臨床指標

日赤医療センタ 病院指標

2019年(令和元年)度 日本赤十字社医療センター 病院指標

はじめに

 当該指標は、DPCデータから全国統一(厚生労働省指定)の定義と形式に基づいて作成した指標のことで、病院の実績を表す診療実績とは異なるものです。
 当該指標を公開する目的は、地域の皆様に当センターの特徴や急性期医療の現状を理解していただくことであり、当センターでは、このようなデータをもとに更なる医療の質向上に向け取り組みを行っています。


集計条件(詳細はこちら

  1. ・集計対象は、2019年(令和元年)度(2019年4月1日~2020年3月31日)の退院した患者のうち、一般病棟に1回以上入院した患者
  2. ・患者数が10人未満の場合は「 - 」(ハイフン)を表示
  3. ・入院後24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植に関する患者は集計対象外

DPCデータによる病院指標(2019年度)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

【項目の説明】
  一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)の患者数を示しています。

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2298 220 548 1499 1398 1557 2498 3204 2181 484


 当センターは地域の中核病院として幅広い年齢層の方々が受診されます。当センターは中核とする診療機能を「がん診療」、「小児・周産期医療」、「救急医療」、「災害救護」と定めています。2019年度の総退院患者数は15,887人です。当センターは地域がん診療連携拠点病院であることもあり、60歳代~80歳代の患者さんが7,883人(49.6%)と約半分を占めています。また、妊娠・出産・育児の過程において「周産母子・小児センター」という母子の健康を総合的に支援する体制を整えているため、0歳~9歳が2,298人(14.5%)、20歳代~40歳代が3,445人(21.7%)と多い傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

【項目の説明】
 各診療科における症例数の多い診断群分類(DPCコード)※1について、患者数、当センター及び全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。
※1 診断群分類(DPCコード)の構成

DPCの構成



診療科名 診療科名 診療科名
化学療法科 神経内科
消化器内科
小児科 皮膚科
胃・食道外科
整形外科 泌尿器科
肝胆膵・移植外科
脳神経外科 産科
糖尿病内分泌科
呼吸器外科 婦人科
大腸肛門外科
  心臓血管外科    呼吸器内科    アレルギー・リウマチ科 
小児外科 循環器内科 乳腺外科
眼科 腎臓内科 新生児科
耳鼻咽喉科 救急科 緩和ケア科
放射線科
血液内科


化学療法科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし  27 6.63 4.40 0.00% 59.19
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし  27 2.74 4.36 0.00% 57.59  
060030xx99x4xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし   26 7.31 9.59 0.00% 71.42  
060030xx99x4xx  小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり   10 7.30 5.66 0.00% 74.00  
040040xx9905xx  肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5あり  - - 20.04 - -  
 肺がん、消化器がん、婦人科腫瘍、泌尿器腫瘍などにおける化学療法や分子標的治療および免疫療法、また症例数の少ない精巣腫瘍・原発不明がん・頭頸部腫瘍に対する治療も積極的に実施しています。
 わが国における死亡原因の第1位は悪性新生物(がん)であり、日本人の2人に1人ががんに罹り、3人に1人ががんで亡くなる時代になりました。特に、他の臓器に転移のある場合や、手術後に再発した場合の多くは完治が難しい状態にあります。化学療法科は分子標的薬剤、免疫療法剤を含めた抗がん剤治療を中心に内科的に様々な側面からがん患者さんを診察します。 入院治療を行う人の大多数は、初回入院で副作用を確認し、やり方を理解してもらった上で、その後外来での治療に移行します。したがって平均在院日数は短く、また転院率はごく低めです。
 緩和治療メインに移行する場合も、在宅医療と協力しつつ、当センターの緩和ケア科とともに患者をフォローしていきますので、よほど遠方の人でない限りは「当センターでの診療を打ち切る」ということはほとんどありません。 

トップに戻る

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040090xxxxxx0x
急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし
131 8.38 6.19 2.29% 1.93
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 定義副傷病なし 102 5.89 6.64 0.98% 3.49
0400801199x00x
肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし
70 6.26 5.69 0.00% 3.06
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1 あり  58 2.00 2.15 0.00% 2.55  
030270xxxxxxxx 上気道炎  49 5.10 4.94 0.00% 2.31  
 小児科で取り扱う疾患は多岐にわたり、幅広い領域において的確な診断、治療、管理能力が求められます。当センターの小児科は、臨床最前線の病院として夜間休日救急からの入院が3分の1、他院からの紹介・当日外来からの緊急入院が3分の1、検査・処置目的の予定入院が3分の1となっております。肺炎、気管支炎、細気管支炎などの呼吸器感染症が多く、季節によって消化器系感染症、気管支喘息が増える傾向にあります。
 また、当院で発見された川崎病に関しては、日本でも有数の診療実績があります。アレルギーに関しては、食物アレルギーに対して入院のうえ食物経口負荷試験を実施しています。

トップに戻る

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術 処置2なし  132 16.22 16.54 10.61% 74.17
573
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし
116 21.99 20.93 34.48% 72.53 573
160800xx01xxxx
股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等
101 22.75 25.94 61.39% 81.53 576
07040xxx01xxxx
股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等
89 18.09 21.53 30.34% 69.58 577
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) 前方椎体固定等 手術・処置等1なし  51 18.61 20.26 25.49% 68.33  
 当センターの整形外科は、脊椎疾患、関節疾患、外傷疾患を主に対象とした診療を行っています。疾患別では脊柱管狭窄症、不安定脊椎疾患、変形性股関節症、大腿骨近位部骨折が上位を占めています。 急性期外傷から慢性期疾患まで幅広い症例に対して高度で効率的な診療を行っています。大腿骨近位部骨折は平均年齢が高く、転院率も高くなっています。

トップに戻る

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010010xx99030x
脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 73 8.89 17.49 15.07% 62.37
010040x099000x
非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 42 15.29 18.81 38.10% 55.62
010010xx01x00x
脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 18.73 21.14 18.92% 65.70  
160100xx99x00x 
頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 5.09 7.34 3.13% 54.72  
010060x2990401
脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 27 13.26 16.13 29.3.% 66.85
 脳神経外科では、脳血管障害(脳動脈瘤、血管奇形、脳出血、脳梗塞など)、外傷を含む救急医療、良性・悪性(がんの転移を含む)の脳腫瘍診療、顔面痙攣や三叉神経痛などの機能性疾患診療、小児脳神経外科を中心に診療しています。救急医療では、急性期脳血管障害と重症頭部外傷の外科治療(血管内治療も含む)、がん治療では転移性脳腫瘍や肺がん・肝がん・前立腺がんなどに対して、サイバーナイフ治療を含む集学的治療、小児脳神経外科は周産期センターと協力し、新生児期・乳児期の急性期医療も含めた小児脳神経疾患診療を行っています。ここに公表されているデータ(患者数・平均在院日数・転院率・平均年齢等)はあくまでも診療報酬制度DPC上の大雑把な分類によるもので、疾病の重症度や医療機関の地域性、社会的背景等は全く反映されていませんので、医療機関間の診療実績のように比較検討することは困難です。

トップに戻る

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 処置2なし 76 9.87 11.51 0.00% 67.00 372
040200xx01x01x 気胸 肺切除術等 処置2なし 定義副傷病あり 32 8.19 10.18 0.00% 34.84 372
040040xx9900xx
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし
10 10.60 14.62 0.00% 64.50
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等  9.26 372
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり 8.34 372
 最も多い”040040xx97x0xx”群は、原発性、転移性を問わず手術治療を行った肺の悪性腫瘍を対象としています。当科では原発性肺がんと転移性肺がんの比は、およそ3.5:1です。DPCでは入院期間Ⅱは11日までですが、当科での平均在院日数は、全国平均より短い約10日です。肺悪性腫瘍手術においても、侵襲の少ない胸腔鏡下手術を適応することと、クリティカルパスを用いて入院中の経過を定型化することで、短い入院、早期社会復帰を目指しています。総合病院として、悪性腫瘍のみならず、気胸などの良性疾患も対象としており、その手術治療においても積極的に胸腔鏡手術を行っています。

トップに戻る

心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050180xx02xxxx
静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 29 3.21 2.78 0.00% 69.79 391
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 13 11.08 11.75 0.00% 73.69 392
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし
 - 16.61  
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし   -  23.77  
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 1,2あり 手術・処置等2 1あり   27.97  
 先天性・後天性の心疾患全般、末梢血管新患などまんべんなく対応しています。当センターは周産期体制が充実しており、当科では新生児や低出生体重児に係る先天性心疾患症例が多いのが特徴ですが、本DPC統計においては入院中診療科である新生児科に計上されているため、上記表には表示されておりません。

トップに戻る

小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060160x101xxxx
鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 109 2.94 2.81 0.00% 3.11 551
552
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 49 2.16 3.13 0.00% 2.02 551
552
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等   25 3.00 8.05 0.00% 2.08 551
552
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし
 11 2.36 7.42 0.00% 10.00  
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし
6.94  
 小児外科疾患は多岐にわたっており、扱う疾患の種類は60以上にのぼります。そのうち日常的に多い疾患は、鼡径ヘルニア(精索水瘤、陰のう水腫も術式は同じ)、停留(遊走)精巣、臍ヘルニア、急性虫垂炎などであり、これらの疾患で全体のおよそ半数を占めます。小児外科手術の高難度手術のほとんどは稀少例であり、上位疾患には挙がりませんが、当センターでは多岐にわたる高難度手術も安全に施行しています。なお、上記疾患はあくまでもDPC分類に基づくデータであり、日本小児外科学会やNational Clinical Data (NCD)が採用している分類とは異なるため、当センター小児外科ホームページで公表している数値とは差異があることを申し添えます。術前を含めた入院日数は、腹腔鏡下鼡径ヘルニア根治術、臍ヘルニア根治術、1才未満での精巣固定術の方は2泊3日、1才以上の直達法での鼡径ヘルニア根治術、精巣固定術の方は1泊2日とさせていただいております。

