医療技術部 栄養課

特徴・特色

栄養課の業務はクリニカルサービス(臨床栄養管理)とフードサービス(給食経営管理)に分けられます。
クリニカルサービスは主として個々の栄養状態を評価・管理し、栄養指導を行い、栄養を総合的にサポートする業務です。近年、医療技術の進歩により、患者ケアに携わる全ての者に、より高度な専門性と連携が求められるようになってきました。中でも、医療チームの連携のもとで患者の栄養状態を改善し、疾病治療に貢献することが重要とされており、管理栄養士にはその中心的な活動を展開していくことが期待されています。そのため、根拠に基づいた経腸栄養や静脈栄養の最新知識に関する研修を受け、経腸栄養管理や静脈栄養管理を含めた栄養管理の実践力を身に付けることに努めています。また、多職種共同による栄養サポートチーム(NST)を結成し活動をしています。
フードサービスは主として食事提供及び管理に関する業務です。食事提供については業務委託していますが、調理管理、衛生管理等は病院管理栄養士の業務として日々、点検や指導を行っています。
クリニカルサービスとフードサービスは車の両輪にたとえられることが多く、どちらか一方が欠けても支障をきたす関係にあります。それらは、栄養状態の維持・改善を図るとともに、その治癒あるいは病状の回復を促進することを目的としています。

栄養課の取り組み

食事は、医療の一環として提供されるべきものであり、それぞれの患者の病状に応じて必要とする栄養量が供給され、食事の質の向上と患者サービスの改善をめざして行われるべきものです。病棟関連部門と食事療養部門で連絡を十分にとり、食事提供ができるように努めています。

主な業務

クリニカルサービス

栄養管理計画

入院している患者さんで、栄養状態に問題があり、特別な栄養管理の必要性が「あり」となった方を中心に、管理栄養士が主体となって、適切な栄養補給ができるように、栄養管理計画を作成しています。食欲不振等の場合においては、医師の指示にもとづき、管理栄養士が食事対応を行っています。

チーム医療

栄養サポートチーム

日本静脈経腸栄養学会「NST稼動認定施設」として活動をしています。入院中に主治医から指示のあった方に対して、栄養状態を改善することを目的として医師、看護師、薬剤師、管理栄養士等がチームとなって回診を行い、適正な栄養管理を提案しています。

褥瘡対策チーム

管理栄養士は、栄養評価を行い、褥瘡リスクのある患者の発見に努めています。医師、看護師、薬剤師と共に回診を行い、褥瘡管理に関わる食事内容や栄養補助食品の提案、経腸栄養法の計画を立案しています。

緩和ケアチーム

管理栄養士がチームに参加し、個別に患者さんの症状や希望に応じた食事対応を行っています。

各病棟カンファレンスへの参加

管理栄養士は、各病棟のカンファレンスへ参加しています。患者さんの状態に合わせた食事内容の提案や栄養補助食品の紹介・説明、経腸栄養法などの栄養管理の提案をしています。

透析室での栄養指導

管理栄養士は、医師、看護師と連携し透析療法を受ける患者さんに対して食生活のアドバイスを行っています。また、水分や食塩管理等について医師の指示に基づき栄養指導も行っています。

栄養教育(指導・相談)

個人栄養食事指導

管理栄養士が、医師からの指示があった入院・外来の患者さんに対して、個人栄養食事指導を行っています。普段の食生活を聞き取り、現状の問題点を把握して、食事療法をできることから実践していただけるように指導をしています。平成29年度の栄養指導実績は、入院1,390件、外来2,807件でした。

外来の患者さん

栄養食事指導を受けるには

1.主治医による指示が必要となります。外来担当の主治医へご相談下さい。
2.医師と日時をご相談の上、予約をして下さい。
3.外来の担当者より食生活状況調査表(アンケート用紙)を受け取り、必要事項を記入して当日にお持ち下さい。
*食生活状況調査表(アンケート用紙)は、初回栄養指導のみの記入となります。

入院の患者さん

栄養食事指導を受けるには

1.主治医による指示が必要となります。入院担当の主治医へご相談下さい。
2.医師と日時をご相談の上、予約をして下さい。
3.病棟看護師より食生活状況調査表(アンケート用紙)を受け取り、必要事項を記入して当日にお持ち下さい。

詳細
日時 月曜日~金曜日: 9時~12時、13時~16時(予約制)
場所 2階 患者サービス推進課
対象 本人および家族

*個人栄養食事指導は、完全予約制で行っています。
*予約変更については、前もってご連絡下さい。
問い合わせ先 医療技術部 栄養課 電話:03-3400-1311(代表) 内線:2176
*尚、電話による食事に関する指導・相談は、原則として受け付けておりません。

