患者さんへのお知らせ

2016年11月15日

当センター事務職員 吉永瑞希さんが第16回全国障害者スポーツ大会
バスケットボールで優勝しました

吉永瑞希職員 平成28年10月22日から10月24日に岩手で開催された、第16回全国障害者スポーツ大会(※)のバスケットボールに当センター事務職員 吉永瑞希さんが東京都選手団の一員として参加し、見事全国優勝を果たしました。

 吉永さんは、これまで本大会に高校2年生、高校3年生時にも参加しており、当センターに平成28年4月に就職し、今回は社会人として初めての参加となりました。毎週末、東京都選手団のメンバーと練習を重ね、年3回の国内遠征などを経て、関東予選で勝ち抜くことができ、本大会へと駒を進めました。

 社会人になり、仕事とバスケットボールの両立は予想以上に大変のようですが、仲間と協力して優勝という結果を残せて、最高の笑顔となりました。

※本大会は、国民体育大会終了後に同地で開催されています。障害のある選手が、障害者スポーツの全国的な祭典に参加し、競技等を通じ、スポーツの楽しさを体験するとともに、国民の障害に対する理解を深め、障害のある方の社会参加の推進に寄与することを目的として開催されています。 
 第16回全国障害者スポーツ大会東京都が優勝(吉永瑞希職員:後列左から5人目) 

ページトップへ