トップに戻る

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020110xx97xxx0
白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 215 2.13 2.78 0.00% 75.07 651
652
020220xx97xxx0  緑内障 手術あり 片眼   89 5.57 7.53 0.00% 68.43 654
020110xx97xxx1
白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼   52 3.50 5.09 0.00% 75.65 651
652
020280xx97xxxx 角膜の障害 手術あり   16 10.50 9.83 0.00% 73.00  
020200xx9710xx
黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし  11 5.64 6.71 0.00% 68.00 653
 眼科では、白内障手術を含め、眼科手術は可能な限り、日帰りまたは短期入院での治療に取り組んでいます。白内障手術は患者さんの状態に応じ片眼入院や両眼入院どちらでも対応しております。緑内障手術は近医との連携を強くすることでできる限り、入院期間を短くし全国平均と比べ5.57日と短くなっております。角膜移植術は難易度の高い症例を扱っており在院期間は全国平均よりも長い傾向になっています。網膜・硝子体は低侵襲化に伴い、術後早期から安定しているため全国平均と比べ短くなっています。

トップに戻る

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
030230xxxxxxxx
扁桃、アデノイドの慢性疾患 79 7.42 7.80 0.00% 19.19 681
682
684
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎
 47 4.53 6.80 0.00% 55.72  688
030440xx01xxxx  慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術   40 4.15 7.85 0.00% 44.28  685
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり    31 2.39 3.16 0.00% 9.39  683
030240xx99xxxx
扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし   22 5.55 5.45 0.00% 37.41  
 2019年度は中耳手術として鼓室形成術53例、乳突洞削開19例、アブミ骨手術1例、顔面神経減荷術2例、中耳手術摘出術1例、内耳窓閉鎖術1例、鼓膜形成術8例を手術室で行いました。局所麻酔、全身麻酔ともに3-4日の入院です。鼻副鼻腔手術は、鼻内内視鏡手術73例、draf3例、EMMM3例、涙嚢鼻腔吻合術3例、後鼻神経切断術58例を行いました。4-5日の入院で行っています。扁桃摘出(+アデノイド切除)は、睡眠時無呼吸症候群と慢性扁桃炎に対して行っており、約1週間の入院です。小児で滲出性中耳炎または反復性中耳炎で鼓膜チューブ留置が必要な場合(かつ外来でのチューブ留置が困難な症例)は全身麻酔下に鼓膜チューブ留置を施行しています。術前日からの入院で、入院期間は2日間となっています。

トップに戻る

放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 5.12 5.34 0.00% 76.82
100180xx991xxx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 14 2.43 3.80 0.00% 54.00  
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり  10.24  
050200xx97xxxx
循環器疾患(その他) 手術あり  9.77    
050163xx97x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 なし  7.65    

 上記については同じ疾患であっても、併存症の存在の有無で症例数が分かれております。併存症が見られる場合は入院期間が長くなることがありますが、当センターの在院平均日数は全国平均を全てで下回っております。外来で充分に疾患の評価を行い、治療法を検討しています。特に下肢については糖尿病内科、腎臓内科、皮膚科とともに下肢閉塞性動脈硬化症に対し協力してフットケアを行っております。そのため、糖尿病や慢性腎不全に合併している患者さんが多くなっております。当センター内外の血管外科医とのカンファレンスも定期的に行い、血管内治療に固執すること無く治療方針を決めております。これらのことが結果的に在院日数も短く、患者さんに負担をかけない医療へとつながっているものと考えております。閉鎖性動脈疾患、動脈塞栓除去の患者さんに対するカテーテル治療は、下肢動脈のみならず、上肢、鎖骨下動脈などの頭頚部、上腸間膜動脈、腎動脈などの内臓動脈、大動脈と多岐にわたり行っております。また、乳び胸などリンパ管疾患に対しての治療も行っております。

トップに戻る

神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040081xx99x00x
誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 17.40 20.84 6.67% 85.00
010080xx99x001 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15歳以上    13 11.23 12.00 0.00% 46.46  
010230xx99x00x  てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   13 8.77 7.10 7.69% 56.23  
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  17.72 -  
010090xxxxx00x  多発性硬化症 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  14.46 -  
 神経内科で診療にあたる主な疾患は、脳血管障害、認知症、パーキンソン病などの神経変性疾患、多発性硬化症や重症筋無力症といった神経免疫疾患など慢性疾患の方が多く、診療は外来が中心となっています。これらの患者さんが入院のきっかけとなる疾患としては誤嚥性肺炎などの合併症が多く、DPCコードによる入院病名の統計では上位となっています。他に、入院となる疾患としてはてんかん重積や髄膜炎が比較的多いと思われます。急性期脳卒中などはDPCコードに影響する処置などにより細分化されているため、統計の上位には表れにくいものと思われます。

トップに戻る

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
080010xxxx0xxx
膿皮症 手術・処置等1 なし 21 8.86 12.55 4.76% 63.38
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし   10 3.30 4.01 0.00% 59.30  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし   7.90  
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2 あり  48.04  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹
9.00  
 2019年度に最も入院患者さんの多かったDPC名称は、前年度と同じ膿皮症でした。皮膚良性腫瘍は、粉瘤や脂肪腫で、短期入院がほとんどでした。皮膚悪性腫瘍の症例の中には、1度目の生検では良性と判定されたが、2度目の生検で悪性と診断されて紹介受診し、病変部を拡大切除し植皮を実施。術後、放射線療法を追加した認知機能良好な車椅子生活の89才男性患者なども含まれています。糖尿病性足病変患者の多くは、緊急デブリードメントや骨髄炎部の外科的治療後に保存的治療を行い、歩行用装具などを作成して患肢を温存して退院し、社会生活に復帰する事が出来ました。

トップに戻る

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 200 2.09 2.49 0.00% 68.23 623
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病 なし 60 2.90 4.22 0.00% 62.70
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等
45 12.16 12.18 0.00% 70.00 625
110070xx02020x  膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし  34 6.21 7.25  0.00% 70.50
 622
110070xx0200xx  膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし   31 6.87 7.07 0.00%  74.06  622
 泌尿器科は、腎、尿管、膀胱、前立腺、精巣などの悪性疾患、前立腺肥大症、尿路結石、排尿障害などに対する診断と治療にあたっています。当センターでは、1年間に約200件の前立腺針生検を1泊2日の入院で行っています。そのうち約半数に前立腺癌が見つかり、さらにそのうち約半数にロボット支援腹腔鏡下前立腺摘除術を行っています。ロボット支援腹腔鏡下前立腺摘除術の平均在院日数は、全国平均と同等です。T1-2前立腺癌の場合、RM0(切除断端陰性=根治)率は約96%です。様々な原因で尿管狭窄を来した患者さんに、経尿道的尿管ステント留置術を積極的に行い、閉塞性腎不全の発症を回避しています。平均在院日数は、全国平均の約2分の1です。表在性膀胱腫瘍に対して経尿道的内視鏡切除術を行っています。平均在院日数は、全国平均と同等です。

トップに戻る

産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 353 9.35 9.53 0.28% 35.69
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 156 16.35 19.06 1.92% 33.98
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等
 123 10.05 9.66 0.00% 35.09  
120170xx01x0xx  早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2 なし   91 32.70 29.08 1.10% 34.18  
120160xx01xxxx  妊娠高血圧症候群関連疾患 子宮破裂手術等   65 12.82 13.87 0.00% 36.52  
 主体的なお産をサポートすることを目指し、医師・助産師がチームで協働して安全で質の高い周産期医療を実践しています。上位5コードの症例では、妊娠分娩の経過において発生するさまざまな異常や合併症に対応した分娩管理や処置を行っています。いずれも平均在院日数は全国平均と同程度であり、治療終了後に順調に退院となっています。 転院率は低く、切迫早産等で治療後に紹介元施設に戻る例以外は転院が必要になることはなく、当センターにてほぼすべての治療が完結しています。当センターにおける妊産婦の半数は35歳以上であるため、いずれも平均年齢は35歳前後と高くなっています。なお、正常分娩は健康保険の適用とならずDPCの対象外であるため、上記には含まれていません。2019年における妊娠22週以降の分娩総数は2,428件(うち双胎85件、品胎2件)となっています。

トップに戻る

婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
120070xx02xxxx
卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 87 5.89 6.21 0.00% 38.20 532
539
120060xx02xxxx
子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 82
6.39
6.09 0.00% 40.83 532
539
120060xx01xxxx
子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 69 8.49 9.71 0.00%
46.03 533
5310
12002xxx02x0xx
子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2 なし 55 2.52 3.13 0.00% 41.85 533
5310
12002xxx99x40x
子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 38 4.32 4.58 0.00% 59.50  
 腫瘍、生殖医療、女性ヘルスケアのすべての婦人科疾患を診療しています。入院加療を必要とする疾患のうち、上位3コードにある卵巣および子宮の良性腫瘍の治療例を多く扱っており、なかでも内視鏡手術により多く対応しています。平均在院日数は全国平均と比べてほぼ同程度かやや短く、侵襲の少ない治療により順調に経過し早めの退院となっています。転院率はほぼ0%で当センターにてすべて診療が完結しています。平均年齢は良性腫瘍の場合、30歳代後半から40歳代半ばですが子宮頸部切除術以外の悪性腫瘍の場合は60歳弱とやや高くなっています。悪性腫瘍の治療では、手術療法、化学療法、放射線療法などを組み合わせ、副作用をできるだけ減らして高い効果が得られるよう工夫を行っています。

