整形外科センター|センター|日本赤十字社医療センター(渋谷区)

整形外科センターは、整形外科各分野の専門性を高めると同時に各分野の連携を密にし、多発外傷や骨関節や脊椎の複合病変、癌の多発性骨転移に対する治療をより効率的におこなうために、2014年に発足しました。現在は骨・関節整形外科スタッフと脊椎整形外科のスタッフ全員により運営されており、週3回の合同回診、合同カンファレンス、さらに週1回のリハビリテーション科、看護師を含めたカンファレンス、抄読会をおこなっています。これとは別に骨・関節整形外科、脊椎整形外科とも個別のカンファレンスがおこなわれており、専門性の向上とより緊密なチーム医療を目指しています。

治療対象は骨関節疾患、脊椎疾患、運動器外傷の3分野が中心です。当センターは東京都指定3次救急指定病院となっており、365日24時間整形外科医が救急外傷を含む、整形外科疾患に対応できる体制となっています。

ページトップへ