善すべき4症例の症例数と発症率です。
 最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固症候群(DIC)(DPC6桁:130100)、敗血症(DPC6桁:180010)、その他の菌血症(DPC6桁:180035)、手術・術後の合併症(DPC6桁:180040)について、入院契機病名の同一性かどうか区別して症例数をカウントしています。
 同一性の有無とは、上記4つの各医療資源病名の症例について、入院契機傷病名に対するICD10コードが、下記表の医療資源最傷病名に対応するICD10コードに該当している場合は「同一」とします。

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 45 0.27%
180010 敗血症 同一 14 0.08%
異なる 28 0.17%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 91 0.54%
異なる 21 0.13%
 当センターは、急性期病院として救命救急センターや総合周産期センターを配しており、地域の最重症な患者をご紹介いただいているので基本病態に付随して播種性血管内凝固症候群、敗血症、手術・処置等の合併症として発症しているケース等も含まれています。
 厚生労働省による平成26年度のDPC対象病院全国平均は、播種性血管内凝固症候群「0.17%」、敗血症「0.56%」、その他の真菌症「0.04%」、手術・処置等の合併症「0.70%」であり、4症例すべて全国平均以下となっています。
 播種性血管内凝固症候群の診断は、出血症状の有無、臓器症状の有無、血清FDP値、血小板数等を項目に当てはめて点数をつけており、通常の播種性血管内凝固症候群の診断基準は7点以上、白血病その他に該当する疾患の場合は4点以上により播種性血管内凝固症候群の診断となります。
 手術・処置等の合併症(112件)については、どのような病名が該当するかを下表に表しました。
 最も多い分類は「心臓および血管のプロステーシス、挿入物および移植片の合併症」で、その内透析シャント閉塞や狭窄が最も多いです。透析施設を有する当センターでは、透析を行うにあたって併発するシャント閉塞や狭窄について、すみやかに治療を行う体制が整えられています。

医療資源表


トップに戻る

更新履歴
2016/09/30  病院指標を公開しました
2017/03/31  解説文を更新しました
                      

ページトップへ