トップに戻る

呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 71 3.86 3.34 0.00% 69.63
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 67 12.76 18.84 4.48% 71.87
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 15.28 20.84 11.11% 88.42
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし   34 8.76 9.59 0.00% 67.68  
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1 あり 
 31 2.00  2.03 0.00%  60.32  
 当センターでは、肺がん、間質性肺炎、重症喘息などのあらゆる難治性呼吸器疾患に対して積極的に取り組んでいます。遺伝子パネル検査、クライオパイオプシーなど最先端の医療機器を用いて、各診療科と密接に連携をとりながら診療を行っています。

トップに戻る

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050050xx99100x
狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 219 3.13 3.01 0.00% 69.89 141
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 137 5.93 4.40 0.00% 71.17 143
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし    82 4.35 5.02 0.00% 62.39 144
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし    69 21.01 17.71 15.94% 83.22  
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   36 3.28 3.15 2.78% 70.58 141
 当センターでは冠動脈インターベンションの治療実績が最も多く、患者さんの希望も考慮して1回の入院で診断検査ならびにカテーテル治療を行う事例が多い為、平均在院日数はやや長めです。診断カテーテル検査のみの入院は2泊3日、1回の治療のみの入院は3泊4日ですが、続けて行うと約一週間の入院となります。年間の総カテーテル室検査・治療関連の施行件数は2019年で945件。カテーテル治療の冠動脈形成術はこのうち256件でした。常時、急性心筋梗塞などに対応しており、心筋梗塞の入院は10日間前後が平均ですが、症例の重症度により大きく異なります。不整脈に対するカテーテルアブレーション治療の件数が69件と増加しました。不整脈や心不全に対するデバイス治療として、ペースメーカ植え込み術、植え込み型除細動器、植え込み型ループレコーダ、心臓再同期治療なども施行しています。リードレスペースメーカ、皮下植込み型除細動器など最新の機器も用いています。高齢者の心不全が増加しており、転院先を見つけるのに苦労することが多く、入院日数が長くなっています。適切な治療で早期退院を心がけ、熟練した医師、看護師、技師がチームで入院、検査、治療をサポートしております。特にカテーテルアブレーション治療では全国平均より在院日数が短くなっています。

トップに戻る

腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110280xx99020x
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 96 5.49 8.99 0.00% 72.77
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 
 62  8.15 11.67 1.61% 56.44  
110280xx01x20x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし    35 14.26 27.88 0.00% 65.51  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 
33 11.70 12.58 0.00% 60.52  
110280xx02x00x
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  21 7.24 8.48 0.00% 72.76  
 当科では、腎疾患患者さんの急性期から慢性期まで幅広く診療を行っており、当センター内の他診療科との連携も緊密に行い、全ての疾患に対応可能となっております。また、腎疾患は慢性疾患であることから、病院外での疾病ライフの支援の視点が重要です。このため、医師のみならず、他職種協働でのチーム医療と地域医療連携を重視し、地域一体型での腎疾患ライフの支援を行っております。特に末期腎不全の腎代替療法においては注力しており、連続携行式腹膜潅流(PD)、血液透析(HD)、および腎臓移植の全ての療法を提供できる体制を整備しております。DPC上最も多い症例は末期腎不全の連続携行式腹膜潅流です。腹膜平衡試験及びそれに同期した教育入院をしており、クリティカルパス化しているため入院期間が短期となっています。次に、末期腎不全、IgA腎症、腎盂腎炎などの疾患に対しては地域と連携して継続治療としており、入院期間は比較的短くなっています。腎生検も同様にクリティカルパス化しているため短期入院となっています。

トップに戻る

救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
161070xxxxx00x
薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 2.15 3.52 7.41% 31.15
161060xx99x0xx  詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2 なし   24 1.75 3.29 0.00% 50.13  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   7.34  
010230xx99x00x
てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   7.10  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし    12.58  
 当科の診療は「救命救急センター」で施される様々な救急疾患の中で病態の重症度を反映した「緊急度(時間的尺度で治療介入を要する病態)」により、疾患ではなく、表出される「症候・病態」を優先した診療であるのが特徴です。 それゆえ、救急科とその病態をなす臓器別疾患の専門診療科との協働により診断した疾患を専門診療へと連携するのが特徴となっています。 また救急科の診療は複数専門診療科の関わる複雑病態や多発外傷などの集中治療を含めた急性期診療であることも特徴となっています。 そういった意味で当救命救急センターで行われているそれぞれの重篤疾患の総数(厚生労働省による「救命救急センター充実度評価」)が当救命救急センターならびに当科の実績として明確に提示できるものと考えています。
 総括すると、当センターの救命救急センター(救急科)は重篤な病態を呈した患者さんを受け入れて病態の改善とその原因疾患の診断に注視して集中的な治療を行い、それぞれの疾患の専門診療は診療各科の専門性につながる継続的な診療を提供することで患者さんの命を守り、最終的な社会復帰を目指しています。 当センターですべての診療が完結するわけではなく、当センターならではの専門診療の提供をもとに、患者さんの居住する地域の医療機関と連携して今後の医療のあるべき姿を構築して患者さんの安全を確立できるよう努力しております。

トップに戻る

血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
100370xx99x0xx
アミロイドーシス 手術なし 手術・処置等2 なし 385 7.82 12.12 0.78% 66.95
130010xx97x2xx  急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり
 56
32.91
39.36 3.57% 63.32  
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等2 5あり   48 18.69 22.79 12.50% 61.75  
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし    45 17.09 15.79 0.00% 63.22  
130040xx97x00x 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし    41 11.44 14.34 2.44% 60.85  
 血液内科では、常時50~60名の患者さんが入院されております。入院される患者さんの多くは、多発性骨髄腫、ALアミロイドーシス、悪性リンパ腫、急性白血病となっております。当センターでは、特に多発性骨髄腫とALアミロイドーシスの患者さんが全国から受診しており、全国有数の基幹病院となっているため、それらの症例数が多くなっているのが特徴です。多発性骨髄腫に対する新規薬剤は現在10種類が使用可能であり、2015~2020年の6年間で7種類の新薬が承認されました。これらの新規薬剤の開発につながる多くの臨床試験を当科で行いました。現在も将来の有望な新規薬剤・治療法(CAR-T療法や新規抗体薬等)に関する多くの臨床治験を実施しております。
 多くの新規薬剤が開発されましたが、若年者に対しては自家末梢血幹細胞移植を併用した治療法が推奨されます。自家末梢血幹細胞移植とは、あらかじめ自分の造血幹細胞を採取しておきます。そして大量の抗がん剤投与した後に保存しておいた造血幹細胞を点滴で戻す治療法です。一般的には2回分の自家末梢血管細胞移植を行えるだけの幹細胞を採取し保存します。当センターでの症例数ですが、自家末梢血幹細胞移植と同種造血幹細胞移植を合計した症例数は、2015年:45例、2016年:50例、2017年:80例、2018年:67例、2019年68例です。自家末梢血幹細胞移植の件数は、2014年:37例、2015年:37例、2016年:32例、2017年:50例、2018年:49例と5年間全国1位の実績があり(日本における造血幹細胞移植・全国調査報告書)、2019年は48例でした。

トップに戻る

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060100xx01xx0x
小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 114 4.11 2.63 0.00% 66.26 091
060340xx03x00x  胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   101 9.54 9.79 0.99% 72.35  
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし    77  7.44 8.03 0.00% 75.25 096
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし    66 7.12 10.25 1.52% 72.85 099
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし    48 7.77 7.65 0.00% 60.77  
 消化管領域では逆流性食道炎、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎、機能性胃腸症(FD)、過敏性腸症候群(IBS)、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)の診断・治療、悪性疾患(食道がん、胃がん、大腸がん等)の早期発見と早期がんに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、進行がんに対する抗がん剤治療の他、近年では小腸ダブルバルーン内視鏡や小腸カプセル内視鏡を用いた小腸疾患の診療も行っています。
 肝領域では、肝がん(肝細胞がん・転移性肝がん)に対する経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)、経皮的冠動脈塞栓術(TAE)、サイバーナイフ治療、動注化学療法等にて対応しています。ウイルス性肝炎(B型・C型)に対する治療法として、従来のIFNを中心とした治療法はほぼなくなり、DAA(Direct Acting Antivirals)と呼ばれるウイルスに直接作用する経口薬による副作用の少ない画期的な治療法が主流となっております。
 胆膵領域では、総胆管結石、胆管炎胆嚢炎、膵炎・膵がんの治療、閉塞性黄疸や悪性消化管狭窄のステント治療等、低侵襲で最先端の治療を行っています。
 研究分野では、慢性肝炎に対するインターフェロン治療(IFN治療)、肝細胞がんの治療の治験、胆膵領域の悪性腫瘍治療、消化管ポリープ、逆流性食道炎などについて、東大消化器内科各グループと共同研究をしています。
 患者数は漸増傾向、平均在院日数はクリティカルパス使用等の工夫により全国平均より短縮しています。悪性腫瘍の治療(抗癌剤・ラジオ波・血管内治療)は当センターで完結することが多い一方、胆石胆嚢炎・胆管結石・肝膿瘍・膵炎等の良性疾患や感染症は当センターで治療後、紹介元へ逆紹介をしています。年齢は年々高齢化傾向となっています。

トップに戻る

胃・食道外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060160x001xxxx
鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 44 4.70 4.85 0.00% 66.68
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし    26 17.12 16.12 0.00% 70.96  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等    21 5.10 5.45 0.00% 38.86  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし    16 5.25 8.89 6.25% 69.50  
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし   16 10.50 9.34 6.25% 63.19  
 地域がん診療拠点病院であるとともに地域の中核病院として鼠径ヘルニア、虫垂炎の手術も積極的に行っています。胃がん手術の約3割を腹腔鏡で行っています。表には出ていませんが食道がんは全例に胸腔鏡・腹腔鏡を用いた低侵襲手術を行っています。高齢者や糖尿病・透析など合併症をもつ患者さんも積極的に受け入れている関係で周術期の在院日数はやや長い傾向にあります。