集団栄養食事指導

管理栄養士が、血糖調整入院をされた方を対象に集団栄養食事指導を行っています。初めて食事療法の話を聞く方でも、わかりやすいように基本的なことからお伝えしていきます。

詳細
日時 月曜日9時~10時
*月曜日が祝日の場合は、火曜日9時~10時
場所 9階B病棟
指導時間 40分
対象 本人および家族
栄養教室

糖尿病・腎臓病・消化器疾患の方を対象とした各教室では、栄養に関わるテーマの際、管理栄養士が食事療法についてアドバイスを行っています。

栄養教室に参加するには

開催日時等の詳細は院内掲示版のポスターをご覧ください。
申し込みが必要な場合がありますので、詳しくは担当医にご相談ください。

栄養教室イメージ

詳細
日時 年数回
場所 3階 講堂
対象 本人および家族
栄養相談

管理栄養士が、小児保健部や健康管理センターにて栄養相談を行っております。小児保健部では離乳食の進め方や栄養に関する相談、健康管理センターでは、生活習慣病予防の為の食生活アドバイスを行っています。

栄養相談(小児保健部)を受けるには

1.小児保健部、小児科外来にてご予約下さい。

詳細
日時 月曜日~金曜日9時~12時(栄養相談のみの方は月曜日~金曜日9時~10時)
場所 3階 小児保健部
指導時間 10分程度
対象 本人および家族
栄養相談(健康管理センター)を受けるには

1.健康管理センターにて、人間ドックの受付を行ってください。
2.当日、看護師が栄養相談室までご案内します。

詳細
日時 月曜日~金曜日:午後
場所 3階 健康管理センター
指導時間 10分程度
対象 本人および家族
1泊健診:すべての方
1日健診:医師が必要と認めた方
栄養相談(健康管理センター)イメージ01
学生の教育

当センターでは管理栄養士養成課程の実習生を受け入れており、臨床で活躍できる管理栄養士の養成に貢献しています。

専門・認定管理栄養士

栄養課では、公益社団法人日本栄養士会のTNT-D認定管理栄養士5名、特定保健指導担当管理栄養士3名、日本静脈経腸栄養学会認定の栄養サポートチーム専門療法士1名、日本糖尿病療養指導士認定機構糖尿病療養指導士4名、がん病態栄養専門管理栄養士1名、病態栄養認定管理栄養士2名、腎臓病療養指導士1名(2018年8月現在)が専門・認定管理栄養士として働いています。

研究発表、学会への参加など

栄養や食事に関する専門職として、栄養食事療法や臨床栄養管理などについて、成果を発表しています。また、学会や研修会に参加し、日々最新の情報を取り入れ、日常業務に活かしています。

参加関連学会

日本静脈経腸栄養学会、日本栄養改善学会、日本臨床栄養学会、日本病態栄養学会に参加しています。

フードサービス

食種

一般食と特別治療食に分類されます。入院患者さんの栄養補給量は、医師の指示により、性別、年齢、体位、身体活動レベル、疾病等によって個々に適正量が算定されています。

一般食 特別治療食
常食
軟食(全粥食、五分粥食、三分粥食)
流動食
嚥下評価食
嚥下調整食
ミキサー食
小児食
離乳食
産科食
エネルギーコントロール食
たんぱく質コントロール食
脂質コントロール食
炭水化物コントロール食
透析食
妊娠高血圧症候群食
貧血食
腸炎食
潰瘍食
無菌食
胃切除後食
消化器術後食

適温の食事提供

冷温配膳車による配膳を行っております。調理後、適温を保ったまま配膳し、病棟に運びます。患者さんの所まで、温かい食事は温かく、冷たい食事は冷たく提供するよう努力しています。

献立名の提供

毎食、患者さんのお名前と食種、献立名のカードを提供しています。退院後の食事の参考にしていただけますので、ご自由にお持ち帰りください。

配膳時刻

朝食・・・ 8時
昼食・・・12時
夕食・・・18時
*病棟により15分前後異なります。

選択メニュー

患者さんへのサービスの一環として、常食や産科食、無菌食、妊娠高血圧症候群食で選択メニューを実施しています。毎日、昼食・夕食の主菜を2種類からお選びいただけます。是非、ご利用ください。なお、食物アレルギーを有する方や食事内容の変更などにより、選択いただいたお食事を提供できない場合がありますのでご了承ください。

食事嗜好調査

お食事を召し上がっている方を対象に定期的に食事調査を行い、今後の食事提供の質を向上させることに努めています。

特別メニュー

患者サービスの一環として、食事制限のない患者さんを対象に、通常の食事よりも高価な食材を使用した特別メニューの提供を行っています。

メニュー例

ページトップへ