薬剤部

薬剤部長

細谷 治(ほそや おさむ)

ごあいさつ

 近年、急速に進歩する医療のなかで、薬物療法はより安全で有効な治療を確立するために、細分化や専門化の方向に向かっています。さらにゲノムサイエンスをはじめ最先端医療においては、AIやICTの導入は論を俟ちません。この高度かつ複雑化する医療環境のなかで、安心で安全な薬物治療を提供するためには、多職種による連携が不可欠であり、チーム医療の一員として薬剤師に期待される役割も益々大きくなっています。薬剤部では、薬剤師個々の力(専門的知識や技能等)を集結し、これまで培ってきた地域や他部門との良好な関係性を土台にして、ペイシェントファーストを基軸とした新たな目標に向かっていきます。
 特に当センターが重点項目としている、小児・周産期医療、がん診療、救命救急、災害救護の4本柱において、より専門性の高い薬学的知見に基づく薬剤師の積極的な関与により、安心で安全な医療の提供を目指します。薬剤部では、これまで以上にモノとしての薬を中心とした業務から、患者さんに適用(投与)した薬の効果と安全性を確保するための継続的なマネジメント業務にシフトしていきます。また、間もなく訪れるAIを中心とした医療技術革新に対応すべく、薬剤師の新たな職能拡大も視野に入れ、我々は、薬剤師として薬学の専門性を柔軟に発揮する力と、医療人として生命の尊厳や、急進する先端医療とその制御のバランスを考えることができる倫理観を身に付け、さらに人として豊かな人間性を育むことをお約束します。
 すべては、赤十字精神を行動の原点に、患者さんの治療のみならず、健康づくりから、より健やかな生涯生活の維持まで、薬剤師としての支援サービスを提供します。

認定・指導薬剤師

日本医療薬学会認定薬剤師・指導薬剤師
スポーツファーマシスト
日本緩和医療薬学会評議員
リレーフォーライフジャパン川越実行委員長
かわごえ緩和ケアネットワーク世話人
城西大学薬学部特任教授 博士(薬学)

特徴・特色

薬剤部は、主に調剤、製剤、管理、病棟の4つの業務から成っています。薬剤部内では、入院・外来患者さんのお薬の調剤、医薬品管理、特殊医薬品の製剤、抗がん剤・静脈栄養輸液の調製および、医薬品の管理を行っています。また薬剤部外では、各病棟に配置された薬剤師がその専門性を活かして、薬物治療に関する様々な患者ケアを実践し、患者さんが安心して薬物治療を受けられるよう支援しています。その他の業務としては、当センターの機能である、東京都救命救急センター、地域がん診療連携拠点病院、東京都総合周産期母子医療センターなどに対応できる専門・認定薬剤師を配置し、医師をはじめ多職種医療スタッフと連携して薬学的患者ケアにあたっています。

主な業務

調剤

医師の処方せんに基づき、処方されたお薬の用法・用量、投与期間、休薬期間、併用薬などに問題がないか確認し、内用薬、外用薬、注射薬の調剤を行っています。

  調剤

製剤

市販されていない特殊な薬剤の製剤(処置薬、検査薬および治療上必要な薬剤)を行っています。また、抗がん剤の調製や、無菌製剤(静脈栄養輸液など)の調製も行っています。

TPN調整写真
無菌製剤の調製                       
抗がん剤調整
抗がん剤の調製

管理

医薬品の発注、納品、払出の管理、適正かつ安全に使用されるよう、麻薬、毒薬、向精神薬、血漿分画製剤(血液を原料とする医薬品)、ハイリスク薬の管理など薬事に関する業務を行っています。電子カルテ、薬剤システム、物流システムのマスタ管理も行っています。
また、適正かつ安全に薬物療法を行うために必要な医療、医薬品に関する様々な情報を収集、整備し、院内全体へ情報を発信しています。特に新規承認薬に関しては、患者さんへの不利益が生じないよう情報収集を行い、随時医師、医療スタッフへ留意事項などについて周知するようにしています。 医療スタッフからの薬剤に関する問い合わせにも対応しています。

病棟

各病棟に薬剤師を配置し、入院患者さんの薬学的ケアを実施しています。常用薬の確認、処方薬の監査、投与法、投与量の確認、処方提案、患者さんへの服薬指導、服薬・投与状況の確認、副作用のモニタリングなどを行っています。医師の回診、カンファレンスへの参加により、治療方針や患者状態など様々な情報を共有し、薬学的患者ケアに役立てています。
特に医薬品の中には、治療有効域の狭い薬剤や中毒域と有効域が接近して投与方法や投与量の管理の難しい薬剤があります。一部の薬剤においては投与量、投与間隔などを評価し、適正な投与設計を薬剤師が医師に提案しています。

その他の業務

医療チーム活動

栄養サポートチーム、感染対策チーム、褥瘡対策チーム、糖尿病ケアチーム、緩和ケアチームなどのミーティング、ラウンド、セミナーに参画し他職種のスタッフとの情報共有、患者ケアを実践しています。 

栄養サポートチームミーティング 写真

患者教室

糖尿病教室、消化器病教室、腎臓教室、がん患者学セミナーなどで、患者さんに対してお薬の飲み方、服薬意義などを講義しています。

妊娠・授乳期の薬相談外来

妊娠期、授乳期のお薬については患者さんごとの適切な情報を、カウンセリング方式で提供しています。対象となる患者さんについて、産婦人科医師と薬剤師が予約制で相談に応じています。

災害救護活動

国内・外で発生した自然災害や戦災時の災害救援・紛争犠牲者に対する救援や保健衛生向上のため医療要員とし現地へ派遣し、医薬品の管理などを行い、国内および国際貢献にも努めています。また、その際の医薬品管理も担っています。

薬学部学生の教育

6年制薬学部学生の実務実習を受け入れており、学生の指導、教育を行っています。

 

【専門・認定薬剤師】(2019年3月現在)
    日本薬剤師研修センター認定薬剤師 20名
    日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 6名
    日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師 2名
    日本病院薬剤師会認定実務実習指導薬剤師 2名    
    日本病院薬剤師会妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 1名
    日本臨床救急医学会救急認定薬剤師 3名
    外来がん治療認定薬剤師 2名
    がん専門薬剤師 1名
    抗菌薬化学療法認定薬剤師  1名
    日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師 1名
    栄養サポートチーム専門薬剤師 2名
    糖尿病療養指導士 1名
    緩和薬物療法認定薬剤師 1名
    プライマリ・ケア認定薬剤師 1名
    漢方薬生薬認定薬剤師 1名
    スポーツファーマシスト 3名

 

 

ページトップへ