トップに戻る

肝胆膵・移植外科  
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
06007xxx9906xx
膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6あり 111 3.54 5.87 0.00% 71.95
060060xx99x30x  胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし   65 3.34 7.31 0.00% 78.65  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 
 39 7.10 7.13 0.00% 52.54 311
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   31 11.74 10.25 3.23% 69.29  
060050xx02x10x  肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし  28 22.07 16.53 0.00% 65.00  
 肝胆膵・移植外科では、主に肝臓、胆嚢・胆管、膵臓の疾患に対する診療を行っています。悪性腫瘍に対する手術治療がその中心ですが、手術適応を判断するための精査、黄疸処置などの術前管理、術前処置としての肝動脈化学塞栓術や門脈塞栓術などの処置(手術)などを入院にて行う場合もあります。手術困難とされた場合も、化学療法や放射線療法などを行っています。また、胆嚢結石を始めとする良性疾患に対する診断・治療も行っています。 悪性疾患に対して行われる手術の中では、肝部分切除を行った場合が一番多く、上記の5番目に挙げられています。当センターで行われている肝部分切除は、通常よりも切除箇所が多かったり、切除方法が複雑であったりする場合が多いにもかかわらず、平均在院日数は全国平均と同程度となっています。上記の表上では、1番目および2番目は悪性腫瘍に対する化学療法を示しています.手術非適応例や術後の再発例に対する化学療法を行っています。上記表の3番目は胆嚢結石・胆管結石に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術を示しています。総胆管結石に対する処置などは消化器内科にて行われていますが、その処置に続けて手術を行う場合が多く、平均在院日数はやや長めとなっております。パスを導入しており、在院日数の短縮を図っています。

トップに戻る

糖尿病内分泌科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
100071xx99x110
2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 60 14.30 14.74 3.33% 67.38
100180xx990x0x  副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし   34 8.12 6.24 0.00% 57.29  
100071xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 85歳未満    26  9.46 12.02 0.00% 66.19  
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満   25 12.00 15.20 0.00%  63.88  
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  14 11.43 13.41 0.00% 54.36  
 2型糖尿病の治療に関しては、生活の質を維持して再入院を避ける目的で、医師、看護師だけでなく管理栄養士、薬剤師、運動療法士、検査技師など多職種チームでクリニカルパスを用いて効率的に患者さんをサポートする体制を整えています。そのため、在院日数が全国より短くなっています。また近年は二次性高血圧のスクリーニングにより副腎皮質機能亢進症、副腎腫瘍等の紹介が増加傾向で、精密な診断(副腎静脈サンプリング等)を実施しています。

トップに戻る

大腸肛門外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060160x001xxxx
鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等
87 4.54 4.85 0.00% 67.28 335
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし    85 2.98 2.63 0.00% 68.32 331
060035xx01000x  結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし
58 13.59 15.02 1.72% 72.55 338
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし    38 4.50 4.40 0.00% 67.76  
060035xx99x00x  結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし
 35 8.34 7.46 0.00% 74.69  
 大腸肛門外科では、大腸がんの診断から治療までを主体に診療を行っております。大腸がんの治療に関して特徴的であるのは、腹腔境下手術をはじめとする低侵襲治療と特に直腸がんに対する肛門温存を含めた機能温存手術を、その根治性を損なうことなく、かつ安全に施行しているところにあります。がんの進行度によっては、手術単独でなく、化学療法、放射線療法との併用による集学的治療にも取り組んでおり、がんの予後改善を目指しております。また、当科では大腸がんの診断から治療を越えて終末期医療に至るまで放射線科、化学療法科、緩和ケア科など関係診療科との連携を積極的にはかり、患者さん個々の病状や患者さんのご希望に応じて最適な治療を提供できるようにしております。再発大腸がんに関しても専門的知識と技術に基づき積極的切除を目指し、切除不能な場合でも集学的治療によってできる限りの対応を行なっております。ですから、大腸がんの患者さんに対しては、手術等の治療以降も、トータルでケアしておりますので、安心・信頼して受診していただけます。大腸がん以外の疾患に関しても、お一人お一人の患者さんにとって何が最適な治療であるかを考えた医療を提供させていただいております。

トップに戻る

アレルギー・リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 15.72 15.48 0.00% 63.36
0400801499x002
肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2
- - 15.17 - -
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 なし    - 16.09 - -  
070560xx99x01x  重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり   25.61   -  
070560xx97x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   26.18 -  -  
 アレルギー・リウマチ科では関節リウマチなどの関節炎疾患、全身性エリテマトーデスなどの膠原病やANCA関連血管炎などの血管炎症候群を対象として、検査・診断と薬剤による治療を行っています。ステロイド治療の投与量や投与期間の適正化を行うことで在院日数を短くするように努めておりますが、難治性あるいは治療抵抗性の症例の入院の比率が高いことが影響して平均在院日数は全国平均をわずかに超えました。治療薬の副作用に留意して可能な予防策を講じることにより感染症などの併発症による再入院は減っています。関節リウマチや類似の関節炎疾患の診療にも力を入れていますが、これらの治療は生物学的製剤投与も含めて外来で可能となっており、入院が必要となるのは高度のADL障害を伴う症例に限られています。

トップに戻る

乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
090010xx01x0xx
乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 60 10.52 10.34 0.00% 60.67 361
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし    46 6.22 6.10 0.00% 54.26 361
090010xx97x0xx  乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし  6.48  
090010xx99x00x  乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   8.43  
090010xx99x01x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり    12.92  
 乳腺外科では乳がんの手術を主に行っています。その他に手術以外の治療(放射線療法、抗がん剤治療、ホルモン療法)となる乳がん症例や、乳房再建術を行う症例、良性腫瘍摘出術を行う症例が対象となっております。乳がんの手術では、乳房温存療法が主流であり、当院での乳房温存率は50%となっています。外科的治療以外の放射線療法、抗がん剤治療、ホルモン療法は一人一人患者さんの状況(病状、年齢、挙児希望の有無など)に応じて組み合わせ、治療を行っています。乳房切除術と温存療法はほぼ半数ずつとなっており、乳房同時再建、乳頭乳輪再建も行っています。平均在院日数は全国平均レベルと比較し短縮されています。

トップに戻る

新生児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
140010x199x00x
妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 288 4.89 6.17 3.82% 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし    96 11.66 11.16 2.08% 0.00  
140010x199x1xx  妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 1あり   77 9.44 11.21 10.39%  0.00  
140010x299x2xx  妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 2あり   61 23.79  27.74 0.00% 0.00  
140010x299x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 1あり
 32 26.63 22.05  0.00%  0.00  
 当センターでの院内出生数は約2,500と多く、比例して新生児科入院数や2,500g未満の低出生体重児も多いものとなっています。一方、当センター外出生の有症状児も広く受け入れており、治療後可能な限り依頼元の医療施設に転院もしくは退院の形でお返ししているため、転院率が高くなっています。出生体重2,500g以上での入院数288の多くは高ビリルビン血症や一過性多呼吸等の呼吸障害です。上記に掲載されている1,500g以上2,500g未満の低出生体重児以外にも、2019年の極低出生体重児(出生体重1,500g未満)の入院数は74、このうち1,000g未満の超低出生体重児は46でした。

トップに戻る

緩和ケア科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx9900xx
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 15 28.33 14.62 0.00% 77.00
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし    10 17.40 11.51 0.00% 76.70  
060050xx99x00x  肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   9.27  
060010xx99x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし    10.86  
06007xxx97x00x  膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12.83  
 当センターは区西南部(渋谷区、世田谷区、目黒区)を中心とした、緩和ケア病棟のあるがん診療連携拠点病院であり、緩和ケア科は「緩和ケアチーム」、「緩和ケア病棟」、「緩和ケア外来」を通じて緩和ケアの提供を行っています。
 緩和ケアチームでは、がん性疼痛のほか、呼吸困難、倦怠感、悪心・嘔吐、食欲不振、気持ちの落ち込みやイライラ、今後の療養についてのご相談など患者やご家族の問題に幅広く対応しています。また、緩和ケア病棟、一般病棟の入院にかかわらず必要に応じて神経ブロックなどの専門的な治療や、放射線科、サイバーナイフ科、整形外科、歯科などの専門領域とも積極的に連携しています。緩和ケア病棟では、医師や看護師、薬剤師、心理士による心身のケアに加えて、管理栄養士による患者さんの嗜好性や嚥下機能、腸内環境の改善を目指した食事についても積極的に取り入れています。
 緩和ケア病棟では、音楽療法士やハープセラピストによるスピリチュアルケアやリラクゼーションのためのケアが定期的に提供されています。また、病棟の設立当初よりボランティアがラウンジでのくつろぎの時間のお手伝いや、病室でのアロママッサージなどを提供しています。
 緩和ケア外来では、院外、院内からの緩和ケア病棟への登録のための初診外来の他、緩和ケア病棟からの退院患者や緩和ケアチーム診療患者の退院後フォローアップ、外来での症状緩和依頼などに対応しています.

