スーパー総合周産期センター

当センターは、東京都から「母体救命対応総合周産期母子医療センター」(いわゆる「スーパー総合周産期センター」)の指定を受けております。スーパー総合周産期センターは、重篤な疾患により緊急に母体救命処置が必要な妊産褥婦さんが発生し、近くの救急医療機関等で受け入れが決まらない場合に、必ず患者さんを受け入れ、院内の救命救急センターをはじめ各診療科と密接な連携をとりながら治療を行う施設です。「母体搬送を、いつでも、どんな症例でも受ける周産期センター」という意味ではありません。対象となる症例はあらかじめ決まっており、救急疾患(脳血管障害、急性心疾患、交通外傷等) を合併した妊産褥婦さんや、重症の産科救急疾患(羊水塞栓症、前置癒着胎盤、常位胎盤早期剥離等)のため緊急に処置を必要とする妊産褥婦さん等が受け入れ対象となっています。

スーパー総合周産期センターは、当センターのほか、昭和大学病院、東京都立多摩・小児総合医療センター、日本大学医学部附属板橋病院が指定されています。当センターは、平成21年の「東京都母体救命搬送システム」創設と同時にスーパー総合周産期センターの指定を受け、周産期医療の「最後の砦」として日夜診療にあたっております。

MFICU(母体・胎児集中治療室)

MFICU

 母体や胎児の命に関わる重篤な問題が起こったときに、適切な医療対応と重点管理を行う部屋です。室内には分娩監視装置、呼吸循環モニター、超音波診断装置、人工呼吸器などの機器を備え、スタッフが24時間体制で対応しています。

NICU(新生児集中治療室)

NICU

早産や低体重、重い病気などが原因で特別な医学的管理を必要とする赤ちゃんのための集中治療室です。室内には、十分な体温を保つための保育器や、呼吸を助ける人工呼吸器、体の状態を細かく観察するモニター類などのさまざまな医療機器を備え、専任の医師や看護師が24時間態勢で赤ちゃんを守っています。

※赤ちゃんは温度や光に敏感なので、保温性に優れる二重窓を採用し、ブラインドで自然光を調節しています。天井の照明も部分的にオン・オフの切り替えが可能で、赤ちゃんが穏やかに過ごせる環境をつくっています。

救命救急センター

救命救急センターイメージ写真

24時間・365日体制で重症患者診療の対応をするための設備が拡充されており、1階に外来部門と4階に集中治療室(EICU)と救命救急病棟を配置しています。周産期救急患者も当センターで受け入れ、周産期センターと協働して診療に当たり、超急性期の重症病態管理は当センター内で対応しております。

ページトップへ