トップに戻る

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
【項目の説明】
  1. ・5大癌:
  2.   日本でのがんの罹患や死亡が顕著である胃がん、大腸がん(結腸、直腸)、肝がん、肺がん、乳がんを主要5大がんとしています。
  3. ・UICC病期分類(ステージ):
  4.   国際対がん連合(UICC)の定めるTNM分類(腫瘍の拡がり、リンパ節への転移、他の臓器への転移)に基づき、がんの病期(ステージ)が決定されます。
  5. ・初発:
  6.   当該腫瘍の診断、診断と初回治療、初回治療を実施した場合を指します。
  7. ・再発:
  8.   当センター・他施設を問わず、初回治療が完了した後、当センターで診療した場合や、治療寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 57 - 12 35 - 25 1 8,7
大腸癌 61 45 53 98 13 215 1 8,7
乳癌 56 36 - - - 21 1 8,7
肺癌 74 22 53 111 21 127 1 8,7
肝癌 11 25 15 10 - 209 1 8,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当センターにおける“がん治療”とは、“がん”でなく“がん患者さん”を対象とした治療を心がけることにあります。
 “がん”を治療する過程で発症または、状態が悪くなったがん以外の病気(心臓病や糖尿病など)についても、全診療科が共同して“がん患者さん”の治療にあたります。当センターは、「地域がん診療連携拠点病院」として地域医療機関よりStageに係わらず多くのがん紹介患者を受け入れるだけでなく、自施設の人間ドックで早期発見されたがん患者さんを受け入れるなど、様々なStageのがん患者さんに対して専門的ながん治療を行っております。
 また、緩和ケア病棟に限定せず、がん治療早期からの緩和ケア医療の相談に対応しております。
 初発については、StageⅠ~Ⅲまでは手術を行う患者さんが多く、StageⅣに進むにつれて化学療法や放射線照射などの治療を行う患者さんが多くなります。
 ロボット支援手術や内視鏡的治療、腹腔鏡下手術、胸腔鏡下手術などの負担が少ない治療法、化学療法と放射線照射の組み合わせ、あるいはサイバーナイフ治療などの手術以外の選択肢などから、がん患者さんごとの病状や要望を伺いながら治療方法を選択していきます。外来においても積極的に化学療法を行っています。
 再発について、胃がん、大腸がん、肺がんの3つは化学療法目的に再入院している患者さんが多く、肝がんについては「肝動脈塞栓術(TAE)」「肝動脈化学塞栓術(TACE)」「肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(RFA)」を施行している患者さんが多いです。
 StageⅢ~Ⅳや再発症例で他施設では治療が難しい症例についても、当センターでは積極的な治療に取り組んでいます。 Stage不明については、入院期間中に検査結果が出ない場合や、入院中の情報だけではStageが判別できない場合が該当します

トップに戻る

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

【項目の説明】
 成人(20歳以上)の市中肺炎につき、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示します。
 市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎をいいます(誤嚥性肺炎、ウイルス性肺炎、インフルエンザ等は除外)。
 重症度分類は、市中肺炎ガイドラインによるA-DROPスコアを用いており、重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類しています。

【定義】
  1. A-DROPスコア(身体所見・年齢による肺炎の重症度分類)
  2. ① 男性70歳以上、女性75歳以上
  3. ② BUN21mg/dl以上又は脱水あり
  4. ③ SpO2 90%以下(PaO2 60torr以下)
  5. ④ 意識障害あり
  6. ⑤ 血圧(収縮期)90mmHg以下

 ※ 5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点となります。

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 50 7.72 50.52
中等症 107 13.50 75.12
重症 22 13.59 81.05
超重症
- - -
不明



成人市中肺炎の重症度別患者数等


 当センターの傾向として、中等症の患者さんが最も多く、重症度が上がるごとに長い治療期間を要します。また、軽症の患者さんの年齢が50歳代であるのに比べ、中等症~超重症になるほど高齢の患者さんが多くなっています。

トップに戻る

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

【項目の説明】
  最も医療資源を投入した傷病名のICD10別(G45$、G46$、I63$、I66$、I675、I679)に集計しています。
脳梗塞の発症日から「3日以内」「その他」に分けた数値、脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しました。

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 150 17.89 71.98 29.45%
その他 13 15.15 70.92 2.45%

 

 当センターの脳梗塞患者さんの総数は163件、平均在院日数は17.67日となっています。リハビリの継続が必要な患者さんは、専門病院へ転院して、リハビリを継続しています。
 脳神経外科専門医、脳卒中専門医が24時間常駐して診療しています。特に重症な患者さんの治療に関しては救急科と連携し、救命救急センターおよび脳卒中集中治療室(SCU)での急性期治療を行っています。積極的に、迅速なrt-PA静注療法を実施し、常に脳神経血管内治療専門医がカテーテル治療(脳血栓回収術)を実施できる体制を確保しています。

トップに戻る

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

【項目の説明】
  診療科別に手術件数の多い順に3術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しています。
なお、患者用パスについては任意の掲載となっており、当センターでは現在検討中です。
入院中に行った手術のうち、1番最初に施行した手術のみをカウントしています。

【定義】
  手術術式点数表コードによる集計でありますが、輸血関連(K920$)、創傷処理等の軽微な手術を除外しています。

診療科名 診療科名 診療科名
小児科 放射線科 消化器内科
整形外科 泌尿器科 胃・食道外科
脳神経外科 産科 肝胆膵・移植外科
呼吸器外科 婦人科 糖尿病内分泌科
心臓血管外科 循環器内科
大腸肛門外科
小児外科 腎臓内科
乳腺外科
眼科 血液内科
新生児科
耳鼻咽喉科

小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K570-3
経皮的肺動脈形成術
11 1.00 3.73 0.00% 3.00
K5761
心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの 等 - - - - -
K5762 心室中隔欠損閉鎖術 肺動脈絞扼術後肺動脈形成を伴うもの 等   - - - - -  
K386 気管切開術   -
-  -  
K5792
不完全型房室中隔欠損症手術 心房中隔欠損パッチ閉鎖術及び弁形成術を伴うもの
- - - - -
 当センターは周産母子・小児センターとして出生前から先天性心疾患を疑われ入院になる症例や、他院で出生後に先天性心疾患を疑われて入院になる場合があります。出生後は診断・管理そして治療まで一連の対応を新生児科や心臓血管外科と協力して行っています。複雑な先天性心疾患症例の取り扱いが多く、心臓カテーテル検査は年間120件を超えて行っておりますが、1歳未満の検査が半数を超え、3分の1の症例ではカテーテル治療を行っています。また、手術症例は術後の急性期を過ぎた頃から心臓血管外科より引き継いで小児科で管理しています。

トップに戻る

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0821
人工関節置換術 肩、股、膝 等
125 1.54 16.45 29.60% 71.75 577
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 等   122 2.57 13.08 15.57% 73.87 573
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 等    98 2.55 18.23 29.59% 71.11 573
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 等   76 1.00 15.93 43.42% 68.47 576
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 等    55 1.55 7.64 9.09% 59.47  
 術式では、脊椎固定術、椎弓形成術、人工関節置換術、骨折観血的手術が主なものになっています。患者の平均年齢は、いずれも70才前後ですが、短期の入院で自宅退院、早期社会復帰が実現されている割合が高くなっています。骨折手術では術前日数が短く、急性期での早期治療を実現しています。

トップに戻る

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K1692
頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 等 50 4.56 19.18 20.00% 64.98
K1781 脳血管内手術 1箇所 等   34 1.44 9.85 11.76% 59.41  
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術    24 0.25 8.96 16.67% 75.46 584
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの 等    19 0.37 31.05 73.68% 69.74  
K1742 水頭症手術 シャント手術 等    18 5.22 18.39 22.22% 36.00  
 脳神経外科の特徴としてはサイバーナイフによる脳腫瘍治療に積極的に取り組んでいることを反映して、悪性・良性ともに脳腫瘍患者が集まり、開頭腫瘍摘出術の件数が多くなっています。また低侵襲治療の実践を反映して、開頭や開創をせずに血管内から動脈瘤や血管狭窄を治療する、血管内手術、経皮的頚動脈ステント留置術なども増えてきています。一方、血管内アプローチでは治療困難な動脈瘤、危険な頚動脈狭窄に対して、最小開頭・小切開による脳動脈瘤頚部クリッピング術や頚動脈内膜剥離術なども積極的に行っています。慢性硬膜下血腫は地域の疾患罹患率を反映し、どの医療機関でも手術件数が多い傾向となる疾患です。また当科では救急・脳卒中医療への積極的な取り組みにより、緊急開頭による頭蓋内血腫除去術、脳虚血性疾患に対する血管内治療(血栓回収や動脈形成)、脳動脈吻合術なども多数行っています。

トップに戻る

呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K514-23
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 等 41 1.46 7.54 0.00% 68.07 372
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 等   38 2.87 4.11 0.00%  36.37 372
K514-21  胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 等  17  1.82 5.41 0.00%  65.35 372
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除  14 1.36 8.14 0.00% 65.93 372
K5132 胸腔鏡下肺切除術 その他のもの 等    12 1.25 5.58 0.00% 63.75 372
 当科では、肺や縦隔の腫瘍の手術治療を担当しています。その中で、最も多い手術は、原発性あるいは転移性の肺悪性腫瘍手術です。原発性、転移性にかかわらず、その大部分を、侵襲の少ない完全胸腔鏡下手術で行っています。2019年度後半にはロボット支援胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術を導入しました。高齢者の方や低肺機能の方には、肺機能を温存するために、肺部分切除術や区域切除術を適応しています。また、肋骨や胸椎に浸潤しているような進行肺がんには、開胸手術を適応しています。手術入院の方には、手術に必要な検査や診察を外来通院で済ませていただき、手術の前日入院、術後1週間で退院を目標としています。入院手術にあっては、患者用パス「呼吸器の手術」を用いて、手術前、手術後の入院経過を分かりやすく説明しています。

トップに戻る

心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6171
下肢静脈瘤手術 抜去切除術 等 26 1.12 1.15 0.00% 69.96 391
K5612ロ ステントグラフト内挿術 1以外の場合 腹部大動脈    12 1.58 15.33 0.00% 73.83 392
K5612イ ステントグラフト内挿術 1以外の場合 胸部大動脈 等   10 10.60 11.50 0.00% 66.20 392
K5551  弁置換術 1弁のもの   -  
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 等  -  
 当センターは周産期体制が充実しており、当科では新生児や低出生体重児に係る先天性心疾患症例が多いのが特徴ですが、本DPC統計においては入院中診療科である新生児科に計上されているため、上記表には表示されておりません。また、成人の心疾患である冠動脈疾患や弁膜症、大動脈瘤や閉塞性動脈硬化症などの動脈疾患等を含めた心臓血管外科領域の手術全般にも対応しております。

トップに戻る

小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K634
腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 90 0.99 0.98 0.00% 3.90 551
552
K836 停留精巣固定術   49 1.00 0.16 0.00% 2.02 551
552
K6333  ヘルニア手術 臍ヘルニア   24 0.96 1.00 0.00%  2.13 551
552
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等   21 1.14 0.71 0.00% 0.86 551
552
 K288 副耳(介)切除術   -  
 小児外科疾患は多岐にわたっており、扱う疾患の種類は60以上にのぼります。そのうち日常的に多い疾患は、鼡径ヘルニア(精索水瘤、陰のう水腫も術式は同じ)、停留(遊走)精巣、臍ヘルニア、急性虫垂炎などであり、これらの疾患で全体のおよそ半数を占めます。小児外科手術の高難度手術のほとんどは稀少例であり、上位疾患には挙がりませんが、当センターでは多岐にわたる高難度手術も安全に施行しています。なお、上記疾患はあくまでもDPC分類に基づくデータであり、日本小児外科学会やNational Clinical Data (NCD)が採用している分類とは異なるため、当センター小児外科ホームページで公表している数値とは差異があることを申し添えます。術前を含めた入院日数は、腹腔鏡下鼡径ヘルニア根治術、臍ヘルニア根治術、1才未満での精巣固定術の方は2泊3日、1才以上の直達法での鼡径ヘルニア根治術、精巣固定術の方は1泊2日とさせて頂いております。精巣固定術を受けた方の中には移動性精巣の患者さんが含まれているため、平均年齢が2.02才になっていますが、停留精巣のお子さんには原則として1才±2ヶ月での手術をお勧めしています。

トップに戻る

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ
水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 等 259 0.10 1.27 0.00% 75.38 651
652
K2683 緑内障手術 濾過手術 等    61 0.10 5.44 0.00% 67.10 654
K2682 緑内障手術 流出路再建術 等   27 0.37 3.04 0.00% 71.56 654
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 等   19 0.11 3.89 0.00% 65.84 653
K259 角膜移植術   17 0.12 10.65 0.00% 71.88  
 眼科では手術は前日入院を行わず、ほとんどの症例で当日入院で行っております。白内障手術を含め、可能な限り日帰り、または短期入院での治療に取り組んでいます。『水晶体再建術』に関しては片眼1泊2日および2泊3日のクリニカルパスを用いており、入院期間も短くなっています。また両眼白内障の手術も3泊4日でクリニカルパスで対応しています。緑内障手術は濾過手術は術後眼圧管理のこともあり術後日数は流出路再建術よりは長い傾向にあるができる限り外来で対応しております。網膜・硝子体手術は黄斑前膜の疾患が多いため術後期間は短い傾向になっています。

トップに戻る

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K3772
口蓋扁桃手術 摘出 等 77 1.00 6.14 0.00% 20.47 682
K3191 鼓室形成手術 耳小骨温存術 等   45 1.24 1.58 0.00% 41.18 685
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 等    25 1.00 0.44  0.00% 4.92 683
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 等   22 1.23 2.59  0.00% 65.45 688
K340-6  内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型(汎副鼻腔手術)  20 1.00 2.20  0.00% 49.65 688
2019年度は中耳手術として鼓室形成術53例、乳突洞削開19例、アブミ骨手術1例、顔面神経減荷術2例、中耳手術摘出術1例、内耳窓閉鎖術1例、鼓膜形成術8例を手術室で行いました。局所麻酔、全身麻酔ともに3-4日の入院です。鼻副鼻腔手術は、鼻内内視鏡手術73例、draf3例、EMMM3例、涙嚢鼻腔吻合術3例、後鼻神経切断術58例を行いました。4-5日の入院で行っています。扁桃摘出(+アデノイド切除)は、睡眠時無呼吸症候群と慢性扁桃炎に対して行っており、約1週間の入院です。小児で滲出性中耳炎または反復性中耳炎で鼓膜チューブ留置が必要な場合(かつ外来でのチューブ留置が困難な症例)は全身麻酔下に鼓膜チューブ留置を施行しています。術前日からの入院で、入院期間は2日間となっています。 

トップに戻る

放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K616
四肢の血管拡張術・血栓除去術 29 0.76 2.34 0.00% 72.41
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術   28 0.57 1.57 0.00% 67.64  
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 等   18 1.11 2.67 0.00% 56.11  
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術    
K5612ロ ステントグラフト内挿術 1以外の場合 腹部大動脈    
 上記は放射線血管内治療科入院中の患者さんに対する治療実績であります。他科入院中の患者さんで当科治療の患者さんも合算しますと、四肢の血管拡張術・血栓除去術は38件、経皮的シャント拡張術・血栓除去術は48件、血管塞栓術は39件となっています。大動脈ステントグラフトに関しても心臓血管外科と相互に協力して行っております。双方あわせて破裂性大動脈瘤、急性大動脈解離(A型並びにB型)も含めて、胸部14例、腹部17例、頸部1例です。このステントグラフトに関してですが、昨今、エンドリークの問題も多く見受けるようになりました。外部医療機関でステントグラフト治療後の場合においても、当センターでのエンドリーク治療は可能です。また、血管奇形、内臓動脈瘤(脾動脈瘤、腎動脈瘤、上腸間膜動脈瘤)、動脈解離(大動脈解離、腹腔動脈解離、上腸間膜動脈解離)、動脈閉塞性疾患(大動脈狭窄、閉塞性動脈硬化症、シャント不全)など積極的に治療しております。最近の特徴としましては、近隣病院入院中の患者さんの対応が増加していることです。当科の特殊性が垣間見られる変化と思われます。

トップに戻る

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K783-2
経尿道的尿管ステント留置術 82 0.62 2.35 1.22% 64.39
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 等   66 1.74 4.86 0.00% 72.52  
K843-4  腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの)  45 1.53 9.62  0.00% 70.00 622
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 等   24  1.54 2.08  0.00%  60.33  
K773-2  腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術   19 2.00 8.68  0.00% 66.53  
 身体への侵襲がより少なく、術後の回復が早い、ロボット支援手術、泌尿器腹腔鏡手術に積極的に取り組んでいます。ご参考までに2019年度の当科の手術実績は、以下の通りです。 ロボット支援根治的前立腺摘除術:47例、経尿道的膀胱腫瘍切除術:80例、膀胱全摘+尿路変向:3例(うちロボット支援:2例)、腎(尿管)悪性腫瘍手術:42例(うちロボット支援:12例、腹腔鏡下:19例)、経尿道的尿路結石破砕術(レーザーによるもの):29例、副腎摘除:9例(うち腹腔鏡下:9例)、生体腎移植:4例、ほか:623例、計837例。

トップに戻る

産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8981
帝王切開術 緊急帝王切開 等 360 6.29 7.29 0.28% 34.84
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 等  294 5.93 6.90 0.00% 36.10  
K9091イ 流産手術 妊娠11週までの場合 手動真空吸引法によるもの   83 0.01 0.98  0.00% 36.41
K907 胎児外回転術    32 0.00 1.47 0.00% 35.63  
K9062 子宮頸管縫縮術 シロッカー法又はラッシュ法 等    11 4.00 9.82 0.00%  35.27 502
 上位2コードは帝王切開術であり、妊娠、分娩経過において発生する母児の異常に適切、迅速に対応し、安全な分娩のために行うものです。当センターではハイリスク妊娠・分娩症例を多く扱っていますが、2019年における総分娩数あたりの帝王切開率は27%にとどまっており、安全に配慮しながらできるだけ経腟分娩が行えるよう管理しています。流産手術においては、母体に負担の少ない手動真空吸引法で施行しています。平均術前日数はほぼゼロで基本的に入院当日に手術を行っています。いずれの疾患においても平均術後日数は短く、順調に退院となっています。当センターにおける妊産婦の半数が35歳以上であることから、上位5コードいずれにおいても平均年齢は35歳前後です。当センターではさまざまな合併症を含めあらゆる治療に対応できるため転院することはほぼなく転院率はほぼゼロで治療を完結しています。なお、正常分娩は健康保険の適用とならずDPCの対象外であるため、上記には含まれていません。

トップに戻る

婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8882
子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 等 103 0.96 3.92 0.00% 37.87 532
539
K867 子宮頸部(腟部)切除術    55 0.73 0.78  0.00% 41.85  
K877 子宮全摘術   51 1.08 7.00  0.00% 49.08  
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術   44 1.02 4.80  0.00% 38.45 532
539
K877-2  腹腔鏡下腟式子宮全摘術  31 1.00 5.77  0.00% 46.55 532
539
 上位5コードのうち多くは、身体に負担が少なく創部ができるだけ目立たないように内視鏡を用いた手術や、子宮を温存し妊娠出産が可能となるよう配慮した手術方法です。いずれにおいても、できるだけ入院日数の短縮を目指し、術前準備を効率的に行い、合併症がない例では原則として前日の入院としています。平均術後日数も短く、ほとんどの例が最小限の日数で順調に退院しています。転院率はほぼ0%で当センターにてすべて診療が完結しています。平均年齢は子宮全摘術では40歳代後半ですが、その他の妊孕性温存可能な手術においては30歳代後半から40歳代前半です。手術治療においては、年齢や再発の可能性、今後の妊娠出産や日常生活復帰等について配慮を行いつつ、最適な手術方法をご本人と十分話し合って選択しております。

トップに戻る

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493
経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 137 2.61 3.60 0.00% 72.11
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 74 1.08 2.28 0.00% 63.01 144
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの   18 0.11 12.28 11.11% 69.61  
K597-2 ペースメーカー交換術  14 4.07 6.71 0.00% 78.79  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの   14 0.21 9.21 0.00% 57.29  
 最も多い疾患は狭心症、不安定狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患で、治療の3本柱は適切な内科治療、冠動脈形成術、冠動脈バイパス術です。これらから、患者さんの状態にあわせて最も適切な方法を選択し、あるいは組み合わせて治療しています。 最も件数の多いカテーテル治療はステント植え込みによる冠動脈形成術です。一回の入院で診断カテーテル検査に引き続き冠動脈形成術を行うことがあります。治療適応の判定には、冠動脈内の圧力から計測する冠血流予備量比(FFR)という指標が重要視されており、これを積極的に利用しています。さらに、血管の中を観察する冠動脈内超音波検査や光干渉断層法(OCT)検査を併用することで、効果を上げております。2019年の冠動脈形成術の件数は256件でした。不整脈、主に心房細動のカテーテルアブレーション治療は1-2泊の短期入院で治療を行っており、在院期間は短くなっています。2019年は69件施行しました。徐脈や不整脈に対するいわゆるデバイス治療としてペースメーカや除細動器植え込み手術など、最新機器を用い積極的に行っています。徐脈で心不全や失神を来して緊急で来られた方には一時的に体外ペーシングを行い、その後ペースメーカを植え込みます。心不全に対する心臓再同期治療も行っています。 

トップに戻る

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K610-3
内シャント又は外シャント設置術 等  46 6.33 7.07 0.00% 67.88
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術  38 4.26 9.32  0.00% 66.84  
K7211  内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 等 13 2.77 3.08  0.00% 68.00  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 11 1.00 9.09  0.00%  61.82  
K607-3  上腕動脈表在化法  -  
 腎臓内科の(K610-3(内シャント又は外シャント設置術 等))手術はバスキュラーアクセス(血液透析において患者さんと透析装置との間で血液循環を可能とするために患者さん側に設けられる仕組みのこと)で、計画的にバスキュラーアクセスの作成のため手術と透析の導入を分けてより短期の入院を目指しています。腹膜透析導入の際の術前・術後在院日数が比較的長い理由としては、手術と同期した患者教育が重要と考えているからです。他科と連携した診療の効率が必要と考えられます。当科の術後日数が長い理由としては、他施設及び他診療科からの紹介が主であり、術前の連携が十分でないためと考えられます。連携の仕組みをより洗練させることにより短縮が図れること、術後日数に関しては腎臓内科での診療の効率化を行っていくことにより改善できると考えられます。

トップに戻る

血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K9212ロ
造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 59 5.83 1.47 0.00% 56.53
K6262 リンパ節摘出術 長径3センチメートル以上 等    
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 等    
K654  内視鏡的消化管止血術   
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術    
 自家末梢血幹細胞移植とは、あらかじめ自分の造血幹細胞を採取しておきます。そして、大量の抗がん剤を投与した後に、保存しておいた造血幹細胞を静脈内に点滴で戻す治療法です。一般的には2回分の自家末梢血幹細胞移植を行えるだけの幹細胞を採取し、保存します。 当センターの血液内科病棟は専用クリーン病棟となっており、8床の個室無菌室と16床の4人部屋無菌室を有しており、造血幹細胞移植も積極的に行っております。当センターでの症例数ですが、自家末梢血幹細胞移植と同種造血幹細胞移植を合計した症例数は、2015年:45例、2016年:50例、2017年:80例、2018年:67例、2019年68例です。自家末梢血幹細胞移植の件数は、2014年:37例、2015年:37例、2016年:32例、2017年:50例、2018年:49例と5年間全国1位の実績があり(日本における造血幹細胞移植・全国調査報告書)、2019年は48例でした。

トップに戻る

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 94 1.56 1.78 0.00% 68.70 091
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 2センチメートルを超えるもの その他のもの 等 80 1.94 4.58 0.00% 75.39 096
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD)   51 0.75 11.31 1.96% 75.92  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 41 0.78 7.63 0.00% 68.29  
K6532 
内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 等  40 1.20 5.78 0.00% 73.58 092
 肝がんに関しては初期の段階から進行した段階まで、病状に応じて全ての時期に最適な治療を行うことができます。ラジオ波焼灼療法では治療数で世界最多を誇る東大グループで治療を行ってきた術者がきめ細かく一例一例治療を行います。肝炎、肝硬変に対する最新の治療も行っています。 胆道系の結石及び悪性腫瘍による閉塞性黄疸に対する内視鏡的治療を積極的に行っています。 近年大腸ポリープ・大腸がんの頻度は増加しており、早期発見のためには大腸内視鏡検査が重要となります。通常のポリープであれば内視鏡的大腸ポリープ切除術や内視鏡的粘膜切除術(EMR)を施行し、病変の大きさ等を考慮して外来での治療もしくは2泊3日程度の入院での治療を行っています。早期の大腸がんに対しても内視鏡的に治療を行っています。上記疾患等は予定入院となる為、術前検査はほぼ2日弱と短く、術後日数もクリティカルパスの利用で短縮が図られています。転院はほとんどありません。平均年齢は、高齢化傾向にあります。 

トップに戻る

胃・食道外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K634 
腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 25 0.88 2.68 0.00% 63.08
K7181  虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 等   19 0.37  3.47 0.00% 38.16  
K6335  ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等   19 1.16 2.74 0.00% 71.42  
K6552  胃切除術 悪性腫瘍手術 等  18 5.28 15.06 0.00% 73.39  
K655-22 
 
腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 等  13  1.69 11.69 0.00% 66.31  
 地域がん診療拠点病院であるとともに地域の中核病院として鼠径ヘルニア、虫垂炎の手術も積極的に行っています。胃がん手術の約3割を腹腔鏡で行っています。表には出ていませんが食道がんは全例に胸腔鏡・腹腔鏡を用いた低侵襲手術を行っています。高齢者や糖尿病・透析など合併症をもつ患者さんも積極的に受け入れている関係で周術期の在院日数はやや長い傾向にあります。

トップに戻る

肝胆膵・移植外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K672-2
腹腔鏡下胆嚢摘出術 64 2.41 5.70 0.00% 54.92 311
K6951  肝切除術 部分切除 等   24 5.38 16.08 0.00% 63.38  
K6152   血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術)  18 1.61 9.50 0.00% 72.11  
K688  内視鏡的胆道ステント留置術 17 1.41 17.59 0.00% 54.53  
K7022  膵体尾部腫瘍切除術 リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合 等  15 5.87 24.87 0.00% 69.87  
 肝胆膵・移植外科にて行っている治療としては、肝胆膵領域の悪性疾患に対する根治手術の他に、良性疾患である胆嚢・胆管疾患に対する手術治療や、悪性疾患に対する手術以外の治療(化学療法や血管内治療、放射線療法など)が挙げられます。2019年度の手術件数は250例を超えており、「肝切除」は約60例、「膵頭十二指腸切除」は約18 例、「膵体尾部脾切除」は16例であり、「膵全摘」は2例でありました。胆石症などに対する腹腔鏡下胆嚢摘出術は、術前入院期間が2.4日、術後の入院期間が5.7日となっておりますが、診療パスに沿った入院の場合以外に、有症状で入院し精査の後そのまま手術を行った場合や、術後に遺残結石を内視鏡的に除去した場合を多く含んでおります。以前よりも短縮傾向にあります。肝細胞がんなどの原発性肝がんや転移性肝がんに対する手術治療が上記の2番目に挙げられております。3番目に挙げられております肝細胞がん対する血管塞栓術(肝動脈化学塞栓術)は肝機能不良な場合や高度進行例が多く含まれているため、術後の在院日数が比較的長くなっております。内視鏡的胆道ステント留置術は良性の胆石関連の疾患に対する処置に加え、悪性疾患による胆道閉塞などに対する処置としても行われております。膵癌に対する手術治療は近年増加傾向で有、5番目に挙げられております。術後膵液漏に対する処置を入院にて行っており、術後の平均在院日数が長めになっております。

トップに戻る


糖尿病内分泌科
 
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K616
四肢の血管拡張術・血栓除去術  10 8.90 36.30 40.00% 66.80
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 等   -  
K2821ロ   水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 等  -  
K688  内視鏡的胆道ステント留置術   -  
K0841   四肢切断術(下腿) 等  -  
 
 糖尿病足病変に伴う、下肢血管に対するカテーテル処置や重症例の足部外科的処置に対応しています。

 

大腸肛門外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等  80 0.73 1.34 0.00% 70.01 331
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等 72 1.14 2.63 0.00% 68.33 335
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 57 2.58 13.14 3.51% 71.96  
K7193   結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 等 21 6.81 17.19 9.52% 76.10   21 6.81 17.19 9.52% 76.10  338
K740-22   腹腔鏡下直腸切除・切断術 低位前方切除術 等 19 2.16 14.42 0.00% 69.05  339
3310
 大腸肛門外科では、特に大腸がんの治療に関しては、腹腔境下手術をはじめとする低侵襲治療が診療の中心となっています。勿論、その根治性を損なうことなく、かつ安全に施行することを前提として、結腸がんから直腸がんまであらゆる部位の大腸がんを適応としております。今年度、腹腔鏡手術が占める割合は、結腸がんでは78%、直腸がんでは86%でした。合併症は少なく、平均術後日数も2週間程度となっております。また、消化器内科だけではなく当科においても下部消化管内規鏡検査を多く施行しており、大腸ポリープが発見された場合には内視鏡下の切除も施行可能です。大きなポリープ切除に関しては出血や穿孔のリスクを考慮して入院にて施行しておりますが、1~2日で退院可能となっております。鼡径ヘルニアの外科治療は、患者さんの状態あるいはご希望に応じて、腹腔鏡下や従来の前方からのアプローチによりヘルニア根治術を行っております。これに関しても、合併症頻度は少なく、術後2日ほどで退院となっております。

トップに戻る

乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K4762
乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等  46 1.13 4.09 0.00% 54.26 361
K4763  乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等   37 1.41 7.92 0.00% 59.11 361
K4765  乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 等  20 1.30 8.95 0.00% 62.35 361
K476-2   再建乳房乳頭形成術   - - 362
K4764   乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う36-1もの(内視鏡下によるものを含む。))    -  - 361
 乳腺外科では、悪性疾患として乳がんが主な対象で手術が行われています。乳房温存率が主流であり、当科での乳房温存率は約50%です。乳がんの性格に合わせ,最初に抗がん剤を用いて腫瘍を小さくすることも行っています。腋のリンパ節は現在、転移のない人は取らず、CTリンパ管造影と色素法を併用したセンチネルリンパ節生検を施行し、高いセンチネルリンパ節同定率を確保しています。乳房切除した患者さんのために、当科では、専門医が乳房再建術を行っています。乳がんの手術と同時に再建をスタートさせる同時再建、術後しばらくしてから再建をスタートする二次的再建、どちらも行うことができます。

トップに戻る

新生児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K9131 
新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの  50 0.00 65.26 2.00% 0.00
K9132  新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの  27 0.00 56.74 7.41% 0.00  
K563  肺動脈絞扼術  21 9.67 50.33 57.14% 0.00  
K5622  動脈管開存症手術(動脈管開存閉鎖術(直視下)) 等 9 15.89 71.22 44.44% 0.00    -  
K566  体動脈肺動脈短絡手術(ブラロック手術、ウォーターストン手術)    -  
 一般に、生まれてくるお子さんの10人に1人が呼吸の確立に何らかの助けが必要と言われています。新生児仮死蘇生術とは、生まれてきた児が産声を上げない、脈拍が弱い、筋緊張が弱いなど生命危急の状態に対し速やかに行う蘇生のことを言います。仮死第1度に対し50件の蘇生術が行われ、より重症度の高い仮死第2度に対し27件で蘇生術が行われました。当院は新生児の外科治療が可能なことも特徴で、新生児科での入院中に小児外科、心臓血管外科、脳神経外科等の協力のもと年間70例を超える手術が行われています。肺血流増多を認める先天性心疾患合併児21人に対し肺動脈絞扼術が行われ、動脈管開存症を合併した低出生体重児9人に対し閉鎖術が行われています。他のNICUから手術の目的で当センターに転院されるお子さんもおり、その場合は可能な限り、術後状態が安定した時点で、依頼元の医療施設にお戻ししています。 

トップに戻る

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

【項目の説明】
 医療の質の改善のため、臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも改善すべき4症例の症例数と発症率です。
 最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固症候群(DIC)(DPC6桁:130100)、敗血症(DPC6桁:180010)、その他の菌血症(DPC6桁:180035)、手術・術後の合併症(DPC6桁:180040)について、入院契機病名の同一性かどうか区別して症例数をカウントしています。
 同一性の有無とは、上記4つの各医療資源病名の症例について、入院契機傷病名に対するICD10コードが、下記表の医療資源最傷病名に対応するICD10コードに該当している場合は「同一」とします。
医療の質の改善のため、臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも改善すべき4症例の症例数と発症率です。
 最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固症候群(DIC)(DPC6桁:130100)、敗血症(DPC6桁:180010)、その他の菌血症(DPC6桁:180035)、手術・術後の合併症(DPC6桁:180040)について、入院契機病名の同一性かどうか区別して症例数をカウントしています。
 同一性の有無とは、上記4つの各医療資源病名の症例について、入院契機傷病名に対するICD10コードが、下記表の医療資源最傷病名に対応するICD10コードに該当している場合は「同一」とします。

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 14 0.09%
180010 敗血症 同一 21 0.13%
異なる 18 0.11%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 57 0.36%
異なる 11 0.07%
 当センターは、急性期病院として救命救急センターや総合周産期センターを配しており、地域の最重症の患者さんが搬送されてくるため、基本病態に付随して播種性血管内凝固症候群、敗血症、手術・処置等の合併症を発症しているケース等も含まれています。
 手術・処置等の合併症(68件)については、最も多い分類は「心臓および血管のプロステーシス、挿入物および移植片の合併症」で、そのうち、透析シャント閉塞や狭窄が最も多くなっています。透析施設を有する当センターでは、透析を行うにあたって併発するシャント閉塞や狭窄について、速やかに治療を行う体制が整えられています。

 


トップに戻る

更新履歴
2020/09/29  病院指標を公開しました                    

 

小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
03001xxx99x2xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法なしかつ放射線療法あり(2) 57 6.61 34.32 8.77% 67.23
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 41 2.54 3.32 0.00% 1.73
11022xxx02xx0x 男性生殖器疾患 陰嚢水腫手術等 副傷病なし 31 2.00 4.80 0.00% 3.90
 1番目に脳神経外科に含まれるはずのサイバーナイフ治療を行った疾患があがっているのは、サイバーナイフ治療を始めた当初診療科コードを誤って小児外科に含まれる設定にしてしまった経緯があり、現在、平成28年度データより脳神経外科に含まれるよう修正済みです。
 実際には最も多いのは鼠径ヘルニア(精索水瘤を含む)であり、昨年の患者数は96例となります。次に多いのは停留精巣・移動性精巣で40例、3位は急性虫垂炎で20例となります。もともと小児外科疾患は多岐にわたっており、扱う疾患の種類は60以上にのぼりますが、それぞれの疾患の発生頻度自体が低いため、新生児外科疾患(食道閉鎖症、消化管閉鎖症、鎖肛、ヒルシュスプルング病など)や肺切除術、胆道閉鎖・拡張症などに対する高難度手術を要する疾患は、DPCのランキングには上がってきません。陰のう水腫(精索水瘤)や停留精巣の手術後は患者さんが1歳未満の場合で1泊、1歳を超えている場合は、当日退院でお帰しできているため、全国の平均在院日数よりかなり短縮できています。停留精巣の中に移動性精巣の患者さんが含まれているため、平均年齢が1.73歳と高めになっていますが、停留精巣のお子さんには原則として1歳±2ヶ月での手術をお勧めしています。

トップに戻る

小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
03001xxx99x2xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法なしかつ放射線療法あり(2) 57 6.61 34.32 8.77% 67.23
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 41 2.54 3.32 0.00% 1.73
11022xxx02xx0x 男性生殖器疾患 陰嚢水腫手術等 副傷病なし 31 2.00 4.80 0.00% 3.90
 1番目に脳神経外科に含まれるはずのサイバーナイフ治療を行った疾患があがっているのは、サイバーナイフ治療を始めた当初診療科コードを誤って小児外科に含まれる設定にしてしまった経緯があり、現在、平成28年度データより脳神経外科に含まれるよう修正済みです。
 実際には最も多いのは鼠径ヘルニア(精索水瘤を含む)であり、昨年の患者数は96例となります。次に多いのは停留精巣・移動性精巣で40例、3位は急性虫垂炎で20例となります。もともと小児外科疾患は多岐にわたっており、扱う疾患の種類は60以上にのぼりますが、それぞれの疾患の発生頻度自体が低いため、新生児外科疾患(食道閉鎖症、消化管閉鎖症、鎖肛、ヒルシュスプルング病など)や肺切除術、胆道閉鎖・拡張症などに対する高難度手術を要する疾患は、DPCのランキングには上がってきません。陰のう水腫(精索水瘤)や停留精巣の手術後は患者さんが1歳未満の場合で1泊、1歳を超えている場合は、当日退院でお帰しできているため、全国の平均在院日数よりかなり短縮できています。停留精巣の中に移動性精巣の患者さんが含まれているため、平均年齢が1.73歳と高めになっていますが、停留精巣のお子さんには原則として1歳±2ヶ月での手術をお勧めしています。

トップに戻る


神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040081xx99x00x
誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 17.40 20.84 6.67% 85.00
010080xx99x001 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15歳以上    13 11.23 12.00 0.00% 46.46  
010230xx99x00x  てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   13 8.77 7.10 7.69% 56.23  
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  17.72 -  
010090xxxxx00x  多発性硬化症 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  14.46 -  
 神経内科で診療にあたる主な疾患は、脳血管障害、認知症、パーキンソン病などの神経変性疾患、多発性硬化症や重症筋無力症といった神経免疫疾患など慢性疾患の方が多く、診療は外来が中心となっています。これらの患者さんが入院のきっかけとなる疾患としては誤嚥性肺炎などの合併症が多く、DPCコードによる入院病名の統計では上位となっています。他に、入院となる疾患としてはてんかん重積や髄膜炎が比較的多いと思われます。急性期脳卒中などはDPCコードに影響する処置などにより細分化されているため、統計の上位には表れにくいものと思われます。

トップに戻る

神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040081xx99x00x
誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 17.40 20.84 6.67% 85.00
010080xx99x001 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15歳以上    13 11.23 12.00 0.00% 46.46  
010230xx99x00x  てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし   13 8.77 7.10 7.69% 56.23  
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  17.72 -  
010090xxxxx00x  多発性硬化症 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし  14.46 -  
 神経内科で診療にあたる主な疾患は、脳血管障害、認知症、パーキンソン病などの神経変性疾患、多発性硬化症や重症筋無力症といった神経免疫疾患など慢性疾患の方が多く、診療は外来が中心となっています。これらの患者さんが入院のきっかけとなる疾患としては誤嚥性肺炎などの合併症が多く、DPCコードによる入院病名の統計では上位となっています。他に、入院となる疾患としてはてんかん重積や髄膜炎が比較的多いと思われます。急性期脳卒中などはDPCコードに影響する処置などにより細分化されているため、統計の上位には表れにくいものと思われます。

トップに戻る


大腸肛門外科
 
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス

 
 
 

トップに戻る

大腸肛門外科
 
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス

 
 
 

トップに戻る

大腸肛門外科
 
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス

 
 
 

トップに戻る